1. サカイク
  2. 連載
  3. サカイクおすすめ!自主練グッズ特集
  4. キックがうまくなるコツは「腕」の使い方。理想的なキックフォームに導くトレーニング

サカイクおすすめ!自主練グッズ特集

キックがうまくなるコツは「腕」の使い方。理想的なキックフォームに導くトレーニング

公開:2022年6月27日

キーワード:JACPA東京ウォーミングアップキックメトリクスフォーム体幹自主練谷真一郎

子どもたちのプレーでよくある悩み。それが「うまくキックができない」です。ボールが飛ばない、狙ったところに蹴ることができない、強いシュートが打てない......。

そこで今回は、東京都の強豪クラブ、JACPA U-10の子どもたちに『メトリクスフォーム』を使った、正しいキックフォームを身につけるためのトレーニングを実施してもらいました。

指導をするのはタニラダーでおなじみ、元日本代表FWの谷真一郎さんです。はたして、子どもたちのキックに変化は生まれたのでしょうか?(取材・文 鈴木智之)

前回:1分でこんなに変わるの!?子どもたちもビックリしたトレーニングマットの効果

 

jacpa202206-02.jpg

キックのトレーニングもできる!
メトリクスフォーム>>

■キック力や精度の向上にも使える「メトリクスフォーム」

50歳を超えてもなお、しなやかな足の振りから、強烈なシュートを放つ谷真一郎さん。タニラダーを使ったアジリティ向上、スピードアップのトレーニングに加えて、キックの指導もしています。

今回、子どもたちのキックフォームを向上させるため、秘密兵器として持参したのが『メトリクスフォーム』です。

『メトリクスフォーム』は、体幹(インナーマッスル)の一部であるローカル筋を活性化させるためのトレーニングマットです。ローカル筋とは背骨に付着した筋肉で、代表的なものに多裂筋、大腰筋、腹横筋、横隔膜、骨盤底筋などがあります。

jacpa202206-13.jpg
メトリクスフォーム

 

体幹筋の中で最も速く活動を開始すると言われていて、ローカル筋が活性化すると、身体の土台・軸の安定、コンタクトプレーの強化、姿勢の安定、怪我防止など、様々なメリットがあります。

今回のテーマは「キック力、キック精度の向上」ということで、キックが苦手な子をピックアップし、メトリクスフォームを使って改善していきます。

■足だけで蹴るのではなく、上半身と下半身のつながりを意識

jacpa202206-09.jpg
まずは対面パスでいつものキックを確認

 

まずは向かい合って対面パスから。ボールに力がうまく伝わっていないのか、緩いキックになってしまっていました。

子どもたちの様子を見た谷さんは、次のようにアドバイスを送ります。

「速いボールを蹴るためには、足のスイングスピードを上げることが大切です。足だけで強く蹴ろうとしても、足の先端のスピードは上がりません。キックの際は全身を使うことがポイントで、ボールを蹴るときも、腕などの上半身を使って足を振ることで、足の先端のスピードが上がります

そう言うと、足だけで蹴るときと、上半身を含む、体全体を使って蹴る時の違いを実演。元日本代表選手だけあり、綺麗なフォームで、スイングスピードの速いキックを見せてくれました。

jacpa202206-10.jpg
谷さんによるお手本のキック

 

腕がうまく使えると、キックがスムーズになります。上半身と下半身のつながりでボールを蹴りましょう。パスを届ける味方が近くにいるときは動きが小さくなり、遠くにいるときは、動きが大きくなります」

ボールは正直なので、力を加えたとおりに飛んでいきます。ボールを飛ばす距離が変わっても、基本的な体の使い方は同じ。あとは足のどこにボールを当てるかを考え、蹴り分けていきます。

ここからはメトリクスフォームに乗り、上半身と下半身を連動させるキックフォームを身につけていきます。谷さんが手本を見せ、子どもたちが真似していきます。

キックのトレーニングもできる!
メトリクスフォーム>>

■周りから見てもはっきりわかるほど、キックの球質が変化

jacpa202206-03.jpg
腕を使いながら自分で一番バランスがとれる振り方をさぐっていく

 

「どのへんに手を上げるとバランスがとれるか、感じながらやってみよう」

子どもたちはメトリクスフォーム上で、上半身と下半身を連動させながら足を振っていきます。1分ほど動きを繰り返し、ローカル筋に刺激を入れるとともに、フォームを身につけたところで、キックに取り掛かります。

谷さんの「力を入れて蹴らなくていいよ。上半身と下半身の連動を意識して、リラックして蹴ろう」というアドバイスのもと、見違えるような球質のキックが、次々に繰り出されていきます。

jacpa202206-12.jpg
チームメイトのキックの変化に見学していた選手たちもビックリ

 

JACPAの鈴木コーチからも「良くなったね!」と声がかかり、見学していた子どもたちからは「いつもあんなに強く蹴れないのにすごい!」など、驚きの声が聞こえてきます。

それを見た子どもたちから、「僕もやりたい!」という声があがり、急遽全員でメトリクスフォームに乗り、正しいキックフォームの練習をすることに。

「大切なのは上半身と下半身の連動。体を弓のようにしならせて、リラックスして蹴るとスイングスピードが上がるよ。メトリクスフォームに乗って足を振ることで、手と足がつながっているかどうかを確認しよう

谷さんのアドバイスとメトリクスフォームの効果で、子どもたちから、力強いキックが放たれていました。

■子ども自身が体の動かし方に目を向けるきっかけに

練習後、さとしくんは「メトリクスフォームに乗って、キックの技術が高まった。インステップで蹴るときに、内側に引っかかってしまう感覚があったけど、ボールの真ん中を蹴れるようになった」と変化を話してくれました。

けいたくんも「最初は力んでいたけど、力を抜いて蹴られるようになった。手を上げて、足を速く振れるようになった」と成長を実感した様子。

JACPA東京U-10の鈴木宏輝コーチも、自らメトリクスフォームを体験し、「こんなにも違うものなのかと驚きました」と目を丸くします。

「自分の体で体験できたのが良かったです。これは、やってみないとわからないですね。子どもたちのキックも変わりました。メトリクスフォームを使うことで、どう体を動かせばいいのか、子ども自身が目を向けるきっかけになったと思います

今後、JACPA U-10ではメトリクスフォームを活用していくそうで、子どもたちのさらなる進化が楽しみです!

キックのトレーニングもできる!
メトリクスフォーム>>

■JACPA東京FCでのトレーニング映像はこちら

1

オリジナルトレーニング動画付きで初心者も簡単!
詳しい情報はこちらから>>

metrixfoam1080-02.jpg

こちらもおすすめ

1分でこんなに変わるの!?子どもたちもビックリしたトレーニングマットの効果
1分でこんなに変わるの!?子どもたちもビックリしたトレーニングマットの効果
2022年6月22日
ジュニア年代のサッカー少年・少女にとって、よくある悩み。それが「足が遅い」「スムーズに動けない」など、スピードアップに関するものです。そんな課題を解決するために、タニラダーでおなじ...続きを読む

サカイク公式LINE
\\友だち募集中//

人気サカイク主催イベントや
お得なサンプリング情報を配信中!
大事な情報を見逃さずにチェック!

友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文/鈴木智之 写真/サカイク編集部

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連記事

関連記事一覧へ

サカイクおすすめ!自主練グッズ特集コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. サカイクおすすめ!自主練グッズ特集
  4. キックがうまくなるコツは「腕」の使い方。理想的なキックフォームに導くトレーニング