1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~

9歳でなぜサッカーやめたいのか問題

2017年4月19日

キーワード:コーチサッカーをやめる母親

サッカーが大好きなはずのわが子が突然「やめたい」と言い出し、青天の霹靂のできごとに動揺を隠せないサッカーママ。同じクラブにきょうだいが所属していることもあり、親としては辞めさせたくないと思っているそうですが……。
 
自身もサッカー少年少女の母として子育てした経験を持つ、教育・スポーツジャーナリストの島沢優子が、読者の悩みに答える『蹴球子育てのツボ』。今回は前触れなく「やめたい」と言い出したわが子への接し方についてお答えします。(文 島沢優子)
 
shimazawa_column11.jpg.jpg
 
<<負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
 
<サッカーママからの相談>
わが子は数日前まで何事もなく、楽しくサッカーをやっていました。
 
サッカーが年少さんの頃から大好きでリフティングも2000回弱頑張ってできるようになりました。試合でも点入れることもできるようになってきた矢先、急に「サッカーをやめたい」と言いだして……。
 
聞けば「サッカーをやりたくない」「コーチがいやだ」とのこと。親としては、兄と姉が同じチームでやっているのでやめさせたくないし、これからの活躍を応援していきたいです。
 
母子家庭なので私が話し聞かせるしかできないですし、子どもの祖父母に相談しても「やめさせな」と言われるのが目に見えるため相談する気はありません。実際、どう接していいのか、何を言えばいいのか悩んで悩んで涙が出てきました。アドバイスがほしくて相談しました。
 

■「やめたい」理由をくわしく聞いてあげる

お話の感じだと、3番目で、もしかしたら末っ子さんでしょうか。女手ひとつで頑張っているお母さんにとっては、とても可愛い存在でしょう。上の息子さんや娘さんも同じところでサッカーをしているのであれば、お母さん自身も愛着のあるクラブに違いありませんね。そのうえ、子どもたちの居場所がひとつにまとまっているわけなので、知り合いも多くかかわりやすいことでしょう。
 
アドバイスは二つあります。
 
第一に、息子さんにやめたい理由をもっと詳しく尋ねてみましょう。「サッカーをやりたくない」と話していますね。あんなに好きだった(お母さんからは好きなように見えた)サッカーをどうして嫌になったのか? そこをもっと詳しく訊いてあげることです。
 
もしかしたら、何か悩んでいるのかもしれません。もしくは、お兄さんやお姉さんとサッカーの能力を誰かに比べられてしまい、プライドが傷ついたのかもしれない。そして、この理由は「コーチがいやだ」という発言に集約されているようです。
 
お母さんからみて、どんなサッカークラブですか? コーチはみなさん、子どもがサッカーを好きになることを第一に考えてくれていますか? 目の前の試合に勝つことばかり考えて、うまい子ばかり試合に出したり、練習や試合で指示や命令ばかりしたり、時には怒鳴ったりしていませんか? その際に「お兄さんがおまえの年齢のときはこのくらいできた」などと言われたりはしていないでしょうか?
 
よって、コーチのことも、なぜ嫌なのかを尋ねてみましょう。お母さんが、コーチの方々と良好な関係を築いていればいるほど、息子さんはそれを見て知っているため、不満を言いづらくなります。
 

■まずは子どもの絶対的な味方である姿勢を示す

そのため、まずは「お母さんは、何があっても○○(お子さんの名前)の味方だよ。ちゃんと○○の大好きだったサッカーのことを一緒に考えたいから、お話ししてくれるかな?」と話してください。
 
そこから理由を聞き出すことです。
 
「コーチが嫌だって言ってたよね? 何か嫌なことを言われたの?」
「コーチのどんなところが嫌なの?」
「いつから、そういう気持ちになったの? 何がきっかけなのかな?」
 
そんなことをゆっくり訊いてください。自宅で、できれば兄や姉のいないときに、落ち着いて話をしてください。まだ一緒にお風呂に入るようなら、お風呂で聞いてもよいでしょう。
 
とにかく答えを急かさず、丁寧に聞いてあげます。もし口をつぐんだりしても「ハッキリ言いなさい!」などと叱ってはいけません。
 
「そうなんだ。じゃあ、言ってもいいかなと思えるようになったら、聞かせてね」
 
そう言って、次の機会を待ちます。翌々日くらいに、もう一度「コーチのこと、聞かせてくれないかな?」と尋ねます。その間、練習や試合に行きたくないと言えば、コーチに「ちょっとサッカーに前向きになれないみたいなので」と話して、お休みさせてもらえばよいでしょう。
 
本人から具体的に聞いていないのに「うちの子がコーチがいやだと言ってます。何があったんですか?」などと詰問するのは、よろしくありません。子どもときちんと対話ができ、具体的な理由がわかってから、コーチに相談したほうがいいでしょう。
 
また、本人がなかなか話をしないなら、同じクラブにいる兄や姉に、何か知らないか聞いてください。もしくは「どうして弟がやめたがっているのか」について、どう思うか、彼らの考えや印象を聞いておくのです。
 

次ページ:なぜわが子にサッカーをさせているのか


あなたが抱えるお悩みに、先輩サッカーママ島沢優子がお答えします!

※相談の文言をご紹介させていただくこともあります。その際はプライバシーには配慮します。

1  2
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~コンテンツ一覧へ(22件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  4. 静学サッカー部のドリブルを盗め!テクニシャンが好む軸足裏どおし
    2015年12月 4日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  8. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     
  9. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  10. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日

一覧へ