1. サカイク
  2. 連載
  3. スペイン人に聞く。日本人コーチの疑問
  4. 選手のレベルが均一でない"町クラブ"での指導法は?

スペイン人に聞く。日本人コーチの疑問

選手のレベルが均一でない"町クラブ"での指導法は?

2012年3月 8日

キーワード:スペイントレーニングバルセロナ知のサッカー練習育成

77AL0370.JPG
 
サッカーサービスが監修・制作したDVD『知のサッカー』は、育成年代の指導者から大きな反響を呼び、多くの感想や質問がサカイク編集部に寄せられました。そこで多くの日本の指導者に共通する疑問について、サッカーサービスのジョアン、カルレス、ダビッドの3人に答えてもらいました。
 
| 記事一覧 | NEXT >>
 
 
今回のテーマは、サッカーサービスが提唱するグローバルメソッド(試合とほぼ同じ状況を再現することによって、サッカーで大切な『状況把握』『判断』『実行』の3つをバランスよくトレーニングすることができる方法)を、指導現場に落とし込む際の疑問についてです。
 
グローバルメソッドについての解説記事はこちら>>
 
【質問内容】
日本の町クラブでは、技術レベルの高い子と低い子が混在しています。グローバルメソッドで練習する場合、ある程度のトラップ(ボールコントロール)能力を持った子でないと、ミスが出て練習にならないと感じます。
 
トラップ能力が低い子どもであっても、グローバルメソッドで練習をしながら、トラップ能力を高めたほうがいいのでしょうか。それとも先にアナリティックトレーニング(反復練習)をして、トラップ能力をある程度身につけてから、グローバルメソッドの練習をしたほうがいいのでしょうか。
 

■カルレス:数的優位の状況を作る

グローバルメソッドで、様々なコンセプトをトレーニングすることは可能です。そのなかで必要なのは、子どもたちのレベルに合わせて、練習メニューをオーガナイズ(構築)することです。たとえば、トラップ(ボールコントロール)を身に付けたいのであれば、攻撃側が数的優位となる状況を作ってトレーニングをします。
 
数的優位なのでプレッシャーもそれほど厳しくなく、ボールを止める時間もスペースもあるので、トラップのトレーニングとして有効です。また『ボールをコントロールする』という技術面だけでなく、『いつ、どこへ』コントロールしたほうがいいのかを学ぶこともできます。アナリティックトレーニングでは『どのようにコントロールをするか』という技術面だけの練習になり、状況把握と判断が欠けてしまいます。
 
グローバルメソッドでは、技術の動作部分で完璧を求めることはできないかもしれませんが『いつ、どこへ、どのようにコントロールするか』を同時に学習することができます。複合的なトレーニングで身に付けた技術は、実戦で発揮しやすくなります。
 
77AL0389.JPG
 

■ダビッド:レベルに応じて人数などの条件を改善する

ボールコントロール(トラップ)を身につけたいのであれば、アナリティックトレーニング(反復練習)で鍛えることも可能です。実際に、サッカーサービスでもトレーニング全体の2割はアナリティックトレーニング(反復練習)を用いています。たとえば、選手2人が向かい合って立ち、その前にコーンを置きます。ボールを持った選手が向かいの選手にパスをし、ボールを受ける選手はコーンの横にトラップをして、向かいに立つ選手にパス。受ける選手はコーンの横へボールを通してパス……という動きを繰り返します。これがアナリティックトレーニング(反復練習)です。
 
しかしカルレスが言うように、この練習でも『ボールをコントロールする』という技術は学ぶことができますが、『いつ、どこへ、どのように』コントロールするかという、状況把握、判断の部分は鍛えることができません。トレーニングの例としては、攻撃側に数的優位を作ったトレーニング(3対2)などで、トラップだけでなく、状況把握、判断、すべてを同時にトレーニングします。
 
3対2だとミスが出て、トレーニングにならないのであれば、攻撃側を1人増やす、あるいは守備側を1人減らす、フリーマンを入れる、ゴールの数を増やすなどして、難易度を調整します。そのなかで、「ボールコントロール」というテーマに沿った場面が出るように、練習メニューを改善していきます。
 
 

■ジョアン:グローバルメソッドがサッカーのレベルアップに直結する

アナリティックトレーニングでは、トラップをしてパス、トラップをしてパスという動作は学ぶことができます。一方、グローバルメソッドでは、相手(敵)がいるので、動作を学ぶのと同時に、選手は『いつ、どこへ、どのようにトラップするか』を考える必要性が出てきます。トラップをミスすれば相手にボールを奪われてしまうので、ボールを受ける前に周りを見ないといけません。
 
アナリティックトレーニングの場合、相手がいないので、ボールを受ける前に周りを見る必要もなければ、判断の必要性もありません。唯一、動作をしっかりと実行するだけです。テクニックはアップするでしょうが、技術を実戦で活かすための『判断力』は身につかないでしょう。グローバルメソッドは、我々が考える「賢い選手」を育てるためのトレーニング方法であり、サッカーのレベルアップに直結するものです。
 
 
| 記事一覧 | NEXT >>
 

【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png

 

 

clinic00.jpg
ジョアン・ビラ・ボスチ(写真:中央)//
Joan Vila Bosch
FCバルセロナでクライフと共にプレーし、引退後はバルサの下部組織で14年間監督を務めた。現在はバルサのメソッド部門ディレクターとして、下部組織におけるトレーニングの進化・改善、コーチの指導を担う。監督時代はシャビ、プジョルなど現在のバルサの中心選手を育てた。
 
カルレス・ロマゴサ・ヴィダル(写真:右)//
Carles Romagosa Vidal
FCバルセロナ下部組織の監督として5年間活躍し、ボージャン、ピケ、セスク・ファブレガスらを指導。また、スクールディレクターを務めた経験を持つ。現カタルーニャ・サッカー協会 副テクニカル・ディレクター兼プロジェクト・コーディネーター。
 
ダヴィッド・エルナンデス・リヘロ(写真:左)//
 David Hernández Ligero
現在、サッカーサービス社においてテクニカル・ディレクターとしてクラブコンサルティングを担当。また、プジョルのパーソナルトレーナーを務めた経験を持つ。カタルーニャサッカー協会副テクニカル・ディレクターやVic大学「フットボール方法論」教授などを兼任する。
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
1
取材・文/鈴木智之、写真/小川博久、取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

スペイン人に聞く。日本人コーチの疑問コンテンツ一覧へ(2件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. スペイン人に聞く。日本人コーチの疑問
  4. 選手のレベルが均一でない"町クラブ"での指導法は?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ