1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 育成のベテランがかける声 1つ成功するには100回の失敗が必要

考える力

育成のベテランがかける声 1つ成功するには100回の失敗が必要

2014年2月18日

キーワード:指導横浜F・マリノス育成

前回の記事では、横浜F・マリノスプライマリーの西谷冬樹監督に、8人制サッカーについての話を伺いました。
 
今回は西谷さんが実践するジュニア世代の指導方針について、インタビューの前編をお送りします。中村俊輔、齋藤学、藤本淳吾をはじめとする、たくさんの選手や社会人の育成に携わった西谷さん。子どものチャレンジを促す環境づくりに、ポイントがありそうです。
 
横浜F・マリノスプライマリー円陣
 

■どのようにして子どもとコミュニケーションを取るべきか?

――子どもに対する声のかけ方など、西谷さんの指導はどのようなポイントがありますか? 
 
僕の場合は声かけというか、観察をしていますね。子どもがどういうことを考えながらプレーしているのかなと。そのうえで、もしも僕の描く絵と、子どもの描く絵のイメージが違っていたらイヤだから、「何を考えてたの?」「何を想像していたの?」と子どもに聞きます。「結果はこうだったけど、どうだったの?」とか。声かけはそういう感じですね。
 
もちろん、本当はやれるのに、やってない子がいたら、「何やってるの」とは言いますよ。うちにもそういう子はいます。ただ、それはいろいろな因果関係というか、家庭で何かあったとか、学校で何かあったとか、友達同士で何かあったとか、そういうことが起こるんですね。そこで「何やってるんだ!」って一方的に言うだけじゃなくて、「今日何かあったの?」とか、そういう声はかけていますね。
 
――マリノスの子どもたちは優秀というイメージを持つ方も多いのではと思いますが、その辺りはどのように感じますか?
 
すごく大人っぽいですね、物事をハッキリ言えますね、と、取材して頂いたライターさんにもよく言われるんですけど、それは僕らがずっと子どもたちに求めていること。物事を言えるということは、考えている証拠ですし。ただ、そこに至るまでのプロセスはすごく時間がかかります。
 
ヨーロッパや南米では、彼らは生存競争というくらい、がんばるじゃないですか。上手い子が入ってきたら、すぐに誰かが落ちる。1年間やって、ふるいにかけられて、ダメだったら半分くらい落とされるとか。なかなか今の日本の社会ではできない環境ですよね。
 
そんな中でも、うちの子どもたちはバチバチやっています。いつもチャレンジをしているので、失敗はつきもの。子どもには、「1つ成功するには100回失敗しなきゃダメなんだぞ」と言うんです。どんどん後押ししてあげた結果、今のようになったわけで、全然エリートじゃないですよ。彼らは日頃からすごく努力しています。コミュニケーション取って、「ああじゃないか」「こうじゃないか」と。子ども同士でもやっているし、僕ともやっています。
 
横浜F・マリノスプライマリー試合中
 
――その議論がぶつかって、平行線になりかけたときはどうするんですか?
 
そういうときは本質が大事になると思うんですよ。「どういう目的でそのプレーをやってたんだ?」と話しかければ、子どもたちはただの言い合いじゃなくて、目的を見て話し合えるので、あまりぶつからないですね。「お前が悪い」とかじゃなくて、ゴールを奪うために俺はこう思ってたんだ、いや、俺はこう思ってたんだ、じゃあどうしようかと。目的を見ながら話し合えば、わかります。
 
足の引っ張り合いとか、責任転嫁をし始めると、まとまるものもまとまらない。だから、それはお互い何のためにプレーしたんだと。そういうところから話し合うようにしています。目的と本質は、大事です。ボールを奪うためとか、ゴールを守るためとか、ゴールを奪うためとか、そういう原則論を伝えてあげると、議論はくっきりとクリアーになったりしますよ。
 
――これは大人の社会にも通じる話ですね
 
そうですね。会社でも部署同士で足を引っ張ったりとか、結局、何のためにやっているのか、目的が見えてなくて、お互いに取り合いをしたりとか、起こっていることは一緒です。そういうのを指導者がわかっていれば、ゆとりが出来るんですよ。たとえば、まずは子ども同士でやりあわせて、言い尽くさせる。あとから指導者が入って行って、「こうじゃない?」って話をして目的をクリアーにする。その過程で「こういうアイデアがあった」って話し合いをしておけば、後からつながっていくんですよ。それが選択肢になるじゃないですか。選択肢が多いほうが自分にとっては得だし、対戦相手にとってはイヤですよね。そうやって育った子はたくましいですよ。
 
 
【後編】育成のベテランが伝える「かわいい子には旅をさせてほしい」>>
 
 
西谷冬樹監督
西谷冬樹(にしたに・ふゆき)//
・1969年12月18日生まれ、神奈川県出身
・横浜F・マリノス プライマリー(U-12)監督
・日本サッカー協会公認A級コーチ。
第37回全日本少年サッカー大会決勝大会ではベスト16、昨年9月にイギリスで行われたダノンネーションズカップ2013では世界大会の舞台で見事3位という功績を残した。これまでの20年間で多くの選手を育成し、中村俊輔、齋藤学、藤本淳吾をはじめとするプロ選手を輩出している。
1
取材・文/清水英斗 取材協力/Y.F.M 写真/新井賢一(ダノンネーションズカップ2013より)

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(264件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 育成のベテランがかける声 1つ成功するには100回の失敗が必要

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ