1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. PR-子どものころの食習慣が世界で戦える体を作る① 横浜F・マリノス中村俊輔選手

健康と食育

PR-子どものころの食習慣が世界で戦える体を作る① 横浜F・マリノス中村俊輔選手

2012年12月18日

キーワード:全日本少年サッカー大会栄養食習慣

中村俊輔選手

横浜Fマリノスのゲームキャプテンを務める中村俊輔選手。ジュニアユース時代には、栄養面でも教育を受けて、バランスよく食べることを心がけていたそうです。プロサッカー選手となり、海外チームへ移籍したときも、栄養バランスには細心の注意を払っていた中村選手。そんな中村選手がホームでの試合前に、クラブハウスで食べるVのチカラメシとは!?
 
PROFILE 中村俊輔(なかむら・しゅんすけ)//
横浜Fマリノス所属。ポジションはMF。元日本代表。2000年にJリーグMVPを日本人最年少で受賞。イタリアのレッジーナ、スコットランドのセルティック、スペインのエスパニョールと海外のチームでも活躍。三男一女のパパでもあり、2012年にはベストファーザー賞に選ばれている。
 
 

■和食ばかりを食べていた子ども時代。わが子に引き継ぐ食習慣

母が和食好きなので、そればかり食べていました。おかずも肉も魚もバランスよく出ていましたし、飲み物も牛乳やオレンジジュース中心で、今思えばアスリートのような食生活だったと思います(笑)。そんな子どもの頃の食習慣は今でも続いています。子どもは親が用意したものを自然に食べるので、親の食に対する考え方が、その後の子どもの食生活に与える影響は大きいと思います。僕も自分の子どもに何を食べさせるかいつも意識しています。
 

■プロになるためには苦手なブロッコリーも食べた

現在の横浜Fマリノスのジュニアユースに入ると、栄養面でも教育されました。プロになるためにはバランスよく食べなければいけないとか。だからブロッコリーも苦手でしたけど、意識して今も食べています。引退したらきっと食べないです(笑)。また、当時は身長を伸ばしたくて、牛乳をたくさん飲んだりしていましたね。三食だけでは足りなくておやつを食べる時は、母が用意してくれた煎餅や芋ばかり食べていました。
 
colum1_1.jpgcolum1_2.jpg
第14回神奈川県少年サッカー選手権中央大会(2枚とも左が中村選手)
 
■プロになってから改めて実感したバランスの良い食事の大切さ
海外では、日本食を意識して摂るようにしていました。海外の食事が続くと、太ってしまうし栄養も不足してしまうので。やっぱり日本人の胃腸は海外の人とは違う。栄養士さんに聞けば、日本食は栄養バランスのとりやすい食事とのこと。だから、海外には炊飯器と米、日本でしか手に入らないヒジキとかを段ボール箱で持っていき、現地でも梅干しとか日本の食材を買って自炊していました。食事はプレイに影響が出るので、食の知識がなかったら海外では、やっていけなかったかなと思います。
 
shunsuke3.jpg
 
中村選手のこだわり Vのチカラメシ
中村選手がホームでの試合前に食べるミートソースパスタ。試合前のエネルギー補給のためにチーム全体で炭水化物を摂ることになっているそう。
 
PASTA.jpgintervew.jpg
 
だから勝てる!!Vのヒケツ
管理栄養士MEMO スタミナアップにぴったり!
エネルギー源となる炭水化物が豊富なパスタと、炭水化物を効率よくエネルギーに変えるビタミンB1が豊富な豚挽き肉のミートソースは、試合でバテずに戦うのに役立ちます。さらに、中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)を含む健康オイル『ヘルシーリセッタ』を使用することも、スタミナアップのポイントです!
 

■貴重な経験のチャンス、全日本少年サッカー大会

shunsuke2.jpg僕のチームは神奈川県予選中央大会で2回戦敗退。悔しいというより、当時の監督に怒られて怖かった(笑)。結果は残念でしたが、今でもよく覚えています。全日本少年サッカー大会は1回戦から強豪とあたるし、貴重な経験を積める特別な場所だと思います。『全日本』という名前が緊張感を高めますし、子どもたちにはこのチャンスを活かして、悔いのないように全力でプレイして欲しいです。

 

 
 
 
 
 
 
 
★ジュニアアスリートの食卓を応援!★
 

 
oirio.jpg1201204.jpg
“植物のチカラ”がたっぷりつまった健康オイルで
頑張るアスリートのカラダを応援!
 
“植物のチカラ”で、カラダにいいこと。
〒104-8285
東京都中央区新川一丁目23番1号
お客様相談窓口:03-3555-6812
 
oillio_logo_250.jpg
 
―キミの夢が、いつか日本の夢になる―
日清オイリオは全日本少年サッカー大会を応援しています。
 
2012zensho_106b.jpg 2012zensho_128.jpg
 
今年も決勝大会会場にて、ブース出展、栄養セミナー開催、選手食事メニューや商品提供等で、サポートしました。
 
1
取材・文/狩俣俊介 写真/中川文作

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(149件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. PR-子どものころの食習慣が世界で戦える体を作る① 横浜F・マリノス中村俊輔選手

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  7. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  8. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  9. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ