1. トップ
  2. 連載
  3. 汗の分だけ、成長できる
  4. 「一度折れて這い上がることに慣れていた方が強くなれる」中村憲剛

汗の分だけ、成長できる

2015年6月25日

「一度折れて這い上がることに慣れていた方が強くなれる」中村憲剛

キーワード:ポカリスエット中村憲剛成長水分補給

 
STS_0972.JPG
 

■折れてから這い上がることに慣れている

――少年時代に苦労した、または努力したエピソードなどはありますか?
 
基本的に上手くできた人生じゃないです。苦労が多い方が人間として強くなるのではないかな。なので、ぼくの場合は心が折れるのに慣れているというか、折れてから這い上がることに慣れている。苦労せず順風満帆にやってきた人は、心が折れたときに弱い。ずっと良いことに越したことはないけど、どこかで心が折れることはあるでしょう。
 
――中村選手が初めて”折れた”のはいつ頃ですか?
 
小6。関東選抜で、他の地域の子と一緒にやったのですが、完全にへし折られましたね。上手いし速いしデカいし強いし、みたいな。東京だったら自分はまあまあの存在だったけど、井の中の蛙だった。それで、”偉そうにJリーガーになるとか言っていられないな”と。"ああ、こういう選手がJリーガーになるんだな”と思いました。
 
――小学生時代には全国大会の出場経験があると伺ったのですが、逆にそこではそういった挫折というか、衝撃はなかったのでしょうか。
 
全然なかったです。全国大会に出たのは5年生のときで、上の学年にぶら下がって出場したという感じで。レギュラーだったけど、中心選手は6年生で、そういう人たちが中心になって頑張るチームでした。
 
――その経験を経て小6となって、主力として活躍した訳ですね。
 
チームで一番になって、東京選抜にも入っていて、そこでもそれなりにできていて、関東選抜にも入れて。ただ、東北とか北海道とか、関西、九州、東海の選抜は、とにかくすごい奴らばっかりで。正直「はやく帰りたいな」と思いました。みんなデカいんだもの。それでもって速い。おれは136cmだった。あのときが一番ショックでしたね。誰がどこの選抜かも、どことやっているのかもわからなかったけど、とにかく凄かった。
 
――その衝撃を受けたあとはどうなるのでしょう。
 
失意の3年間を過ごすわけですよ。その選抜が小学校の終わりのほうだったんですけど、”中学で身長も伸びるだろう”と思っていました。ただ、全然伸びなくて。そこで面白くなくなって、一度サッカーから離れました。自分に失望したというか。小学校卒業時が136cmで、高校入学時に154cm。前から2番目とか1番目とかでしたからね。
 
――期待していたけど身長も伸びず。でも高校でやろうと思ったのはどういう理由からなのでしょうか?
 
“もう1回頑張ろう”と思ったんですよね。サッカーが好きだったし、小学校のときに打ち込んでいたから。それと、高校サッカーがものすごく好きで、よく見ていたんです。あの舞台にあこがれていた。
 
けど、その時点で行ける所が久留米しかなくて。久留米も自分が入る6年前くらいに(全国に)出ていたし、都立では一番でした。自分が出れないかもしれない強豪校に入って、サッカーにもう一度のめり込みたい。その思いが強かったです。
 
後編:反り返るほどの壁を乗り越えて今がある>>
 
 

【汗の分だけ、成長できる】

川口能活編
【前編】辞めてもいいよ。両親のそのひと言に責任を感じた
【後編】キーパーグローブが乾かないように工夫してくれた母親に感謝
 
高原直泰編
【前編】努力がつらいならキミは成長できない
【後編】点を取り続ける秘訣は「気にしないこと」
 
山口素弘編
【前編】自分たちで考えて練習した小学生時代
【後編】負けず嫌いがサッカー選手のベースになる

★これからの季節、熱中症対策にポカリがおススメの理由とは?
熱中症を防ぐための日常生活における注意事項>>
 
screen520x924.jpeg
Youtube再生回数2500万超の超絶リフティングテクニックが期間限定無料公開中!!>>
前のページ 1  2
取材・構成/竹中玲央奈 写真/武山智史

関連記事

関連記事一覧へ

汗の分だけ、成長できるコンテンツ一覧へ(13件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. 汗の分だけ、成長できる
  4. 「一度折れて這い上がることに慣れていた方が強くなれる」中村憲剛