1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「あんたの人生なんやから、好きなことをやりなさい」元日本代表DF中西永輔の背中を押した母の一言

インタビュー

「あんたの人生なんやから、好きなことをやりなさい」元日本代表DF中西永輔の背中を押した母の一言

2016年7月26日

キーワード:お母さんお父さん中西永輔四日市中央工子育て少年時代

ふたりのサッカー少年の父として、子育てに取り組む中西永輔さん。現役時代はジェフユナイテッド市原(当時)や横浜F・マリノスでプレーし、フランスワールドカップに出場するなど第一線で長く活躍しました。彼がプロを目指し始めたのは、小学4年生のとき。高校時代は幼なじみの小倉隆史さん(現名古屋グランパス監督)、中田一三さん(FC.ISE-SHIMA監督)とともに「四中工(四日市中央工業)三羽烏」と呼ばれ、鳴り物入りでジェフに加入しました。Jリーグができる前からプロになりたいと思い、夢を現実のものとした中西さんですが、ご両親は子どもの夢をかなえるためにどのようなサポートをしてくれたのでしょうか?(取材・文・写真 鈴木智之)
 
IMG_2960_s.jpg
 
<<前回記事:「できたやん。うまくなってるやん」と褒めると積極的にプレーし始める!元日本代表DF中西永輔のサッカー少年の育て方
 

■プロ入り前、母親が背中を押してくれた

――中西さんの少年時代はJリーグができる前で、日本リーグの時代でしたよね。プロのサッカー選手になりたいと思ったのは、いつ頃だったのですか?
 
両親に「プロになりたい」と言ったのは、小学4年生の時でした。1982年のワールドカップ・スペイン大会を見るために、親に夜中に起こしてもらったのをいまでも覚えています。多くのサッカー少年と同じように、ぼくもテレビでワールドカップを見て「あの舞台に立ちたい」と思いました。華やかな世界に憧れたんですよね。ただ、当時は日本にプロリーグがなかったので、プロになるには海外に行くしかなかったですし、中学校に上がるに連れて現実が見えてきて「プロは無理だな」と思うこともありました。
 
――とはいえ、四日市中央工業時代の活躍がプロの目に止まり、高卒でジェフユナイテッド市原(当時)に加入しました。
 
ぼくが高校生のころにJリーグができて、日本でプロのサッカー選手になることが現実味を帯びてきたんです。もちろん、最初はまさか自分のところにプロからオファーが来るとは思いませんでしたが、高校3年生のときに数クラブから声をかけていただきました。母親と一緒に強化担当の方の話を聞いたのですが「ジェフが一番、あんたのことを思ってくれているんとちゃうか」と言われ、最終的には「あんたの人生なんやから、好きなことをやりなさい」と背中を押してくれました。
 

■負けず嫌いは母親ゆずり

――お母さんのサポートが大きかったのですね。
 
うちの母親は強烈な人でしたからね(笑)。とにかく負けず嫌いで、何でも「1位にならなアカン」と言われていたので、運動会やマラソン大会がぼくにとって大きなプレッシャーで、毎回「負けたらどうしよう」と思っていました。小学4年生のときにマラソン大会で3位になってしまったことがあったのですが、母親に「なんで負けてんのよ!」とカミナリを落とされて、しばらくトラウマになりました(笑)。いまでこそ笑って話すことができますが、当時は本当に嫌で怖かったですね。
 
――中西さんといえば、1対1の局面での粘り強さが印象的ですが、勝負にこだわる気持ちは、小学生時代に培われたものだったんですね。
 
そうかもしれません。言い方はわるいですが、母親には「やられたらやり返せ」と言われていました。だからこそ、ピッチの中では絶対に負けたくない。ボールを持てば相手を抜いてシュートまでもっていく。守備では「絶対にボールを奪ってやる」という気持ちでプレーしていました。日常生活は普通ですが「ピッチに入ると人が変わったようになる」と言われたこともありましたから。
 

■「負けて泣くくらいならもっと一生懸命やんな!」

――中西さんが小学生のころ、お母さんが試合を見に来ることはあったんですか?
 
母親は周りから「応援団長」と呼ばれるぐらい、試合を見にきては声を出していました(苦笑)。ぼくが所属していた少年団は、それほど強いチームではなかったんです。ところが、ある大会で決勝戦まで行くことができて、ぼくが先制点を決めて1対0でリードしたんです。それまではよかったのですが、相手チームにいた小倉隆史に活躍されて、結局、1対5で逆転負けしました。小学生なので、負けて悔しいから泣きました。そうしたら、母親がツカツカと歩み寄ってきて、チームメイトやコーチがいる前でぼくをパチンと平手打ちするんです。「あんたなぁ、負けて泣くくらいなら、もっと一生懸命やんな!」とすごい剣幕で。ぼくとしては「いや、オカン。一生懸命やったのに負けたから、悔しくて泣いてるんや」と思いましたけど、口には出せず(笑)
 
――強烈なエピソードですね。
 
これもいまでは笑い話ですが、母親が応援団長と周りに呼ばれていたのは、ぼくだけじゃなくチーム全員を応援していたからだと思うんです。「走れー!」「負けるなー!」という叱咤激励を、ぼくだけでなくチームのみんなにしていた。それが刺激になっていました。
 
次ページ:スパイクを買ってきてくれたお父さん
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文・写真 鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(138件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「あんたの人生なんやから、好きなことをやりなさい」元日本代表DF中西永輔の背中を押した母の一言

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  2. チームでいじめ発見どうしよう問題
    2017年5月17日
  3. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  4. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 足首の角度で蹴り分ける「インステップキック」
    2017年5月15日
  7. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  8. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
    2017年5月 2日

一覧へ