1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ブラジルの育成No.1クラブがゴールを目指す意識と競争を促すために取り組む1対1の練習メニューとは

練習メニュー

ブラジルの育成No.1クラブがゴールを目指す意識と競争を促すために取り組む1対1の練習メニューとは

2017年5月12日

キーワード:1対1クルゼイロシュートトレーニングドリブル練習メニュー

クルゼイロ・ジャポンはブラジル名門サッカークラブ「Cruzeiro EC」の育成方法を余すところ無く日本で紹介・実践するため、2013年に発足いたしました。かつてジーコと共に"黄金のカルテット"と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。
 
今回は、かの名門クラブのコーチたちが来日し、日本の子どもたちを指導する『クルゼイロキャンプ』で行われるトレーニングのひとつをご紹介します。(動画提供:クルゼイロジャパン)
 

 
■テーマ
連続した1対1
 
■オーガナイズ
30m×20m 正規のゴール(無ければコーンや棒で代用)20分~30分
 
■用具 
人数分のボール
 
■進め方
1.全体を2チームに分ける。
2.1対1でゴールを目指す。プレーがハッキリと終わるまでプレーを続ける。(ボールを奪ったら攻撃役になる)
3.ゴールを決める、シュートを外したら、そのままピッチに残り、次のDF役。
相手チームに、ゴールを決められた、シュートを外されたら、新しい選手がボールを持ってピッチに入る。
 
■ポイント
・得点を数え、競争を促すこと。
・ゴールを目指し、ボールを奪うために必要なプレーを求める
・選手の発想やアイディアを大切にする
 
■クルゼイロコーチの目線
ブラジルの選手は、得点を数えると、とにかく盛り上がります。負けず嫌いの集まりだからです。日本の子供たちも、勝つためにはどうすればいいのか? 目の前の選手に勝ちたい! という気持ちを目覚めさせ、育ててあげたいですね。ポジティブな声掛けで、楽しみながらも、競争を促してあげましょう。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>>

cruzeiro.jpg

 

▼クルゼイロの練習メニューはこちら

kuruzeiro_tore_01_samune.jpg
サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは>>
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ブラジルの育成No.1クラブがゴールを目指す意識と競争を促すために取り組む1対1の練習メニューとは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日

一覧へ