1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. リフティング練習法 上達のコツは回数じゃない!小学生もできる上達2大ポイント[動画付き]

練習メニュー

2017年9月 8日

リフティング練習法 上達のコツは回数じゃない!小学生もできる上達2大ポイント[動画付き]

キーワード:アウトサイドインサイドインステップリフティング個人練習身体の使い方

ポイント2.
3つの関節を動かそう
もう一つのポイントは、関節をしっかり動かすことです。人間の身体は足首と膝と股関節の3か所が動き、これらにはそれぞれ内側にひねる内旋と、外側にひねる外旋という動作があります。これらの関節を満遍なく動かすために、キックの種類を偏りなく行うように意識しましょう。
インステップでボールを触れば、足首の関節を動かすことができますし、インサイドやアウトサイドでボールを触れば、膝・股関節を動かすことができます。アウトサイドでボールを触る際に気をつけたいのは、ボールの位置です。アウトサイドでボールを触る際は、足を外側に開ける選手が多いのですが、股関節を内側にひねるために足を前に出してボールを触るのが理想的なタッチです。
miki1_04.JPG
【NG】間違ったアウトサイドでのボールタッチ
miki1_05.JPG
【OK】理想的なアウトサイドでのボールタッチ
最後にリフティングの見本を動画で紹介するので、2つのポイントを意識して、ぜひ皆さんも真似してみてください。
インステップのリフティング

インサイドのリフティング

アウトサイドのリフティング

miki_profile.JPG
三木利章(みき・としあき)
プロサッカーコーチ。主に少年サッカーチームやジュニアユースチームの指導、スクール主催などの精力的に活動。育成年代で一番大切な『個』の技術・戦術の向上を目指し、実践で生かせる個人スキルを身につける指導を行っている。

【PR】三木コーチ監修のテクニック上達専用サッカーボール>>
ドリブル・リフティングトレーニング用サッカーボール テクダマ

【PR】三木コーチが監修したリフティング&ドリブルトレーニングDVD>>

前のページ 1  2
取材・文・写真・動画:森田将義

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(364件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. リフティング練習法 上達のコツは回数じゃない!小学生もできる上達2大ポイント[動画付き]