1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイクキャンプ
  4. ※受付を終了しました※サカイクキャンプ2014 Winter エントリー受付中!

サカイクキャンプ

※受付を終了しました※サカイクキャンプ2014 Winter エントリー受付中!

2014年10月30日

キーワード:キャンプ

【12/25追記】
千葉会場:12月26日10時で受付を終了します。ご希望の方はご注意ください!
大阪会場:受付を終了しました。
 
※重要※【12/10追記】ゴールキーパーコース中止のお知らせ
大阪会場で実施予定だったゴールキーパーコースですが、予定人数に達しなかったため中止の判断をさせて頂きました。誠に申し訳ございません。
 
※重要※【11/14追記】千葉キャンプの日程を変更いたしました
変更前:2014年12月23日(火)~25日(木)
変更後:2015年1月4日(日)~1月6日(火)
 

2014年最後のサカイクキャンプは千葉(2015年1月4日~1月6日)と大阪(2014年12月29日~31日)にて開催します!今回のキャンプテーマは「球蹴りからサッカーへ!」サカイクキャンプで蹴り納めしませんか?以前ご参加頂いた選手はもちろん、初めて参加の選手も大歓迎!皆様のお申し込みお待ちしております!!
 
2014年夏キャンプの様子>>
 
サカイクキャンプの様子
 
「うちの子は何も考えてないのよ」
「しっかり考えてプレーしているのかしら?」
 
という声をよく聞くことがあります。ですが、子供たちが何も考えていないわけではありません。自分で考えてサッカーを楽しむには、そういった環境やトレーニングが必要です。
 
また、こんな不安の声もよく聞きます。
 
「うちの子は言われたことしかできない」
「人の顔色ばかり見ている」
「指示待ち人間になってしまわないか心配だ」
「チャレンジをしない子になってしまわないか」
「今後の人生を自分の力で切り開いていけるだろうか?」
 
サカイクキャンプはこの悩みを解決します!!
 
Screenshot_1.png
 
私達は、サカイクキャンプでのピッチ上(サッカーのトレーニング)とオフザピッチの活動が、子供達の自立、自律のきっかけになって欲しいという思いを持って子供達と接しています。
 
例えば、4年生春のキャンプ(進級前3月)に参加する時には荷物の準備、送り迎え、荷物の後片付けなど、殆どの事が保護者任せだったものが、参加回数を重ねる事により6年生のキャンプでは、出発前に自分のバッグへ用具を入れて帰宅後は洗濯物を自ら洗濯カゴへ出して、家族の会話の中でキャンプを振り返るそのような微笑ましい光景を想像しています。
 
サッカーでは、この年代で身に付けておかなければいけない攻守に基本的な個人戦術を徹底します。学校の勉強で例えるならば、足し算、引き算、掛け算(九九)のように将来の大きな成長の為には絶対に必要な基礎、土台の部分になります。サカイクキャンプを通じ”ボールを持っていない時に何を考えて、どのように行動するのか”という事を”ボールを持っている時”と同じくらい大事にしてただの”球蹴り”、”球遊び”ではなく”サッカー”を”プレー”出来るようになって欲しいと考えています。
 
子供達が凛々しく成長していく姿、目標に向かって、自らの足で一歩ずつ、全力で前進しようとする姿勢を、サカイクキャンプの活動を通じて築あげていける事が私達の最高の喜びです。
 
サカイクキャンプヘッドコーチ 髙峯 弘樹
 
Screenshot_5.png
 
夏の大阪会場・箱根会場2回目のキャンプで行われた、サカイク連載でも人気の藤代圭一さんによる「しつもんメンタルトレーニング」のセミナーを実施!
 
「しつもんメンタルトレーニング」とはひとりでも多くの子どもたち選手がピッチの中でも外でも自分らしく躍動できる世の中を作くるをビジョンに、
しつもんを通じて、こどもたち選手の力を引き出すセミナーです。しつもんには、
 
1.魅力を引き出す力があります。
2.やる気を引き出す力があります。
3.能力を引き出す力があります。
4.コミュニケーションをうまくとる秘訣でもあります。
 
以上の効果があります。セミナーを通して子どもたちは、今まで以上に自分を見つめ自分の夢に前向きに取り組むきっかけを掴むでしょう。
 
しつもんメンタルトレーニング
 
しつもんメンタルトレーニング
 
しつもんメンタルトレーニング
 
Screenshot_3.png
 

■その1:“成功体験”を通し「自分で考える力」を身に付ける

単なる反復練習ではなく、サッカー専用ピッチで状況把握・判断が必要な練習メニューを中心に構成します。考えることによる“成功体験”を通して「自分で考える力」を身に付けます。また、チームで成功ポイントを競わせるなど楽しみながら取り組める環境を設定します。
 
サカイクキャンプの様子
 

■その2:「なぜ?」を考え、サッカーの攻撃と守備を理解する

試合において正しく状況を認識し、判断、プレーするためには、どの技術がどの場面で有効なのか? サッカーを理解しておくことが重要となります。少しずつ組織的なプレーも理解できるようになるU-12の年代において、選手がサッカーのピッチ上で何が起こっているか?を理解するために、攻守における個人およびグループ戦術の基礎を学んでおくことは非常に重要なことです。中学年代のカテゴリーへ進む準備としてもよいでしょう。
 
<<自分で考えるとは>>
◆まずは疑問に思うこと
◆何が良かったから上手くいったのか考える
◆何が悪かったから上手くいかなかったのか考える
◆どのように修正したら上手くいくのか考える
◆(上手くできるようになることで)考える事がくせになる
◆(上手くできるようになることで)考える事が楽しくなる
 

■その3:振り返りノートで自分の考えを整理する

指示されたことだけを忠実にこなしていても、考える力は身につきません。自分のプレーがよかったのか、わるかったのかを選手が自ら考えることによって、考える力を養うことができます。そのためにキャンプでは個人の振り返りノートを運用します。流れやテーマを意識することで、より目的をもってチャレンジすることができます。また、キャンプの全日程が終わった段階で各自に対して担当コーチがコメントをフィードバックします。
 
保護者へも内容をフィードバック!
さらに、保護者のみなさまへは、当日行ったトレーニングメニューと、ご自宅で実践できる“子どもに考えさせる声のかけ方”についてメールでフィードバックいたします。
 
キャンプの様子
 
▼2014年サカイク夏キャンプ参加者の振り返りノート(※今回のトレーニング内容とは異なります)
振り返りノート
 
振り返りノート
 

■その4:子ども15名以内に1人のコーチが帯同!“質問”をベースにしたコーチングで、選手の考えを引き出す

サカイクの運営母体である株式会社イースリーが展開する「シンキングサッカースクール」の指導者がコーチングします。サカイクと同じく「自分で考える力が身につく」をテーマにしたスクールで、JFA公認A級コーチU-12、JFA公認C級コーチらが指導にあたります。コーチは選手の意見を認め、質問をベースとし、ポイントを伝えすぎずヒントを与える指導法で、選手がチャレンジしやすい環境と選手に考えさせるコーチングを実践します。
 
サカイクキャンプの様子
 
Screenshot_1_4.png
 

■選手の声

「スルーパスが出しやすくなった。余裕を持つこともできるようになった。」

「ワン・ツーや、裏を狙う意識がとても高まりました。」

「パスを出した後に、次にどう動くかを意識する様になった。」

「試合終了後やハーフタイム中に、自分から声かけが出来るようになったり、チームを引っ張る為に自分から行動出来るようになった。」

「周りを見る事により、スペースを意識するようになった。そして、何よりもディフェンス時のポジショニングが良くなった。それは自分で相手の行動を予測し、動くことができてきたからだと思います。」

サカイクキャンプ春 食事の様子
 

■保護者の声

「キャンプに参加してから、出来る限り、子供自身が考える時間や機会を与えるようにこころがけています。」

「知らない子供同士での練習というのが良い経験となりました。現在セレクションを受けているのですが、その日に集まったメンバーの中でゲーム等させられますので。もともと人見知りする方ではないのですが、いつもと違うコーチ、いつもと違うメンバーでの3日間は精神的にも大きく影響を受けたと思います。」

「クラブチームの指導員より頻繁にワンプレーごとに声掛けしている事が良かった。特に良い判断のパスを出した時の褒め方が良かった。」

「本人だけでの宿泊というものが初めてだったので心配していましたが、意外にも積極的にコミュニケーションを取っていたようで驚きました。とにかく楽しく、サッカーが好きだということを再確認した3日間だったようです。」

「地元のチームでは取り組まない事を徹底的にやって頂いたので本人にもポジションごとの違いが少なからず理解したように思います。」

 
■過去のサカイクキャンプ
 
サカイクキャンプの様子
 
Screenshot_4.png
 
takamine.jpg
ヘッドコーチ:髙峯 弘樹(たかみね・ひろき)コーチ
【現職】シンキングサッカースクールコーチ
【資格】日本サッカー協会 A級
    ドイツサッカー協会 B級
【指導歴】
順天堂大学卒業後、ドイツ留学を経て、
ベガルタ仙台育成部監督
大阪学院大学高等学校サッカー部監督
(2007年高校選手権 大阪予選準優勝)
(2010年大阪府年間優秀選手2名輩出)
神奈川大学サッカー部監督
 
fujishiro_02.jpg
●セミナー担当:藤代 圭一(ふじしろ・けいいち)コーチ
小学校や中学校、高等学校で「子どものやる気を引き出す」をテーマとした講演を行う傍ら、スポーツスクールや少年団へのセミナーやワークショップを精力的に実施。子どもたち選手が潜在的に持っている力を信頼し、伸ばしてあげたいと考える両親や指導者の方々に好評を得ている。U-15女子サッカーチーム全国大会4位入賞、フットサル全国優勝、U-18インターハイ出場に貢献。
 
【サカイク掲載記事】
★連載★「しつもん」を少し工夫するだけで、子どもはグングン成長する!
あなたは大丈夫? 親は子どもの行動を誤解している
「宿題やったの?」はNG! 子どもが自ら宿題を始めるしつもん術
試合に負けたあと、あなたはどんなしつもんをしてますか?
 
 
Screenshot_1_2.png
 
<<千葉会場(アルビンスポーツパーク)>>※受付終了しました※
 
■日程
2015年1月4日(日)~1月6日(火)
4日現地集合⇒12:30 6日現地解散⇒12:00予定
★東京駅からの貸切バス運行あり
 
■開催・宿泊場所
アルビンスポーツパーク
 
住所:千葉県長生郡長柄町長柄山522
 
【東京都内、千葉市方面から】
高速京葉道(館山道)蘇我インター下車 12km
【横浜、川崎方面から】
アクアラインを渡り、圏央道にて茂原長南IC下車 10km
 
■送迎について
東京駅から貸切バスの運行を予定しています。
ご利用の場合には別途費用(往復4,000円)が掛かります。
往路:1月4日10:00東京駅集合
復路:1月6日14:00東京駅解散
復路ご利用の場合は6日の昼食が付きます。
 
■対象
小学校4~6年生
 
■コース
フィールドコースのみ
 
■参加費
43,000円(税込)
 
【割引制度】
これまでにサカイクキャンプに参加の方、兄弟で参加の方、チームで参加(5名以上)の方は、上記金額より1,000円引きになります
 
【参加費に含まれるもの】
・宿泊代金(2泊)
・食事代金(1日目:夕食 2日目:3食 3日目:朝食)
・スポーツ保険代
・コーチング諸費用(コーチング・グラウンド使用料・備品等)
・セミナー参加費
 
■キャンセル規定
キャンセル料金は
15~2日前:10%
前日:50%
当日及び不泊:100%
 
 
<<大阪会場(J-GREEN堺)>>※受付終了しました※
 
■日程
2014年12月29日(月)~31日(水)
29日現地集合⇒12:30 31日現地解散⇒12:00予定
※現地集合、現地解散
 
■開催・宿泊会場
J-GREEN堺
大阪府堺市堺区築港八幡町145
最寄:地下鉄御四橋線住之江公園駅バス15分 他
 
宿泊は施設内DREAM CAMPとなります。
 
■対象
小学校4~6年生
 
■コース
フィールドコースのみ
 
■参加費
46,000円(税込)
 
【割引制度】
これまでにサカイクキャンプに参加の方、兄弟で参加の方、チームで参加(5名以上)の方は、上記金額より1,000円引きになります
 
【参加費に含まれるもの】
・宿泊代金(2泊)
・食事代金(1日目:夕食 2日目:3食 3日目:朝食)
・スポーツ保険代
・コーチング諸費用(コーチング・グラウンド使用料・備品等)
・セミナー参加費
 
■キャンセル規定
キャンセル料金は
15~2日前:10%
前日:50%
当日及び不泊:100%
 
 
form.jpg
 
 
サカイクキャンプを申し込む!!>>※受付終了しました※
 
<注意事項>
※迷惑メール設定、ドメイン指定をされている方は「info@sakaiku.jp」を受け取れるよう、事前に設定の解除および変更をお願いいたします。
※お申し込み後、1週間経ってもメールが届かない場合、受付が完了していない可能性がございますので、下記事務局までお問い合わせください。
 

 
<主催/企画・運営>
株式会社イースリー サカイクキャンプ事務局
〒102-0076東京都千代田区五番町2-13 五番町林五ビル4階
TEL:03-5210-1221
FAX:03-5210-1222
MAIL:info@sakaiku.jp
【営業日・営業時間】 土・日・祝祭日を除く平日10:00~18:00
1

関連記事

関連記事一覧へ

サカイクキャンプコンテンツ一覧へ(36件)

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイクキャンプ
  4. ※受付を終了しました※サカイクキャンプ2014 Winter エントリー受付中!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  4. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  5. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  6. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  7. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ