1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第8回】子どものやる気を引き出すために --「チャンクをほどく」

こころ

【第8回】子どものやる気を引き出すために --「チャンクをほどく」

2010年12月30日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■「具体的な行動」が起きやすくなる質問

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」という考え方。この普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。第八回目のこのコーナーでは、PM級認定トレーナーの本田恵三さんに「チャンクをほどく」についてお話を聞いていきます。

コーチがオープンクエスチョンをすることによって、相手の具体的な行動が起きやすくなることがあります。これを"チャンクをほどく"と言います。チャンクとは大きな"かたまり"のことです。

たとえば、サッカーの現場で監督が選手に"がんばっている?"と聞くことがあります。そうすると、選手は大体"がんばっています"と答えます。そこで"次の試合、どうしたい?"と聞くと、"がんばりたいです"と返事をします。"がんばる"ことは人によって、なにをするかが違いますよね。人によっては絶えず走りまわることであったり、あるいはシュートを打つことかもしれません。

このように"がんばる"という言葉は抽象的で、ぼんやりとした大きなかたまりのようなものだと言えます。こうしたかたまりは、正体は分からないけれど負担感があり、そのまま抱えていても具体的な行動は起きにくいものです。

そこで、コーチはこんな質問を投げかけます。"キミにとって、がんばるとは何をすること?"。すると、その選手は"リフティングをすること"と答えるかもしれません。そこで"そうか。リフティングはいつするの?" "朝やります" "何回ぐらい?" "100回です"。

このように、第7回で出てきたオープンクエスチョンによってチャンクがをほどけると、負担感が減り、具体的な行動が起きやすくなります。質問が上手な人は、自然とこのような質問をしていますね。

サッカーをがんばりたいと思っているのに、行動が起きない子どもたちは、チャンクがほどけていないだけなのかもしれません。コーチの質問でチャンクがほどけると、やり方を教えなくても、"なにをすればいいのか"、"どれが優先事項か"、といった方法や答えは子どもたちの中にあるんですね。

チャンクをほどく質問のポイントになるのが"なに" "いつ" "どこで" "だれ""どのぐらい" "どうやって"といった、4W1H(What,When,Where,Who,How)です。チャンクをほどく質問の仕方は、様々な場面で応用することができます。ぜひとも使ってみてください。

ko-tinn.jpg本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(162件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第8回】子どものやる気を引き出すために --「チャンクをほどく」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  3. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  4. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  7. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. モンスターペアレンツから、子どもに寄り添う「エンジェルペアレンツ」になろう
    2017年1月23日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ