1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『プロでも4級でもピッチで判断すべきことは同じ』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

インタビュー

『プロでも4級でもピッチで判断すべきことは同じ』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

2011年5月15日

キーワード:審判

「審判は選手のためにある」「プロでもジュニアでも、(笛を吹くことは)何も変わらない」――。ピッチ上での真摯な姿勢と同様に、インタビュー中も、一言ひとことに心を込めてお話をしてくれましたプロフェッショナルレフェリー西村雄一さん。ジュニア世代を見守るみなさんへのメッセージを込めてくれた後編をお届けします。

<<この記事を最初から読む

■「"選手がそれぞれの夢に近づいてくれる"。それは、審判をしていて一番面白いこと」

nishimura.jpgのサムネイル画像

Jリーグや日本代表の試合をはじめ、国際レフェリーとして日本国内のみならず海外の試合でも活躍の西村雄一さん。タイムアップした時に選手がその試合を充実できたようだ、と感じられた時に審判をしていて良かったなと思うのだそう。そして、気になるジュニア世代のレフェリングについても、お話を伺ってみました。

「少年の試合もJリーグの試合も、何も変わることはありません。一試合、一試合、どれだけ選手のために仕事ができるか、ということが大切です。僕自身が審判として評価されたいという思いはないんです。選手がそれぞれの夢に近づいてくれる、それがすごく僕にとってのモチベーションになるし、審判をしていて一番面白いことです。僕が関わった試合で選手が活躍して、日本代表に選ばれたり、海外のクラブに行く選手が生まれたり。

例えば、FIFAクラブワールドカップUAE2010で決勝戦を担当しましたが、まさかインテル(イタリア)の審判ができる機会に恵まれるとは思ってなかったですし、今、そのインテルで長友佑都選手がプレーをするとは予想できませんでした。インテルにはFIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場していた選手も多くピッチで「元気だった?」と声をかけられたことも、とてもうれしいことでした。

1  2  3  4
取材・文/kilohana 前田陽子、写真/木鋪虎雄

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『プロでも4級でもピッチで判断すべきことは同じ』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 自主練にも役立つ! 知っておきたいU-12世代のフィジカルトレーニング
     
  2. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  3. 自分は楽しくプレーさせたいのに同じチームのコーチが厳しい! 指導法が違うギャップをどう埋めればよいのか
    2017年7月21日
  4. このままだと終わる! とコーチに言われ息子落ち込む問題
    2017年7月26日
  5. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  6. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  7. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  8. 管理栄養士に聞く、試合に向けた「ごはん」の食べ方と栄養価アップ術
    2017年7月27日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. ミズノのジュニア向けスパイクをプレゼント!洗濯に関するアンケート
    2017年7月24日

一覧へ