1. トップ
  2. トピックス
  3. サッカー・神技フリーキック・シュート&パスが蹴れるようになる!

トピックス

2012年2月14日

サッカー・神技フリーキック・シュート&パスが蹴れるようになる!

キーワード:新刊

■筑波大学サッカー部の浅井武総監督による科学的分析

現代サッカーの得点のうち4~5割はセットプレーから生まれるといわれている。2010年ワールドカップでの日本代表・本田圭佑、遠藤保仁のゴールもしかり、2011年の女子ワールドカップで、なでしこジャパンの世界一を決めた澤の決勝ゴールもコーナーキックから生まれたものだった。
 
多種多様に分析、整備された戦術が交錯し、緊張したゲーム展開の中ではゴールのチャンスはなかなか生まれない。そんな緊張感の中にも、ふと訪れる一瞬の間隙。そのタイミングを制し、試合の流れを一気に変えてしまうのがセットプレーである。
サッカーのゲームに勝利する条件として、フリーキックをはじめとする正確なキックの技術は、もはや必要不可欠な要素。
 
そのセットプレーのポイントについて、マンガでわかりやすく解説し!プレー感覚だけの技術解説ではない、物理学的視点からもキックを分析した新刊『サッカー・神技フリーキック・シュート&パスが蹴れるようになる本』が発売された。日本サッカーにおけるキック研究の第一人者であり、名門・筑波大学サッカー部の総監督をつとめる浅井武氏監修による、多種多様なキックの蹴り方を学ぶ実用書。
 

■どう蹴れば…「飛ぶ」「曲がる」「落ちる」「揺れる」を徹底解説

キックの基本とされるインサイド&アウトサイド、インステップ、インフロント&アウトフロントキックはもちろん、ラボーナやオーバーへッドキックといった変則的キックから、無回転ブレ球、カーブボールなどの変化球まで、サッカーのありとあらゆるキックを物理学的視点&プレーヤー的視点の両面から詳細に分析。これまでのキック指導の基本を一新する技術ポイントを紹介している。
 
スポーツバイオメカニクス、スポーツ工学を専門とし、モーションアナリストの権威でもある著者の研究者、そしてサッカー指導者としての経験をもとに、ボールのどこを、どう蹴れば…「飛ぶ」「曲がる」「落ちる」「揺れる」を徹底解説。各種キックのポイントが、図解によって明確に理解できる内容。小学生が新しくキックを学ぶためにも、また一般のプレーヤーが自分の技術を再点検するためにも使える!
 
 
『サッカー・神技フリーキック・シュート&パスが蹴れるようになる本』
・発行:(株)マイナビ
・監修:浅井 武(筑波大学教授/蹴球部総監督)
・構成:北 健一郎/篠 幸彦
・定価:1,575円(税込)
・体裁:A5判ソフトカバー書籍 総160ページ
・ISBN:978-4-8399-4188-8
・発売日:2012年2月1日
 

 

■監修者

浅井 武(あさい・たけし) 
1956年生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。工学博士。研究分野はスポーツバイオメカニクス、スポーツ工学。日本人スポーツ研究者としては、はじめて国際物理科学雑誌『Physics World』に論文が掲載。モーションアナリストとして、また名門・筑波大サッカー部の総監督として多方面で活躍するキック研究の第一人者。研究者とサッカー指導者としての顔を併せもち、物理学的視点、技術的視点の双方向からサッカーを語ることのできる希有な存在。著作には、共著となる『スポーツのバイオメカニクス』(中央法規出版)、『見方が変わるサッカーサイエンス』(岩波書店)のほか、監修をつとめた『サッカー ファンタジスタの科学』(光文社)などがある。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
サッカーの新刊情報
少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7333件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. サッカー・神技フリーキック・シュート&パスが蹴れるようになる!