1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第14回】Let's ショクイク!-『魚を食べて判断力アップ!』

健康と食育

【第14回】Let's ショクイク!-『魚を食べて判断力アップ!』

2011年3月 8日

キーワード:let'sショクイク判断力栄養食事食習慣

■残り物には福がある。缶詰につまった『栄養素』

 安くて買い置きができる、お手軽な魚食品としてオススメの缶詰。その残り汁には大事な栄養素が含まれているといいます。その栄養素とはなんなのでしょう。前回に引き続き、鎌倉女子大学の田地先生にお話しを聞きました。

000389.jpg 「魚の脂に豊富に含まれている、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)。これらは、血液をサラサラにする効果が高いのが特徴で、マグロ、イワシ、サンマ、アジ、サバ、ブリなどの青魚に多く含まれています。生で食べると100%摂取することができますが、煮ると煮汁に溶け出してしまうし、焼くと脂が下に落ちてしまい、20%ほどの量が減少してしまいます。しかし、缶詰の残り汁には、そうして溶け出したDHAやEPAが入っているので、捨てずに利用することで、(栄養素の)ほぼ100%を摂取することができるという訳です」

 主に血液をサラサラにする効果があるというDHAやEPA。これらには、有名なお魚ソング「おさかな天国」で歌われているように、「頭が良くなる」効果もあるそうです。

「(DHAやEPAを)摂取すると頭の働きが活性化するというのは、科学的にも実証された事実です。赤ちゃんの脳の発達にも良いため、特に妊娠初期には一定量の摂取が推奨されているほど。まさに瞬時の判断が求められるサッカー選手にはピッタリな食材なのです」

 また、食べる際できれば一緒に摂りたい食材も。

「ビタミンEを豊富に含んだナッツ類やゴマを一緒に摂るといいですね。DHAとEPAはとても体に良い脂なのですが、酸化しやすいという弱点もあります。体内での酸化を防いでくれるのがビタミンEなので、食後にアーモンド数粒などを食べることができれば、さらにベターでしょう」

 食べるだけでサッカー選手として成長できるのと同時に、学校の成績もアップ!? まさに良いことずくめな食材である魚。下のメニューを参考に、これからはなるべくたくさん魚料理を取り入れてみませんか。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第14回】Let's ショクイク!-『魚を食べて判断力アップ!』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  2. ジュニアユースと学業の両立どうなんだ問題
    2016年12月 9日
  3. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ
    2016年12月 7日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  7. バディスポーツ幼稚園に学ぶ「子どもの"積極性"を育む」子育て7つのコツ
    2016年12月 2日
  8. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  9. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  10. 初心者コーチの心得その4:子どもそれぞれのキラッと光る部分を探そう
    2016年12月 8日

一覧へ