1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 部活があぶない -ブラック部活から子どもを守るには-

本・書籍

部活があぶない -ブラック部活から子どもを守るには-

2017年6月13日

キーワード:ケガセクハラブラック体罰虐待部活

サカイクで「蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~」を好評連載中の島沢優子さんの新著が発売されます。近年問題となっている「ブラック部活」。その実態と背景に迫り、子どもたちが成長できる指導のあり方など未来を探る本書は、サッカーをやっている子どもを持つ親御さん必読です。
 
shimazawa_book.jpg
 
子どもたちの自主性や人間力を育てる場として、学校教育において年々重要性を増す部活動。ところが、今、児童虐待と化している「ブラック部活」が社会問題となっています。
 
・生涯にわたる後遺症を負わせるサッカー部
・バスケ部内でハーレムを形成するセクハラ顧問
・難聴になるほど練習させる吹奏楽部
など、こうした事例は枚挙にいとまがありません。
 
一方で部活指導に時間を取られ過ぎるために、教師たちも悲鳴を上げています。
 
最初に「ブラック部活」と名付け、警鐘を鳴らした著者が、その実態を徹底取材。日本ラグビーを世界レベルにしたエディ・ジョーンズも、部活に”待った”をかける人物の一人。「子どもたちの育て方を変えなくてはならない」と本書で彼は説きます。
 
エディ・ジョーンズだけではなく、少年サッカーを変えた池上正氏、テニスの錦織圭を育てた柏井正樹氏などへの取材も行い、子ども達が本当に成長できる部活指導のあり方も提示しています。
 
部活が悪いわけじゃない、部活をブラックのままにしていることが悪い。
 
保護者や学校関係者はもちろん、部活の思い出を熱く語る大人にも読んでほしい一冊です。
 
【本書の内容】
プロローグ 部活は誰のもの?
第1章 部活がもたらす効果
第2章 部活のいびつな歴史
第3章 ブラック部活が止まらない
第4章 教師にとってもブラックな部活
第5章 ブラック部活の正体
第6章 ブラック部活から子どもを守る
第7章 部活の未来のために
あとがき
 
発売日:2017年6月15日
出版社:講談社
単行本:ソフトカバー240ページ
価格:760円(税抜)
購入先:全国書店、インターネット書店
 
著者:島沢優子(しまざわ ゆうこ)
フリーライター/日本文藝家協会会員
筑波大学卒業後、英国留学など経て日刊スポーツ新聞社東京本社勤務。1998年よりフリー。主に週刊誌『AERA』やネットニュースで、スポーツ、教育関係等をフィールドに執筆。『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(池上正著/小学館)など池上正氏の書籍のすべての企画構成を担当。サカイクで『蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~』を連載中。
 
島沢優子さんの人気連載記事はこちら
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 部活があぶない -ブラック部活から子どもを守るには-

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ