1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『プロでも4級でもピッチで判断すべきことは同じ』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

インタビュー

『プロでも4級でもピッチで判断すべきことは同じ』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

2011年5月15日

キーワード:審判

「審判は選手のためにある」「プロでもジュニアでも、(笛を吹くことは)何も変わらない」――。ピッチ上での真摯な姿勢と同様に、インタビュー中も、一言ひとことに心を込めてお話をしてくれましたプロフェッショナルレフェリー西村雄一さん。ジュニア世代を見守るみなさんへのメッセージを込めてくれた後編をお届けします。

<<この記事を最初から読む

■「"選手がそれぞれの夢に近づいてくれる"。それは、審判をしていて一番面白いこと」

nishimura.jpgのサムネイル画像

Jリーグや日本代表の試合をはじめ、国際レフェリーとして日本国内のみならず海外の試合でも活躍の西村雄一さん。タイムアップした時に選手がその試合を充実できたようだ、と感じられた時に審判をしていて良かったなと思うのだそう。そして、気になるジュニア世代のレフェリングについても、お話を伺ってみました。

「少年の試合もJリーグの試合も、何も変わることはありません。一試合、一試合、どれだけ選手のために仕事ができるか、ということが大切です。僕自身が審判として評価されたいという思いはないんです。選手がそれぞれの夢に近づいてくれる、それがすごく僕にとってのモチベーションになるし、審判をしていて一番面白いことです。僕が関わった試合で選手が活躍して、日本代表に選ばれたり、海外のクラブに行く選手が生まれたり。

例えば、FIFAクラブワールドカップUAE2010で決勝戦を担当しましたが、まさかインテル(イタリア)の審判ができる機会に恵まれるとは思ってなかったですし、今、そのインテルで長友佑都選手がプレーをするとは予想できませんでした。インテルにはFIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場していた選手も多くピッチで「元気だった?」と声をかけられたことも、とてもうれしいことでした。

1  2  3  4
取材・文/kilohana 前田陽子、写真/木鋪虎雄

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(143件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『プロでも4級でもピッチで判断すべきことは同じ』プロフェッショナルレフェリー西村雄一さん

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  2. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  6. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  7. 子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
    2017年9月15日
  8. 誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
    2017年9月13日
  9. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  10. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日

一覧へ