1. サカイク
  2. トピックス
  3. 子どもを「育てよう」とするから「育たない」 / 藤代圭一×中野吉之伴スペシャルセミナー開催

トピックス

子どもを「育てよう」とするから「育たない」 / 藤代圭一×中野吉之伴スペシャルセミナー開催

2017年6月15日

キーワード:しつもんメンタルジュニア年代トレーニング指導者

6月22日(木)に「神保町Editory」でスポーツメンタルコーチ・藤代圭一氏とドイツで長年指導するサッカーコーチ・中野吉之伴氏、そしてサカイクがコラボし、スペシャルセミナーを開催します。今回のセミナーでは藤代圭一氏と中野吉之伴氏が「ジュニア年代の指導」をテーマに参加者の意見も聞きながらディスカッションをし、「子どもが主体的に育つとは何か?」を一緒になって考えていきます。
 
fujishiro_event01.jpgnakano_event02.jpg
 
【講師よりメッセージ】
 
「子どもたちに伝える力を身につけたい」
「効果的なトレーニングの作り方を知りたい」
「やる気や自信を引き出したい」
「子どもたちの自分で考えて行動する力を引き出したい」
 
 
「子どもを、よりよく育てるためにできることは何だろう?」
これはサッカーに限らず、
ジュニア年代のスポーツを指導している方や保護者の方、
そして僕たち2人の悩みのひとつです。
 
けれど、
「育てよう、育てよう」
という考え方が行き過ぎてしまうと
 
いつしか、
思い通りに物事が進まない現状にもどかしさを覚え、
「子どもをコントロールしなくてはいけない」と感じ、
子どもの考えや思いはそのままに、
「こうするべきだ」という期待ばかりを押しつけてしまいます。
 
 
僕たち大人も子どもの頃は、
「言葉」や「よちよち歩き」
「感情」というものを
自然と身につけてきました。
 
 
そう考えてみると、
僕たち大人が環境を整えることで、
子どもたちを「育てる」のではなく、
子どもたちは「自然と育つ」といえるかもしれません。
 
 

■「育てるのではなく、自然と育つためにできることは何があるだろう?」

子どもたち選手が
「どんな自分になりたいのか?」に耳を傾け、
そのサポートをすること。
 
1人ひとりに向き合い、
それぞれの違いや個性や特徴、
価値観や考えに向き合い、
その子にあったサポートをすること。
 
そのためには、
子どもたち1人ひとりを観察することはもちろん、
 
僕たち大人も一度立ち止まり、
 
「どんな指導者でありたいか?」
「自分にできることは何があるだろう?」
「どのようにすればより良くなるだろう?」
 
と「自分自身と会話をすること」が
必要となるかもしれません。
 
 
今回のこのセミナーでは、
「選手が自然と育つために僕ら大人ができること」をテーマに、
忙しい毎日から一度、立ち止まり、
自分自身と向き合う機会をつくります。
 
また、
育成大国であるドイツからサッカーコーチの中野さんをお迎えし、
中野さんが考える
 
「どんな指導者でありたいか?」
「自分にできることは何があるだろう?」
「どのようにすればより良くなるだろう?」
 
の答えに耳を傾けることによって、
僕たち大人も価値観や視野を広げ、
子どもたちにできることを見つめていきましょう。
 
 
<イベント概要>
しつもんメンタルトレーニング×サカイクpresents
「藤代圭一×中野吉之伴」セミナー「選手が育つ」は「指導者が育つ」
 
●こんな方におすすめです
・教えることは何か悩んでしまう
・もっと効果的な伝え方を身につけたい
・どのようなトレーニングが適切か考えたい
・アドバイスをより具体的に届けたい
・自分自身と向き合いたい
 
●こんなことを学べます
・子どもが育つ環境の作り方
・指導者ができるサポートの方法
・1人ひとりに向き合う考え方
・目的の見つめ方
 
 
【開催日時・場所】
日程:6月22日(木)、19:30~21:30(開場19:00)
対象:主にジュニア年代のサッカー指導者(他のスポーツも可)
定員:50名
参加:3000円(税込)
会場:神保町Editory(東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2F)
 
主催:しつもんメンタルトレーニング
共催:サカイク
 
お申し込みはこちらから>>
 
問い合わせ:しつもんメンタルトレーニング
E-mail:staff@shimt.jp
 
fujishiro_profile.jpg
 
【ファシリテーター】
藤代圭一/スポーツメンタルコーチ
1984年、名古屋生まれ。東京都町田で育つ。スポーツスクールのコーチとして活動後、教えるのではなく問いかけることで子どものやる気を引き出し、考える力を育む「しつもんメンタルトレーニング」を考案。全国優勝を目指す様々な年代のチームから地域で1勝を目指すチームまでスポーツジャンルを問わずメンタルコーチを務める。全国各地でワークショップを開催し、スポーツ指導者、保護者、教育関係者から「子どもたちが変わった」と高い評価を得ている。2016年からは「1人でも多くの子どもたち・選手が、その子らしく輝く世の中を目指して」というビジョンを掲げ、全国にインストラクターを養成している。4月に「子どものやる気を引き出す7つのしつもん」(旬報社)を上梓
 
<ご挨拶>
こんにちは。しつもんメンタルトレーニングの藤代圭一です。 今回は「サカイクさん」と協力をして、 ドイツから中野吉之伴さんにお越し頂き、 スペシャルセミナーを開催いたします。 
 
「早くサッカーしたい!」 
 
練習や試合が終わった後に、子どもたちがそう言ってくれるために 僕にできることは何だろう? 
 
これは、僕が中野さんから学んだ、子どもたちと接する際に大切にしていることです。 
 
限りある毎日をより楽しんで欲しい。 
わくわくする気持ちを持って欲しい。 
自分で考えて行動して欲しい。 
 
そのために、僕ができることは何があるだろう? と日々、自分に問いかけています。 
 
今回は、僕がファシリテーターとして進行をつとめながら、 みなさんと一緒に考える時間になったらいいなと思っています。 
 
「子どもたちと接する上で大切にしたいことは何だろう?」 
「どんなサポートができるだろう?」 
「子どもたちから学んだことは何があるだろう?」 
 
会場にお集まり頂いた皆さんと一緒に、 そして中野さんとも一緒に考えることで、 より「自分らしい指導」を見つけて頂けたら嬉しいです。 
 
お会いできることを楽しみにしております。
 
nakano_profile.jpg
 
【ゲスト】
中野吉之伴/サッカーコーチ・サッカージャーナリスト
1977年、秋田生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成年代指導のノウハウを学ぶためにドイツへ渡る。現地で2009年7月にドイツサッカー連盟公認A級ライセンスを取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームでの研修を経て、元ブンデスリーガクラブのフライブルガーFCでU-16監督、翌年にはU-16・U-18総監督を務める。2013-14シーズンはドイツU-19の3部リーグ所属FCアウゲンでヘッドコーチ、16-17シーズンから同チームのU-15で指揮をとる。帰国の際は全国各地でサッカー講習会を開催し、グラスルーツに寄り添った活動を積極的に行う。2016年7月に「サッカー年代別トレーニングの教科書」(カンゼン)を上梓
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 子どもを「育てよう」とするから「育たない」 / 藤代圭一×中野吉之伴スペシャルセミナー開催

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ