1. トップ
  2. 最新記事

最新記事

「日本初のサッカーを通した教育がテーマの少年サッカー(ジュニアサッカー)保護者向け情報サイト」サカイクの最新記事はこちら。

全 3083 記事

まだ間に合う!サッカーキッズにおすすめクリスマスプレゼント特集
まだ間に合う!サッカーキッズにおすすめクリスマスプレゼント特集
2017年12月16日
今年のお子さんへのクリスマスプレゼント、「まだ決めてない!」「まだ買いに行っていない!」というお父さん、お母さんへ!サッカーの上達に役立つオリジナルグッズを販売する「イースリーショ...続きを読む
【2月3連休開催】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
【2月3連休開催】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
2017年12月16日
試合中の一歩目が速くなる!!!一瞬の動きが大事になるサッカーの試合で効果を発揮するタニラダーサカイクの人気講習会「タニラダー講習会」2月の講習会日程が決定いたしました。12月は、西...続きを読む
大好きなサッカーを通しての学習だから自然に覚える! 親子で遊びながら世界を学ぼう
大好きなサッカーを通しての学習だから自然に覚える! 親子で遊びながら世界を学...
2017年12月15日
「サッカーに夢中なのはいいことだけど、勉強に身が入らない息子の将来が心配だ。どうすればいいの?」そのような悩みを抱えるサッカー少年少女のお父さんお母さんは、少なくないのではないでし...続きを読む
ネガティブ思考は悪いことばかりではなかった!?準備の質を高めるために知っておきたい考え方のポイント
ネガティブ思考は悪いことばかりではなかった!?準備の質を高めるために知ってお...
2017年12月15日
サッカーの試合だけでなく、日常生活においても、どんな時でも慌てない、というのはとても難しいことです。しかし、想定外のことを想定内にすることは事前に準備することでできるのです。その方...続きを読む
指導者は子どもとどのように向き合うべきなのか?「池上カップ」に参加したコーチ陣が感じたこと。
指導者は子どもとどのように向き合うべきなのか?「池上カップ」に参加したコーチ...
2017年12月15日
池上正コーチとサカイクの共同イベントとして京都府宇治市で開催された「池上カップ~離れて見守ろう。~」は、参加者に多くの気付きがありました。特に、子どもたち以上にこの大会を「学びの場...続きを読む
第一線から退いてもサッカーができる「受け皿」に。地域クラブ・藤岡キッカーズが目指す誰でもプレーできる環境づくり
第一線から退いてもサッカーができる「受け皿」に。地域クラブ・藤岡キッカーズが...
2017年12月14日
日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部の松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪ね歩くこの連載。今回、訪れたのは群馬県藤岡市にある、50年以上の歴史を持つ蹴球団藤岡キッカ...続きを読む
小学生で覚えておきたい! サッカーの技術を向上させる「良い姿勢」と「身体の使い方」まとめ
小学生で覚えておきたい! サッカーの技術を向上させる「良い姿勢」と「身体の使...
2017年12月14日
サッカーの技術を向上させる「良い姿勢」と「身体の使い方」とは?サッカーに限らず、スポーツの技術向上において「良い姿勢」と正しい「身体の使い方」は非常に重要な要素です。もし、あなたの...続きを読む
コーチから説明もなくBチームに突然落とされた息子が心配だ問題
コーチから説明もなくBチームに突然落とされた息子が心配だ問題
2017年12月13日
地域のサッカークラブでAチームとして試合に出ていたのに、ある日突然Bチームに。子どもが直接理由を聞いても教えてくれないコーチの姿勢に親としても不信感を抱いてしまう。このような時、シ...続きを読む
猫背気味の子どもは特に取り入れよう!オスグッドを防ぐ2つのトレーニング
猫背気味の子どもは特に取り入れよう!オスグッドを防ぐ2つのトレーニング
2017年12月13日
小学生から高校生の間は身長が伸びる時期です。成長期のお子さんの中には、過度なトレーニングによってヒザを痛めてしまうことがあります。では、ヒザ痛を予防するために、どうすれば良いのでし...続きを読む
どうして上手い子はいつもフリーなの? 「相手のマークを外す」コツが学べる記事5選
どうして上手い子はいつもフリーなの? 「相手のマークを外す」コツが学べる記事...
2017年12月13日
上手い子は行っている「相手のマークを外す動き」とは?子どものサッカーの試合を見ていると、上手な子はいつもフリー(相手のマークが付いていない状況)でボールを受けていることに気付きませ...続きを読む
「ゴールまでの逆算」 鹿島を世界2位に導いた名将・石井正忠監督が語る、伸びる選手が備えているスキル
「ゴールまでの逆算」 鹿島を世界2位に導いた名将・石井正忠監督が語る、伸びる...
2017年12月12日
2016年のFIFAクラブワールドカップ決勝であのレアル・マドリードに対して善戦を繰り広げ、世界2位に導いた石井正忠監督。鹿島アントラーズのユースのコーチ、トップチーム監督を経て、...続きを読む
【12~3月開催】「パパママトレーナー」講座~がんばるわが子に10分ケア~
【12~3月開催】「パパママトレーナー」講座~がんばるわが子に10分ケア~
2017年12月12日
【12月13日追記】3月関東での開催情報を更新しました!子どもたちにとって最も身近な存在であるパパママがコンディショニングトレーナーになれる「パパママトレーナー」講座を開催します!...続きを読む
「守備のレベルが上がれば、攻撃のレベルが上がる」ポジションごとに身に付けるべき守備戦術
「守備のレベルが上がれば、攻撃のレベルが上がる」ポジションごとに身に付けるべ...
2017年12月12日
スペイン・バルセロナを拠点に、世界中のクラブ、選手の指導&コンサルティングを行っているサッカーサービス。 世界中で指導を行ってきた彼らだからこそ語れる、日本サッカーの課題である「守...続きを読む
『周りが何をやっているか?』その好奇心が選手としての成長をもたらす。中村航輔選手からU-12世代の選手たちへのメッセージ
『周りが何をやっているか?』その好奇心が選手としての成長をもたらす。中村航輔...
2017年12月11日
2017年度のJリーグベストイレブンに選ばれるなど、クラブだけでなく日本を代表する若手GKの一人として注目を集める中村航輔選手。1回目の記事では子どもの頃のエピソードやプロになって...続きを読む
なかなか寝ない子どもと根競べ、直前のリクエスト変更、隠し場所etc クリスマスプレゼントの"あるある" エピソード2017
なかなか寝ない子どもと根競べ、直前のリクエスト変更、隠し場所etc クリスマ...
2017年12月11日
もうすぐクリスマスですが、みなさんお子さんへのクリスマスプレゼントはご用意しましたか? サカイクでは、みなさんのクリスマスにまつわるエピソードを募集しました。いただいたアンケートの...続きを読む
中村憲剛のように正確なパスとトラップを極めたいなら!読んでおきたい記事6選
中村憲剛のように正確なパスとトラップを極めたいなら!読んでおきたい記事6選
2017年12月10日
「止める・蹴る」を徹底的にこだわった中村憲剛シルバーコレクターと言われながらも遂にJリーグ初優勝を遂げた川崎フロンターレの中村憲剛選手。優勝の瞬間の涙は多くの感動を呼びました。37...続きを読む
ハリルも注目する大島僚太がテクニックを磨いた、静岡学園サッカー部のドリブル&リフティングトレーニングまとめ
ハリルも注目する大島僚太がテクニックを磨いた、静岡学園サッカー部のドリブル&...
2017年12月 9日
大島僚太も個人技を磨いた静学トレーニング 12月9日に開幕する東アジアE-1選手権。その日本代表の10番を背負うのが川崎フロンターレの大島僚太選手です。168cmと決して恵まれた体...続きを読む
ゆるい指導なのに強い大豆戸FCが支持される理由は「持続可能なクラブマネージメント」
ゆるい指導なのに強い大豆戸FCが支持される理由は「持続可能なクラブマネージメ...
2017年12月 8日
読者のみなさんはご存知のように、サカイクの連載コラム『蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~』を執筆している島沢優子さんは、少年サッカーのカリスマ指導者と言われる池上...続きを読む
「指導者いらずのボール」で正しいボールコントロールが自然に身につく! 正確なキックのために参考にしたい記事
「指導者いらずのボール」で正しいボールコントロールが自然に身につく! 正確な...
2017年12月 8日
本物のボールコントロールを身につけるために「ボールコントロール」とは、狙ったところに正確に蹴ることができる技術のことです。最近は軽くてよく飛ぶボールが人気ですが、そういったボールの...続きを読む
【1月25日大阪開催】ドイツ式「"ガッカリ"スイッチを押さない方法」セミナー
【1月25日大阪開催】ドイツ式「"ガッカリ"スイッチを押さない方法」セミナー
2017年12月 8日
お父さんコーチのためのドイツ式「"ガッカリ"スイッチを押さない方法」トレーニングよりも前提にある「選手との向き合い方とは?」「コーチングとは何か?」池上正氏、中野吉之伴氏よりドイツ...続きを読む
日本代表にOB3人が同時招集! 練習を100分しかしない大津高校の「ストロングポイントを磨く」指導法
日本代表にOB3人が同時招集! 練習を100分しかしない大津高校の「ストロン...
2017年12月 7日
去る11月29日、東アジア選手権を戦う日本代表メンバーが発表されました。中でも注目を集めたのが、熊本県立大津高校出身の選手が同時に3人も選ばれたことでした。鹿島アントラーズの植田直...続きを読む
試合後の食卓が「反省会」になっていませんか?子どもが前向きになる食卓づくりのヒントとは?
試合後の食卓が「反省会」になっていませんか?子どもが前向きになる食卓づくりの...
2017年12月 7日
1日3食。私たちは食事をします。親子で食事をしているとき、みなさんはどんな話をしていますか?今は家族とのコミュニケーションによって安心感や満足感を体験させることが子どもの発達につな...続きを読む
ウチの子は大丈夫? 足裏の状態がサッカーのパフォーマンス低下や怪我の原因に!
ウチの子は大丈夫? 足裏の状態がサッカーのパフォーマンス低下や怪我の原因に!
2017年12月 7日
去る10月17日にFC東京のトップチームの選手を対象とした足型計測会が開催されました。計測会には森重真人選手や、丸山祐市選手、髙萩洋次郎選手などトップチームの選手たちが20名以上参...続きを読む
間食は悪いことばかりじゃない!?上手に付き合って試合で負けないスタミナを維持しよう!
間食は悪いことばかりじゃない!?上手に付き合って試合で負けないスタミナを維持...
2017年12月 6日
サッカーをする子どもにとって、食事はトレーニングと同じぐらい大切なもの。なかでも、練習でダメージを受けた筋肉を修復したり、免疫力の低下を防ぐために、たんぱく質が欠かせません。実は、...続きを読む
子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(2)
子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への...
2017年12月 6日
前回は、サッカーの現場で暴力行為を発見したときの対処や、暴力根絶宣言から約4年経った現在の報告件数、ウェルフェアオフィサーの取り組みなどをお伝えしました。日本サッカー協会(JFA)...続きを読む
U-13年代で学ぶべき守備のトレーニングコンセプト
U-13年代で学ぶべき守備のトレーニングコンセプト
2017年12月 5日
スペイン・バルセロナを拠点に、世界中のクラブ、選手の指導&コンサルティングを行っているサッカーサービス。 世界中で指導を行ってきた彼らだからこそ語れる、日本サッカーの課題である「守...続きを読む
サッカーをもっともっと楽しめるように。「池上カップ」を通して、池上正コーチが伝えたかったこと。
サッカーをもっともっと楽しめるように。「池上カップ」を通して、池上正コーチが...
2017年12月 5日
9月23日(土)に、池上正コーチとサカイクの共同イベント「池上カップ~離れて見守ろう。~」が京都府宇治市の山城運動公園で開催されました。小学生を対象としたこの大会は、サカイクで「あ...続きを読む
スーパーセーブをもたらす瞬発力の秘訣とは?柏レイソル:中村航輔選手インタビュー
スーパーセーブをもたらす瞬発力の秘訣とは?柏レイソル:中村航輔選手インタビュ...
2017年12月 4日
鋭い反応を武器に、数多くのスーパーセーブを連発する中村航輔選手。今年は日本代表にも選出され、次世代を担う若手GKの一人として注目を集めています。筋肉を落とさないために食事の回数を増...続きを読む
スパルタではない"厳しさ"で選手を強くする。石井正忠監督が考える「子どもを伸ばす大人の接し方」とは?
スパルタではない"厳しさ"で選手を強くする。石井正忠監督が考える「子どもを伸...
2017年12月 4日
親であれば、子どもが一人の人間として成長してほしい、自分の夢を叶えてほしいと願うのは当然のことです。ただ一方で、行き過ぎた関わり合いの結果、適切なサポートを超えて、逆に子どもを縛り...続きを読む
GKは表裏のある子の方が向いている!?  浦和レッズ・西川周作のゴールキーパー論
GKは表裏のある子の方が向いている!?  浦和レッズ・西川周作のゴールキーパ...
2017年12月 1日
浦和レッズの西川周作選手は、サッカーを始めた時からGKだったわけではありませんでした。前回はGKをやることになったキッカケや親御さんの接し方など小学生時代のお話を伺いましたが、後編...続きを読む

全 3083 記事

  1. トップ
  2. 最新記事