1. トップ
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問
  4. 現役バリバリ71歳!あざみ野キッカーズの國方徳二さんが実践する"ずっとEnjoy"の精神

JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問

2016年9月 6日

現役バリバリ71歳!あざみ野キッカーズの國方徳二さんが実践する"ずっとEnjoy"の精神

キーワード:JFAJFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度あざみ野キッカーズ引退なし松田薫二

SAKAIKU_banner-2.jpg
 
 
老若男女を問わずに楽しめる――。
 
スポーツの魅力を語るときにしばしば用いられる常套句ですが、特に団体スポーツに関しては、これが実践できていているかと言えば、疑わしい面もあります。一般に“社会人”と呼ばれるようになるころ、多くの競技者はスポーツから離れていく傾向があり、そこには当然ながら致し方ない面もあるでしょう。ただ、本当は離れたくないにもかかわらず、そもそもプレーをつづける環境自体がないとしたら――。
 
日本サッカー協会は2014年に『JFAグラスルーツ宣言』を発表し、さらにその賛同パートナー制度を実施するにあたっての三本柱の一つとして“ずっとEnjoy♬ 引退なし”という項目を掲げました。就学期間を終えても、なおサッカーを楽しめる環境をどうつくっていくのか。これは単に競技力を追求するのではなく、もっと広い視点からの募集です。今回の『JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問』は“ずっとEnjoy♬ 引退なし”という項目で賛同パートナーに選ばれた、神奈川県横浜市のあざみ野キッカーズを取り上げます。(取材・文 川端暁彦)
 
IMG_9279_s.jpg
大人も子どももグラウンドでプレーすることで“ずっとEnjoy♬引退なし”を実践するあざみ野キッカーズのみなさん
 
【今回訪問したあざみ野キッカーズは以下の賛同パートナーです】
partner_img_01.jpgpartner_img_02.jpg
 

■「大人のチームに入りたい人は、必ず子どものコーチもやる」がルール

クラブの歴史は30年以上前の1983年にまでさかのぼります。同年4月、あざみ野団地の理事であった故・吉原重明さん(当時68歳)の発案で『あざみ野団地サッカー愛好会』が発足しました。まだできたばかりだった団地の広報誌に「みんなでサッカーをやろう」と投稿し、そこに団地へ引っ越してきたサッカー好きたちが続々と応えて集まるようになったとのこと。昼間はボールを蹴って夜は酒を楽しむ会だったそうで、当時を知るクラブの相談役兼コーチの國方徳二さんは「最初は十数人ですし、決して形式張ったものではなかったですよ」と振り返ります。
 
そして、当時は人口の流入が進んで、地域に子どもたちが増えていた時期でもありました。またメンバーの多くは40歳前後だったため、ちょうど小学生の子どもを持つ親が多いという面もあり、翌年には、「子どもたちにサッカーを教えよう、ということになったんです」(國方さん)。
 
IMG_9188_s.jpg
70代とは思えないするどい動きでボールを追いかける國方さん
 
最初は10人少々でギリギリ試合ができるくらいの人数だった子どもたちも、評判を聞いた地域の子どもたちが次々と参加を申し込んだことで、「一時は200人を超える大所帯になりました」(國方さん)。これではコーチの人数が足りないということで、「大人のチームに入りたい人は、必ず子どものコーチもやる。これを私たちのルールにしたんですよ」と國方さんは振り返ります。ここに、大人のエンジョイチームと少年サッカーチームという二つの顔を持った『あざみ野キッカーズ』が誕生することになりました。
 

■休日に何か楽しむことがあるということが大事なんだ

結団当時の志は今も息づいています。子どもに必要経費以外の月謝はなし。「地域の大人として、地域の子どもたちを育成しましょうというのが会則にも書いてある私たちの考え方。コーチはみんなボランティアとしてやっています」(國方さん)。國方さん自身も3つのチームで選手としてプレーしながら、コーチとして子どもたちの指導に当たっています。実際にプレーも拝見しましたが、寄せのスピード、キックの質ともに70歳を超えているとは思えない切れ味です。
 
IMG_9447_s.jpg
あざみ野キッカーズ創設期から選手としてコーチとして関わってきた國方さん
 
「サッカーは人生の生きがい。サッカーをやっているから自分の人生は楽しい。30代からここでやっているものですから、つらいことがあったとしても『土日になれば楽しいサッカーが待っている』と思えるんです。おかげで仕事にも良い影響があったと思っています」
 
國方コーチはそう言って微笑みます。所属していた会社の新人研修でも「休日に何か楽しむことがあるということが大事なんだ。何か一個でいいから、仕事以外の楽しいことを持ってごらん」という説明をして、「自分にとってはそれがサッカーなんだ」と語って聞かせたとのことで、筋金入りの生涯プレーヤーです。
 

■日曜日の午前中に一緒にボールを蹴る仲間がいる

かつての教え子が大人になってから社会人プレーヤーとして戻って来るようにもなるといったサイクルもできつつあり、「それが本当にうれしい」とも言います。70歳の誕生日をクラブで祝ってもらい、子どもたちから贈られたときの写真を見せていただきましたが、「このときはね、本当に幸せを感じましたよ」と何とも素敵な笑顔を浮かべられました。
 
その様子も観ていたJFAの松田グラスルーツ推進部部長は「私もここに来て感動しましたよ。本当に素晴らしいクラブですよね」と言ったうえで、こう続けました。
 
IMG_9541_s.jpg
あざみ野キッカーズの大人たちと一緒にグラウンドで汗を流した松田部長
 
「日曜日の午前中にグラウンドへ足を運べば、一緒にボールを蹴る仲間がいるんです。地域にそういう場があるというのは一つの理想なのではないかと思っています。別に普通の学校のグラウンドを使っているだけで、特別に立派な施設があるわけではないですよね。特段、ハード面で凄いわけではないですが、こういうコミュニティがあることが凄いんです」
 
同時に「正直、ちょっとうらやましいですよ。でもこれは昨日今日のことではなく、30年以上前から続けてきたことの上にあるというのが本当に素晴らしいです」と付け加えて笑顔を浮かべた松田部長はこうも言います。「國方さんのような方がいるのが大きいのだろうと思います。でも逆に言えば、そういう情熱のある方がいれば、(他の地域でも)できる可能性があるということなんです」と。
 
後編では生涯サッカーのためにクラブが実践している試みや、クラブに関わっている方たちに触れてみたいと思います。そこには「できる可能性」のヒントが詰まっているのではないかと思うからです。
 

あなたの身近にいるサッカー少年のために!JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度に登録しよう!

partner_img_00_s.jpg

すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>

 

■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度ってなに?
この制度の目的はJFAが掲げる『JFAグラスルーツ宣言』に賛同し、共に行動していただける団体と仲間になることで、グラスルーツサッカーの環境改善を推進することです。本制度の賛同パートナーになってもらい、その活動の理念や内容が好事例として日本全国に広く伝わり、JFAと同様の考え方で進められている活動であるという理解が深まることを期待しています。また、さまざまな好事例を多くの方々と共有することで、全国により良い環境が広がるきっかけになればと思っています。ぜひ賛同パートナーとなり、グラスルーツサッカーの環境改善にご協力下さい。
 
■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度に申請する2つのメリット
1.あなたの団体・チームの宣言・活動内容等がJFA.jpに掲載されます。
2.松田部長とサカイク編集部が取材に伺うかもしれません。
 
■3つのテーマ
partner_img_01.jpgpartner_img_02.jpgpartner_img_03.jpg
 
今回取材したあざみ野キッカーズは、『ずっとEnjoy!』『みんなPlay!』の賛同パートナーです。
 
■こんな活動をしていると認定してくれる
 
ttl_enjoy_s.jpg
学校卒業、就職、転勤等、人生の節目で「引退」して終わるのではなく、サッカーをやりたい人は、どこにいても気軽にサッカーが継続できるように、子どもからお年寄りまで、生涯にわたってサッカーやスポーツを楽しめる場づくりに取り組む団体(※)を認定します。
 
※指導方法や選手への意識づけという面だけでなく、実際に切れ目なく定期的・継続的にプレーする場を提供している、または今後提供を予定している団体
 
ttl_play_s.jpg
『補欠ゼロ』には、「上手い・下手関係なく、その人のレベルに応じて必ず試合を楽しめるようにしたい」という思いが込められています。レギュレーションによって全員が試合に出られないこともあります。しかし、その試合に出られなくても他の試合でしっかりと出られるようにする等、万年補欠でサッカーを終えることなく、みんなが心からサッカーを楽しむことができるように取り組む団体を認定します。
 
ttl_join_s.jpg
サッカーはみんなのもの。障がいを持つ人も安心してサッカーを楽しめるようになれば、豊かな社会の実現の一助となるでしょう。そのためには、多くの人達が障がいのことを理解し、どうすればみんなが楽しめようになれるかを考え行動することが必要です。「障がいの有る無しに関わらず、サッカーやスポーツを通じて、安心して個性が発揮できる場づくりに取り組む団体を認定します。
 
すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>
 
1
取材・文 川端暁彦

関連記事

関連記事一覧へ

JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問コンテンツ一覧へ(33件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問
  4. 現役バリバリ71歳!あざみ野キッカーズの國方徳二さんが実践する"ずっとEnjoy"の精神