1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ボールを扱う練習の前に!ボールなしの競争&ドロケイ

練習メニュー

ボールを扱う練習の前に!ボールなしの競争&ドロケイ

2015年2月11日

キーワード:ジュニアボールなし低学年練習メニュー親子

グランセナ新潟の育成強化部長を務める須田敏男コーチが考える"親子でもできる練習メニュー"をご紹介するこの企画も3回目。今回は、1回目で配信した『競争意識を刺激するドリブル競争&ドロケイ』のボールなしバージョンをお届けします。同記事を読んで、「低学年のうちの子にはまだ早い」と思ったお父さんお母さんは、まずは今回紹介する練習を試してみてください。ボールを使わくても立派な練習です。状況に応じてボールなし練習をうまく取り入れることでより効果の高いトレーニングとなります。親子で、兄弟で、友だち同士で、競いながらスキルを高めていきましょう。
 
【練習1】ゲート通過競争(ボールなし)
 
doriburu01.jpg
 
 

■やりかた

1.黄→赤→青→黄のゲートを順番に通り競争する
2.左右を入れ替えて競争
3.コース逆回りで競争
4.コース逆回りで左右を入れ替えて競争
 

■ドリブル競争をはじめるその前に

ドリブル競争の前に、まずはボールなしで行ってみましょう。どこのゲートを通過するかを認識することができること、ボールを扱わない分、身体動作により意識を集中することができること、それがボールなしで競争する利点です。また、たとえばボールなしの競争では勝てるチームメイトにドリブル競争では負けた場合、その子は、自分にとっての課題はドリブルにあることを理解することができます。また、ドリブルとボールなしでは、確保できる視野も違うでしょう。ボールを扱うときも、なるべくボールなしに近い視野を維持できるように練習すると良いでしょう。
 
 
 
【練習2】ドロケイ(ボールなし)
 
doriburu02.jpg
 

■やりかた

1.泥棒と警察役を決める。
2.警察は、泥棒を追いかける
3.警察は泥棒をタッチしたら勝ち
4.泥棒は警察にタッチされる前にゲートを4つ通過できれば勝ち
 

■相手とのかけ引きはボールなしでも変わらない

ボールをコントロールしながら相手とのかけ引きに勝利しなければならないドリブル突破は、いわば上級テクニックです。ボールコントロールがままならないお子さんは、まずはボールなしで練習しましょう。相手とのかけ引きに勝ちゲートを通過する、あるいは相手の身体にタッチする、という要素はボール有でもボールなしでも変わりません。まずはボールなしで行い、かけ引きを覚えたらドリブルに移行していっても良いですし、最初からドリブルで行ってうまくいかなかったら、一度ボールなしでトライしてみるのも良いでしょう。
 
 
監修:須田敏男(グランセナ育成強化部長)
撮影協力:グランセナ新潟FC U-12
2014-11-27-18.01.55.jpg
グランセナは小学生世代から成人選手まで、世代毎のクラブチーム(グランセナFC)を運営しています。各世代のクラブチームには多くの選手が所属し、日々自己研鑽に取組んでいます。
 
少年期における技術習得はどのスポーツでも重要視されており、サッカー界では9歳から12歳をゴールデンエイジと呼び、選手の自立期(20歳)において最も高いレベルに成長するために徹底した技術トレーニングをやらなければならないと言われております。しかし、近年、特に小学生のスポーツ活動環境は土曜、日曜に集中し、平日の練習時間が無いに等しく、日本は世界の4分の1程度の練習しかしていないといわれています。
 
グランセナジュニア・ジュニアユースでは週5日以上、世界レベルの環境である人工芝グラウンドでトレーニングしています。そして、全ての年代において優秀なコーチングスタッフを提供しています。
また小学1年生から高校卒業まで一貫した選手育成に取り組み、技術面のみならず創造性の育成に取組んで参ります。
グランセナFCはアマチュアチーム日本一を目指し、新潟からグローバルに活躍する選手を多数輩出します。
 
グランセナFC所属選手に挨拶のできない少年・少女はいません。礼儀やマナーに関しては厳しい指導方針を採り、スポーツ選手である前に人間個人として正しい振る舞いができるように指導を行っています。子供達に多くの成長の機会を提供し、ご両親と共に子供達の成長を見守ります。

グランセナ新潟の無料体験の申し込みはこちら>>
グランセナ
新潟のHPはこちら>>
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ボールを扱う練習の前に!ボールなしの競争&ドロケイ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ