1. サカイク
  2. 連載
  3. 汗の分だけ、成長できる
  4. 「反り返るほどの壁を乗り越えて今がある」中村憲剛

汗の分だけ、成長できる

「反り返るほどの壁を乗り越えて今がある」中村憲剛

2015年6月30日

キーワード:ポカリスエット中村憲剛

インタビュー前編では、小学6年生のころに味わった大いなる挫折、その失意のうちに過ごす中学時代のエピソードを語ってくれた中村憲剛選手。今回は、もう一度真剣にサッカーを打ち込みたいと入学した東久留米高校サッカー部や、各高校のエース級が集う中央大学サッカー部でのエピソードを話の軸に、挫折の乗り越えるために必要なことを聞いてきました。サッカー少年を子に持つお父さんお母さんは、ぜひご一読ください。(取材・構成/竹中玲央奈 写真/武山智史)
 
STS_0889_s.jpg
 
 
<<前編:一度折れて這い上がることに慣れていた方が強くなれる
 
 

■雨の日にやったグラウンドの水抜き

――高校選びのことをお聞きしたいのですが、全国に憧れていたのであれば、他県の高校という選択肢もあったのでは?
 
越境して強豪校に行くような大層な選手じゃなかったので(笑)だから、行けるところに行こうと思っていました。久留米もぎりぎりでしたけどね。
 
中学3年の半年くらいはサッカーをやっていないんですよ。だから高校に入ったときはものすごく大変でした。遊びでは蹴っていたけど、部活は違う。しかも高校って入部直後はすごく走るんですよね。
 
――今は人工芝のグラウンドですが、当時は土でしたよね。他にも苦労はあったのでは?
 
「いまの子はいいな」と思います。グラウンド整備とか知らないのかもね(笑) 雨が降ったら昼休みに1年生がスポンジで水抜きをやるんですよ。しかもスポンジもボロくなったら買い替えればいいのに、ボロボロで水を吸収しにくいやつばっかりで、嫌がらせなのかと思うくらいでした(笑)
 
ボール磨きもやりましたよ。先輩に「綺麗になるまでやれ」と言われて。1年生は昼休みにグラウンド整備や水抜きがあるから3時間目と4時間目の間にご飯を食べていました。いい経験でした。
 
――人数も多いのでしょうか。
 
ぼくが久留米のサッカー部に入部したときは、1年生が80人くらいいました。そんなに大きな高校ではないけど、男子はサッカーをしたい学生が集まってくる。だけど、結局3年まで残ったのは20人くらい。練習試合のユニフォームを作ったときは60,70番台まであった。ABC……5チームくらいはありましたから。
 
――その中で中村選手はどこからスタートしたのですか?
 
一番下です。1年生でも、入学する前にすでに参加している人とかいるじゃないですか。そういう人はBチームとか、Aチームで試合に出ている同級生もいて。それを見てすごいなと思っていました。
 
――そこから、1年生の夏あたりにトップチームに上がれたんですよね?
 
そう、今で言う育成枠(笑)
 
伸びるかもしれない、とりあえず面白そうだから入れておくか、みたいな。いきなり7人くらいポンと上げられて。そのうちの1人でした。「なんで、おれ?」と思ったのを覚えています。
 
――1年の夏に上のチームに上がってからはまたそのまま上のチームへ?
 
でも、1年生のときは結局、公式戦には出られなかった。そこから卒業するまでAにはいたけど、試合に出たのは2年生になってからです。
 
1  2
取材・構成/竹中玲央奈 写真/武山智史

関連記事

関連記事一覧へ

汗の分だけ、成長できるコンテンツ一覧へ(13件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 汗の分だけ、成長できる
  4. 「反り返るほどの壁を乗り越えて今がある」中村憲剛

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ