1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第7回】子どものやる気を引き出すために --「"オープンクエスチョン"と"クローズドクエスチョン"」

こころ

【第7回】子どものやる気を引き出すために --「"オープンクエスチョン"と"クローズドクエスチョン"」

2010年12月23日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■"オープンクエスチョン"と"クローズドクエスチョン"

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」という考え方。この普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。第七回目のこのコーナーでは、PM級認定トレーナーの本田恵三さんに「質問の仕方 Part2」についてお話を聞いていきます。

今回は質問のテクニックの2つめ、"オープンクエスチョン"と"クローズドクエスチョン"という、2種類の質問について、話をしたいと思います。

オープンクエスチョンとは、文字通り開いた質問。クローズドクエスチョンは、閉じた質問のことを言います。たとえば、どこか落ち着きがなく、サッカーのプレーに集中できていないように見える子がいたとします。

そこでよく見聞きするのが"あなたはサッカーがやりたいの? やりたくないの?"という質問です。これは答えが"やりたい"か"やりたくない"のYes or Noに限定されていることから、閉じた質問、クローズドクエスチョンと呼びます。

"やりたいの? やりたくないの?"と聞くと、大半の子どもは"やりたいと言わないと怒られるだろうな"という考えが働き、"やりたい"と答えます。このように、クローズドクエスチョンはコントロールが生じやすいと言えます。

では、オープンクエスチョンとはどのようなものでしょうか? それは答えが無数にある質問です。たとえば、"いま、サッカーをしたい気持ちは何%ぐらい?""やる気満々の時を10としたら今いくつ?""あなたにとってサッカーってなに"

私はよく、試合のあとにオープンクエスチョンを投げかけます。選手を集めて眼を閉じてもらい、"今日の試合でどのくらい力を出せた?"と質問をします。そうすることで、選手それぞれが自分の心の深いところまで本当の答えを探しにいこうとします。

クローズドクエスチョンでは、表面的な答えがかえってくることが多いでしょう。このように、質問の仕方ひとつで子どもの反応も変われば、やる気も変わります。ぜひ、オープンクエスチョンを使ってみてください。

ko-tinn.jpg本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(173件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第7回】子どものやる気を引き出すために --「"オープンクエスチョン"と"クローズドクエスチョン"」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ