1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『選手の夢を叶えられる審判に』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

インタビュー

『選手の夢を叶えられる審判に』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

2011年5月14日

キーワード:審判

DSC_5123.JPG

今回は、プロフェッショナルレフェリーとして日本のみならず世界で活躍する西村雄一さんが登場します。「審判は選手のためにある」「プロでもジュニアでも、(笛を吹くことは)何も変わらない」――。ピッチ上での真摯な姿勢と同様に、インタビュー中も、一言ひとことに心を込めてお話をしてくれました。

■「"誠心誠意"。選手の夢をかなえられる審判になりたい」

小学生のころは勉強の好き嫌いはなく、成績も真ん中よりは優等生。クラス委員としても活動する積極的な子どもだったとのこと。放課後はもちろんサッカー。毎日夕方5時くらいまでは、近所の公園でお友だちとボールを追いかけて過ごしました。サッカー少年だった西村さんが審判を目指したきっかけは・・・

「学生時代クラブチームに所属をしていて、選手と指導者という2つの肩書きを持っていました。指導者として少年チームを教えていた時、ある試合で審判の誤った判定から、チームが負けてしまったんです。日ごろからがんばってきた選手たちのどこにもぶつけようのない表情を見た時に、"審判は選手のためにいる存在なのに・・・"と感じたんです。

それをキッカケに、選手の夢をかなえられる審判になりたいと強く思うようになりました。審判の4級資格を取ったのは18歳の時。日本サッカー協会(JFA)の指導方針の下、一歩一歩、9年かけて1級の資格を取りました。2級から1級にかけては仕事をしながら審判をしていて、体調管理が大変でした。仕事をしっかりとこなし、週末、サッカーに全力をかたむけられるように日々を過ごしました。

選手に迷惑をかけることのないよう、昔も今も"誠心誠意"という言葉を大切に、どの試合でも選手のために最善を尽くすことを一番に考えています」

■「ワールドカップを通じて選手たちだけでなく、審判や判定などを含めてサッカーを楽しんでもらえたということを実感しました」

11.5.14-1.jpg

2010年はサッカー選手の憧れの舞台、FIFAワールドカップ南アフリカ大会でも笛を吹かれました。西村さんの活躍を通じて、サッカーにおいて選手だけではなく審判に注目して試合を見る人も増えてきています。

「審判がいないとサッカーは成り立たちません。今回のワールドカップで、審判に対する認識が少しでもいい方向へ向かうきっかけになっているなら、うれしいですね。今回ワールドカップの舞台に立てたのは私たちトリオですが、それを作り上げたのは我々ではなくて、日本サッカー界全体で作り上げたもの。(大会では)私たちのひとつのミスで日本のみんなが非難されることになりかねないと、考えていました。

でも、今まで積み上げてきたことを信じて臨んだので、ピッチ上で緊張はしなかったです。今回のワールドカップでは、審判を選出する選考期間は3年間が費やされました。選考期間に積み上げてきた通りにやればいいと考えていましたし、その通りできました。(もし、)いつも以上のことをやろうとしていたら、うまくパフォーマンスができなかったかもしれません。『今までのパフォーマンスを評価されて選ばれているのだから、今まで通りにやればいいんだ。』そう考えることができていたのが良かったですね。

ワールドカップを通じて選手たちのプレーだけでなく、審判や判定など、そういった部分を含めてサッカーを楽しんでもらえたということを帰国してから実感しました。厳しい判定を下す場面もありましたが、私たちが異なる判定をしていたら、みなさんが残念に思い、納得していただけずに、今のように審判が受け入れられていなかったかもしれません。サッカーを維持していくためにも、私たちはがんばり続けなければいけない立場にいるんだなと思っています」

取材協力/日本サッカー協会審判部

この記事の続きを読む>>

 

【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
プロフェッショナルレフェリー相樂亨さん
『プレイヤーと変わらないくらい"審判"も楽しい!』
『日本代表を育てる気持ちで取り組んでほしい』
 
「レフェリング」
 
 
1
取材・文/kilohana 前田陽子、写真/木鋪虎雄

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『選手の夢を叶えられる審判に』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ