1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 長友選手のトレーナー木場さんが語る「体幹トレーニングのポイント」

運動能力

長友選手のトレーナー木場さんが語る「体幹トレーニングのポイント」

2011年11月15日

キーワード:ストレッチトレーニングフィジカル筋トレ

IMG_1.JPG
 
日本代表の長友佑都選手のパーソナルトレーナー・木場克己氏と、サカイクでもおなじみ、メンタルトレーニング・コンサルタントの大儀見浩介氏が「いま一番受けたい授業 フィジカル×メンタル」と題したコラボセミナーを行いました。
 
会場となった「新宿鍼灸柔整専門学校」には、フィジカルトレーナーの卵や柔道整復師など多くの方が詰めかけ、熱気あふれる中でトークセッションがスタートしました。
 
まずは木場氏が長友選手とのエピソードから、いまや彼の代名詞となった「体幹トレーニング」の話について紹介します。
 

■長友選手のトレーニングのポイントは『柔軟性、バランス、瞬発力』

もともと、木場氏と長友選手が出会ったきっかけは、明治大学時代に長友選手がヘルニアになったことからだったそうです。高校時代から、体幹を中心に筋トレをしていた長友選手。しかし、当時は筋肉の柔軟性が乏しく、腹筋・背筋と比べると、お腹の横の筋肉と身体をひねる筋肉とのバランスが悪かったと言います。そこで、まずは身体のバランスを整え、柔軟性を高めることから始めたそうです。
 
「長友選手のトレーニングのポイントは3つあります。1つめは柔軟性です。筋肉に柔軟性をもたせることで疲労しにくく、ケガの予防にもなります。そして2つ目はバランスです。身体の軸をブレないようにするためには、安定した体幹が必要です。腹筋・背筋だけでなく、お腹の横の筋肉など、バランスよく鍛えることがポイントになります。そして3つ目は瞬発力。腹筋と足を引き上げる筋力を連動させることで、瞬発力が生まれます」(木場氏)
 
そう言うと、木場氏はひとつのプレーを例にあげました。それはアジアカップ決勝のゴールシーンです。李選手のボレーシュートは、長友選手の正確なクロスが生んだものでした。
 
長友選手は延長後半終了間際という、疲労がピークに達する時間帯にも関わらず、相手DFを爆発的な瞬発力でかわし、左足で正確なクロスをあげました。ボールを蹴った後も、身体が倒れることなく踏ん張れていたことから、一連の動作をする中で体の軸がぶれていなかったことがわかります。
 

1  2
取材・文・写真/鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 長友選手のトレーナー木場さんが語る「体幹トレーニングのポイント」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ