1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. あいつにはパス出すな!"選手いじめ"をするコーチ問題

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~

あいつにはパス出すな!"選手いじめ"をするコーチ問題

公開:2019年1月23日

キーワード:いじめコーチスポ少チック症状パワハラ卒団小学生少年団指導者

■子どもを守るための3つのポイント

では、息子さんを守るためにどうするか。
ぜひ、三つの点を軸に、あらためてお子さんときちんと話してください。

1.いま、サッカーは楽しいのか。
2.サッカーは何のためにするのか。
3.このまま卒団したいか、それとも、卒団を待たずに辞めて、週一回のスクールだけにする。もしくは、スクールの回数を増やして、中学生になってからのキャリアにつなげる。


サッカーをするのも、怖いコーチと日々対峙するのも息子さんです。辞めたいと言わないので続けさせている、とありましたが、「辞めていいんだよ」とか「どうしたい?」と尋ねたことはありますか。

子どもですので、もしかしたら「辞める」という選択肢を考えたことさえないのかもしれません。話し合いのなかでは、親御さんもご自分の意見を言っていいと思います。

■じつは子どもの指導現場はパワハラが起きやすい

また、お母さんにわかっていてほしいのは、子どもの指導現場はパワハラが起きやすいという現状です。

shimazawa_column54_01.JPG
子どもの指導現場の方がパワハラが起きやすい ※写真はご質問者様、ご質問内容とは関係ありません

例えば、小学校で教員による児童へのいじめ事件を取材したことがあります。同様に、少年サッカーの指導者による選手いじめもみてきました。

ある少年団の6年生は、コーチからいじめを受けていました。練習試合に行くと常にひとりだけ試合に出してもらえない日が続きました。理由はコーチでもあるその子の父親が、監督さんとサッカーの指導法で意見が合わないからです。

「楽しくサッカーしようなんて親が言ってるから、強い気持ちでプレーできない」などとなじられていました。

でも、御両親は、自分たちの考え方を息子にしっかり話し、中学では同じ考え方のクラブに入ることを決め、息子を励ましながら卒団しました。

その監督さんはその後少しの間過去の卒団生やその親に守られる形でチームにいましたが、そのうちに追い出されてしまいました。

子どもの人権意識が個々によってまだばらつきのある日本では、教える人(先生やコーチ)が、教えられる人(児童生徒や選手)との関係性が決して対等ではありません。

しかしその一方で、サッカーの指導環境はいい方向へと進んではいます。いつか必ず良いコーチにめぐり合えるはずです。

親子とも現実から目をそむけず、何かを学んで、中学校へ進んでください。

DSC_0873_200.jpg
島沢優子(しまざわ・ゆうこ)
スポーツ・教育ジャーナリスト。日本文藝家協会会員(理事推薦)1男1女の母。筑波大学卒業後、英国留学など経て日刊スポーツ新聞社東京本社勤務。1998年よりフリー。『AERA』や『東洋経済オンライン』などで、スポーツ、教育関係等をフィールドに執筆。主に、サッカーを始めスポーツの育成に詳しい。『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実 そして少年は死ぬことに決めた』(朝日新聞出版)『左手一本のシュート 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』『王者の食ノート~スポーツ栄養士虎石真弥、勝利への挑戦』など著書多数。『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(池上正著/いずれも小学館)、錦織圭を育てたコーチの育成術を記した『戦略脳を育てる テニス・グランドスラムへの翼』(柏井正樹著/大修館書店)など企画構成も担当。指導者や保護者向けの講演も多い。
最新刊は、ブラック部活の問題を提起した『部活があぶない』(講談社現代新書)。
前のページ 1  2

あなたが抱えるお悩みに、先輩サッカーママ島沢優子がお答えします! ※記事になります

※ご相談者様のお名前、チーム名等は記事に掲載いたしませんのでご安心ください。

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~コンテンツ一覧へ(71件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. あいつにはパス出すな!"選手いじめ"をするコーチ問題