1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~

小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題

2017年9月21日

キーワード:カーリング・ペアレンツヘリコプター・ペアレンツ過保護過干渉

子どもがサッカーを始めたいと言い出した時、夫婦で意見が違ったらあなたはどうしますか? 今回は、子どもの挑戦を応援したいサッカーパパからのご相談です。「ついていけなくて辛い思いをする」と反対するママに、息子のサッカーを認めてもらうにはどうすればいいでしょうか。
 
自身もサッカー少年少女の母として子育てした経験を持つ、教育・スポーツジャーナリストの島沢優子が、読者の悩みに答える『蹴球子育てのツボ』。今回はママの不安を取り除き、子育て方針を築く秘密の3ステップをアドバイスします。(文:島沢優子)
 
shimazawa_column21.jpg
※写真はジュニアサッカーのイメージです。 質問者及び質問内容とは関係ありません
 
<<大事な試合になると下級生優先で試合に出られない問題
 
<サッカーパパからの相談>
小学4年生の息子がサッカー少年団に入りたいと言うようになりました。
 
2年生の妹がその少年団に入っているのと、クラスメートに誘われているのがきっかけです。本人はスポーツはそれほど出来る方でもないですが、とてもやりたがっています。
 
自分はやらせてあげたいのですが、家内は反対しています。
 
「今から始めても下手で他のお母さん達から悪口言われる」
「本人もついていけなくて辛い思いをする」
これらが理由です。
 
どうやって息子を支援すべきでしょうか。
 
 
<島沢さんのアドバイス>
ご相談いただき、ありがとうございます。
 
なるほど。それは困りましたね。お父さんは「子どもがやりたいことをやらせてあげたい」と思っているのですね。
 
でも、子育てはどんなことも往々にして「ピンチはチャンス」。このように夫婦の意見が分かれたときこそ「わが家の子育て方針」を構築するチャンスです。
 
子どもが小さいときは毎日あわただしく、忙しく過ぎていく。互いに「あれ、それってちょっと違う気が……」と違和感を抱いても「ま、ママがそういうならいいか」とそのままにする。例えば、塾や習い事なども「今からそんなにやらなくても」と思ったけど面倒で言わなかったら、子どもがパンクしてしまった、というパパは少なくありません。
 
そうならないよう、早い時期にきちんと夫婦がすり合わせをした家庭のほうが、子育てはうまくいっているようです。
 

■母親の「心配予測」は子どものためでなく、自身の不安

相談者様のご家庭のように、お父さんはサッカーをやらせたいけれど、お母さんが反対するパターンは、わりとよく見られます。お父さんはサッカー経験者で観るのも好き。でも、お母さんはスポーツ自体に興味がなく、それよりも将来のためにも勉強をちゃんとしてほしいと思っていたりします。
 
しかしながら、ご相談に書かれているお母さんは「勉強してほしい」タイプというより、転ばぬ先の杖を用意したい「カーリングママ」タイプのようです。つまり、子どもが何かする場合に、その都度先を見据えて障壁になりそうなものを排除していく。欧州では、そのような過干渉(もしくは過保護)な親のことを「カーリング・ペアレンツ」と呼ぶそうです。
 
「今から始めても下手で他のお母さん達から悪口言われる(かもしれない)」
「本人もついていけなくて辛い思いをする(かもしれない)」
 
お母さんの言葉は、どちらも最後に「かもしれない」という“心配予測”が込められています。心配予測が起きるのを、子どもを思う愛情からだと本人は思い込んでいますが、実は親自身の「不安」でしかありません。
 
ただし、このお母さんも、もしかしたらご自分の母親から「こうなるかもしれないよ」「絶対うまくいかないからやめたほうがいいかもしれないよ」と「かもしれない」を言われ、行動を制限されてきたのかもしれません。が、本人が「言われたようにやってよかった」と感じているので、行動を制限されたというよりも「お母さんの言うことをきいて良かった」という感謝の気持ちに昇華しているとも考えられます。
 

次ページ:ママの不安除去&子どもの成長サポート 秘密の3ステップ


あなたが抱えるお悩みに、先輩サッカーママ島沢優子がお答えします!

※相談の文言をご紹介させていただくこともあります。その際はプライバシーには配慮します。

1  2
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~コンテンツ一覧へ(22件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ