1. サカイク
  2. トピックス
  3. ダノンネーションズカップ2014、国内予選開幕!

トピックス

ダノンネーションズカップ2014、国内予選開幕!

2014年2月28日

キーワード:ダノンネーションズカップ横浜F・マリノス

 FIFA公認のU-12カテゴリーの世界大会「ダノンネーションズカップ in JAPAN 2014」が、3月2日の東京会場(駒沢オリンピック公園)を皮切りに開幕する。
 
横浜F・マリノスプライマリー
(C)ダノンネーションズカップ in JAPAN実行委員会
 
 予選大会は東京の他、大阪会場(3月9日/J-GREEN堺)、愛知会場(3月23日/豊田市運動公園)で開催。32チームずつ全96チームが参加し、上位4チームが3月29、30日の決勝大会(駒沢オリンピック公園)へ出場する。
 
 決勝大会には2013年度の優勝チームで、世界大会で3位という結果を残した横浜F・マリノスプライマリーなどJクラブのユースチームや、2012年度に世界2位になった埼玉県の強豪レジスタFCなど18チームがシードされており、予選大会を勝ち上がったチームと共に優勝を争う。
 
 世界大会はブラジルで開催されることがすでに決まっており、優勝チームは “日本代表”として参加する。この大会の特徴が世界レベルの試合が行われる、憧れのスタジアムでプレーできること。過去にはスペインのサンチャゴ・ベルナベウ、イングランドのウェンブリー・スタジアムなどが試合会場として用意された。ジュニア年代では数少ない世界につながる大会とあって、各チームのモチベーションは非常に高く、国内予選でも熱戦が繰り広げられるだろう。
 
 抽選によって決められる予選大会には出場チーム数を大幅に上回る申し込みがあるなど、日本国内でも認知度・注目度が上がっているダノンネーションズカップ。
 
 世界につながる大会を観戦するために、会場に足を運んでみてほしい。
 
試合中試合中
(C)ダノンネーションズカップ in JAPAN実行委員会
 
<ダノンネーションズカップ in JAPAN 2014大会日程>
東京会場予選大会 3月2日(日) 駒沢オリンピック公園
大阪会場予選大会 3月9日(日) J-GREEN堺
愛知会場予選大会 3月23日(日) 豊田市運動公園
決勝大会 3月29日(土)、30日(日) 駒沢オリンピック公園
 
ダノンネーションズカップin JAPAN 2014公式サイト>>
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
横浜F・マリノスプライマリー・西谷冬樹監督インタビュー
8人制サッカーを通じて子どもの能力を最大限に引き出す取り組み
育成のベテランがかける声 1つ成功するには100回の失敗が必要
育成のベテランが伝える「かわいい子には旅をさせてほしい」
1
文/北健一郎 写真/ダノンネーションズカップ in JAPAN実行委員会

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. ダノンネーションズカップ2014、国内予選開幕!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  2. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ