1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第13回】Let's ショクイク!-『お父さんのおつまみで簡単カルシウム摂取』

健康と食育

【第13回】Let's ショクイク!-『お父さんのおつまみで簡単カルシウム摂取』

2011年3月 2日

キーワード:let'sショクイクフィジカル栄養食事食習慣

■手軽にカルシウム摂取できる魚の缶詰

0003772.jpg 古くから日本人の食文化と深く結びついてきた魚。欧米文化の影響もあり、日常的に肉料理が食卓に並ぶようになって久しい現在では、日本人の魚離れが顕著です。そんななか、「スポーツをするジュニア世代こそ、もっと魚を食べるべき」と鎌倉女子大学の田地先生は言います。

「筋肉にいいたんぱく質が豊富なことに加え、魚には、酸素を運ぶヘモグロビンの材料になる鉄が豊富に含まれています。持久力やスタミナアップに大きな期待ができるでしょう」。

魚も肉も同様にたんぱく質と鉄分の含有量が多く、ジュニア世代の身体には欠かせない食材。この点では魚と肉で甲乙つけがたいのですが、別の点では魚に軍配が上がるのだと先生は続けます。

「魚はカルシウム含有量が肉に比べて高い。さらにカルシウムだけでなく、ビタミンDも豊富。ビタミンDとはカルシウムを体内吸収させるのに必要な成分で、そのビタミンDを豊富に含む食品の筆頭が魚なんです。カルシウムを1回に摂取できる量は牛乳の方が一般的に高いのですが、ビタミンDが入っているおかげで魚のカルシウム吸収率はほぼ牛乳同様。丈夫な骨の形成にとてもいい食材なんですよ」。

魚の身の部分にももちろんカルシウムは含まれているが、一番多く含まれているのは骨の部分。そのため先生は、缶詰製品の利用を勧めています。

「骨まで美味しく食べられるのでカルシウム摂取には最適です。それに生魚を買うよりも安く済みますし、買い置きだってできる。調理の手間もないので、もう1品欲しいなという時にも便利です」。

缶詰利用のポイントは「汁も捨てずに利用すること」という田地先生。「汁の中にも大切な栄養がたくさん溶け出しているから」だと言いますが、その大事な栄養素についてのお話はまた次回にて。

0003771.jpg
田地陽一(たち・よういち)先生//
鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科准教授。日本女子大学非常勤講師。筑波大学大学院博士課程医学研究科修了。医学博士。日本栄養・食糧学会参与。専門は栄養学、スポーツ栄養学、運動生理学、分子生物学。東京武道館健康体力相談室でスポーツ相談員を経験。著書に『栄養生化学』(メヂカルフレンド社)、『動く、食べる、休むScience』(アイ・ケイコーポレーション)、『臨床栄養管理ポケット辞典』(建帛社)などがある。

←前回ページへ戻る|  |次回ページへ進む→

<<『Let's ショクイク!』最初の記事へ

1

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第13回】Let's ショクイク!-『お父さんのおつまみで簡単カルシウム摂取』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  2. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  3. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  4. サッカーパパ・ママ必見!子どもの"積極性"を育むバディ流子育て7のコツ
    2016年12月 2日
  5. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  6. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ
    2016年12月 7日
  7. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  10. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日

一覧へ