1. サカイク
  2. 最新記事

最新記事

「日本初のサッカーを通した教育がテーマの少年サッカー(ジュニアサッカー)保護者向け情報サイト」サカイクの最新記事はこちら。

全 3001 記事

ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞...
2017年10月17日
少年サッカーシーンにおいても、近年はフィジカルトレーニングを行うチームは少なくありません。「より速く」「より強く」を目的に、いわゆる体幹トレーニングを練習メニューに取り入れているチ...続きを読む
足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POL...
2017年10月17日
サッカーは激しいスポーツ。ときには予期せぬケガに見舞われてしまうこともあります。なかでも足首はケガをしやすく、ねんざをしてしまうと数週間はボールを蹴ることができなくなるので、気をつ...続きを読む
【関東/関西/東海/中国/四国 10~12月開催】がんばるわが子に10分ケア「パパママトレーナー」講座
【関東/関西/東海/中国/四国 10~12月開催】がんばるわが子に10分ケア...
2017年10月17日
【9月27日追記】12月関東での開催情報を更新しました!子どもたちにとって最も身近な存在であるパパママがコンディショニングトレーナーになれる「パパママトレーナー」講座を開催します!...続きを読む
言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"...
2017年10月16日
前回は、憧れのJリーガーになりながらも2年で引退した理由、プロになる前に身につけておいた方がいいスキルなどについてご紹介しました。後編では、セカンドキャリアを意識したスポーツを通じ...続きを読む
キミの夢が、いつか日本の夢になる。
キミの夢が、いつか日本の夢になる。
2017年10月16日
日本の将来を担う子どもたちが、日本一を目指して全力で競う全日本少年サッカー大会が、今年もいよいよ本格始動!!日清オイリオは、食事・栄養サポートを通じて頑張る子どもたちを応援していま...続きを読む
自分の行動に責任を生むキーワード「自分はどう思う?」で、考えて動く力を育てよう
自分の行動に責任を生むキーワード「自分はどう思う?」で、考えて動く力を育てよ...
2017年10月13日
「サンガつながり隊」でプログラムを実施する際、まだ説明している途中なのに数人の子どもたちが勝手に始めてしまうことがあります。そうなると、他の子の多くも後に続いてしまう......。...続きを読む
FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
2017年10月13日
憧れのJリーガーになりながら、わずか2年で、そのキャリアは終焉を迎えてしまう。なぜ、彼はプロ選手としてあり続けられなかったのか。かつてFC東京に所属し、現在は渡米・留学サポート業を...続きを読む
子どもの発想や考える力を引き出すために。ダメだしではなく、ポジティブな応援をしよう
子どもの発想や考える力を引き出すために。ダメだしではなく、ポジティブな応援を...
2017年10月12日
サカイクがまとめた親の心得、10か条のひとつである「今日の結果ではなく、子どもの未来に目を向けよう」。前編ではスポーツを続けることの大切さと、親と子どもの正しい関係性についてスポー...続きを読む
ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす...
2017年10月11日
サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス「行け行け!」「パス!」「そこだ!シュート」「なにやってんだ」 日本でもよく聞く、保護者の方のサイドコーチング。サッカーのため...続きを読む
ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
2017年10月11日
「サッカーチームでゴールキーパーを務める息子(娘)。親としてなにか力になってやりたいと思うのですが、どんな練習をすればいいかわかりません。」 こんな悩みをお持ちの親御さん、意外と多...続きを読む
ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する...
2017年10月11日
J3のSC相模原で監督を務める安永聡太郎さんは、5人のお子さんのパパでもあります。子育てで重要なことは「自らの意見を発し、ディスカッション(討議、自分の意見を述べる)をする」ことだ...続きを読む
"今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
"今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならない...
2017年10月10日
前回は、つくばFCのクラブづくりを例に挙げながら、「子どもがサッカーばかにならないために親が意識したいこと」を考えていきました。そして、子どもを持つお父さんやお母さんは、子どもの将...続きを読む
いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記...
2017年10月 6日
いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」いつ近寄り、ボールを奪うのか。 ボールから遠い位置にいるときの守備の動き方、ポジショニングで気を付けることは? 世界...続きを読む
【10月29日:関西開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
【10月29日:関西開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
2017年10月 6日
【2017年10月6日更新】7~9日のタニラダー講習会は募集締切ました試合中の一歩目が速くなる!!!一瞬の動きが大事になるサッカーの試合で効果を発揮するタニラダー サカイクの人気講...続きを読む
多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
2017年10月 5日
来年のFIFAワールドカップロシア大会出場を決めたサッカー日本代表は、10月6日、10日に行われる『キリンチャレンジカップ2017』でニュージーランド、ハイチと対戦します。今回発表...続きを読む
なぜバイエルンMFは瞬時にプレーを変更できたのか? ドイツが実践する判断力を高める指導法
なぜバイエルンMFは瞬時にプレーを変更できたのか? ドイツが実践する判断力を...
2017年10月 5日
今年7月にドイツサッカー連盟とドイツプロコーチ協会共催で行われた国際コーチ会議にて、チュービンゲン大学スポーツ心理学オリバー・ヘーナー教授が「サッカー選手に必要な認知能力」というテ...続きを読む
子どもが夢中でサッカーを楽しむために 親が取るべきスタンスとは?
子どもが夢中でサッカーを楽しむために 親が取るべきスタンスとは?
2017年10月 4日
お父さんやお母さんに大切にしてほしい“親の心得”をサカイク10か条。前回は、JFAの指導者養成インストラクターを務め、キッズプロジェクトメンバーとして育成に...続きを読む
「ほめると伸びる」は正しくない!? 子どもが自ら工夫や挑戦をし始める自信の育て方
「ほめると伸びる」は正しくない!? 子どもが自ら工夫や挑戦をし始める自信の育...
2017年10月 3日
「内発的なやる気」を導き出すことが、自信を得るための近道であることは、前編でも触れました。やらされるのではなく、主体的に動くことが重要であることは間違いありません。 しかし、はじめ...続きを読む
お弁当は大きさもポイント! 身体が大きくなるのを助ける「あと1品」の選び方
お弁当は大きさもポイント! 身体が大きくなるのを助ける「あと1品」の選び方
2017年10月 2日
旬の野菜や果物を急速冷凍して製造する「冷凍食材」の栄養価や保存期限についてご紹介した前編に続き、今回は調理加工済みの「冷凍食品」についてお伝えします。 最近はレストランで食べるよう...続きを読む
スペースを使う意識を高めたい。ボールがないときの動きを身につける練習はある?
スペースを使う意識を高めたい。ボールがないときの動きを身につける練習はある?
2017年9月29日
ボールが無いところの動きを身につけさせる時、みなさんはどのように指導しているでしょうか。今回は女子中高生にスペースを意識した動きを身につけさせたいコーチからご相談をいただきました。...続きを読む
「旬の栄養価がギュッ」だから成長の強い味方! 積極的に活用したい冷凍食品とは
「旬の栄養価がギュッ」だから成長の強い味方! 積極的に活用したい冷凍食品とは
2017年9月28日
みなさんはご家庭で冷凍食品を使用することはありますか? 家事に育児に仕事にと忙しい親御さんの味方となる便利な食材ですが、中には「冷凍食は食品添加物がたくさん入っていて体に悪い」とい...続きを読む
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!膝パットと肘パットで擦り傷を防ごう
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!膝パットと肘パットで擦り...
2017年9月27日
■ゴールキーパーを辞めたい理由で多い「痛いから嫌だ」「痛いから嫌だ」 小学生のころは、そういってゴールキーパーを辞めてしまうケースが少なくないそうです。とくにセービングを多用すると...続きを読む
ワールドチャレンジフォトギャラリー1日目①
ワールドチャレンジフォトギャラリー1日目①
2017年9月27日
8月下旬に行われた「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017」の写真をアップしていきます!続きを読む
子どもより自分がモヤモヤ...。 勝ち負けの楽しみがない少人数クラブに残るべきか迷う問題
子どもより自分がモヤモヤ...。 勝ち負けの楽しみがない少人数クラブに残るべ...
2017年9月27日
少人数で年齢もバラバラ、毎回負けるチーム。わが子は楽しそうにやっているけれど、勝負で得る嬉しさや悔しさを知ってほしくて「このままチームに居続けていいのか」と親の方がモヤモヤしている...続きを読む
香川真司らプロも活用! スパイクがぴったりフィットすれば、サッカーがもっと上手くなる
香川真司らプロも活用! スパイクがぴったりフィットすれば、サッカーがもっと上...
2017年9月27日
全国にサッカーグッズのショップを展開しているサッカーショップKAMO原宿店の地下1階に、新たにジュニア・キッズ専門のフロアが出来たのをご存知でしょうか? 2017年9月15日にオー...続きを読む
【10月29日大阪開催:参加募集】UMBRO×サカイクカップ!
【10月29日大阪開催:参加募集】UMBRO×サカイクカップ!
2017年9月27日
10月29日(日)に明治安田生命J1リーグ「ガンバ大阪 vs ベガルタ仙台」の試合前に吹田スタジアム横「OFA万博フットボールセンター」にてジュニアフットサル大会、親子ミックスフッ...続きを読む
メッシみたいに速くドリブルをするコツは? 個人技の基本「ドリブル」のスキルUPにおすすめの記事
メッシみたいに速くドリブルをするコツは? 個人技の基本「ドリブル」のスキルU...
2017年9月26日
個人技の基本「ドリブル」を磨くのにおすすめの記事サッカーをする人の多くが持つ悩み。スピード不足。 メッシやクリスティアーノ・ロナウド、ネイマールのように速くて切れ味の鋭いドリブルは...続きを読む
FC千代田が提供する、部活でもクラブチームでもない「サッカーをする場所」とは
FC千代田が提供する、部活でもクラブチームでもない「サッカーをする場所」とは
2017年9月26日
日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部の松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪ね歩くこの連載。今回、訪れたのは千代田区サッカー協会です。クラブではなく協会単位でJFAグ...続きを読む
【関東会場】サカイクキャンプ2017冬
【関東会場】サカイクキャンプ2017冬
2017年9月26日
冬休みに行うサカイクキャンプは『通常キャンプ』と昨年も行った『日テレ・ベレーザ×サカイク ガールズサッカーキャンプ』を開催します!この機会に、以前ご参加頂いた選手はもちろん、初めて...続きを読む
【1/4~1/6】サカイクキャンプ2017冬in箱根 開催
【1/4~1/6】サカイクキャンプ2017冬in箱根 開催
2017年9月25日
今年の冬休みもサカイクキャンプを開催します!以前ご参加頂いた選手はもちろん、初めて参加の選手も大歓迎!皆様のお申し込みお待ちしております!!※今冬は小学1~3年生対応のチャレンジキ...続きを読む
【12/26~12/28】サカイクキャンプ2017冬in大阪 開催
【12/26~12/28】サカイクキャンプ2017冬in大阪 開催
2017年9月25日
今年も冬休みにサカイクキャンプを開催します!以前ご参加頂いた選手はもちろん、初めて参加の選手も大歓迎!皆様のお申し込みお待ちしております!!※今冬は小学1~3年生対応のチャレンジキ...続きを読む
【12/26~28】日テレ・ベレーザ×サカイク ガールズサッカーキャンプ
【12/26~28】日テレ・ベレーザ×サカイク ガールズサッカーキャンプ
2017年9月25日
【追記】先日行われた2017年度プレナスなでしこリーグ/プレナスチャレンジリーグ表彰式では、今回のスペシャルコーチを務める中里優選手がベストイレブンに選ばれました!★通常キャンプ(...続きを読む
「やったことが無いからイヤだ」を克服 自分で乗り越える力を身につけさせる方法
「やったことが無いからイヤだ」を克服 自分で乗り越える力を身につけさせる方法
2017年9月25日
小学校で「サンガつながり隊」の活動中に、何かのプログラムを実施していると、「やったことがないから、やりたくない」という子が必ず何人かいます。 今、「やってもできなければ恥ずかしい」...続きを読む
練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ...
2017年9月22日
みなさんのチームの子どもたちは、練習や試合で大きな声を出してプレーしていますか? 今回ご相談いただいたのは、大人しい小6の子どもたちを指導するコーチ。「5年生の時に1年間色々やって...続きを読む
小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
2017年9月21日
子どもがサッカーを始めたいと言い出した時、夫婦で意見が違ったらあなたはどうしますか? 今回は、子どもの挑戦を応援したいサッカーパパからのご相談です。「ついていけなくて辛い思いをする...続きを読む
グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
2017年9月20日
日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部の松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪ね歩くこの連載。今回、訪れたのは千代田区サッカー協会です。 クラブではなく協会単位でJFA...続きを読む
子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への...
2017年9月19日
子どもたちにはサッカーを楽しんでほしい。親ならだれもがそう思っています。それと同時に“勝ってほしい”“うまくなってほしい”とも。その...続きを読む
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から...
2017年9月15日
■ゴールキーパーを辞めたい理由で多い「痛いから嫌だ」小学生年代の子どもがゴールキーパーを辞めたいと思う理由のひとつに、「痛いから嫌だ」という意見があるそうです。必死の形相で襲いかか...続きを読む
楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればい...
2017年9月15日
日本サッカー協会(以降JFA)の指導者ライセンスには、プロ選手の指導ができると同時 に、日本の指導者のリーダーとなる人材を育成することを目的としたS級を頂点に、A・B・C・D級とあ...続きを読む
足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティン...
2017年9月14日
一人で簡単にできる練習メニューの代表格、リフティング。前回は個人技指導のスペシャリストとして知られるフリーのプロサッカーコーチ、三木利章さんにリフティングで意識したい基礎のポイント...続きを読む
誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
2017年9月13日
「自己中心的な子には、どう指導すればいいですかね?」。ある日、指導者の方からこんな質問を受けました。 詳しく聞いてみると、その子はラインを割ったボールを全部マイボールと主張したり、...続きを読む
育成大国オランダがジュニア年代から5号球を使う理由【PR】
育成大国オランダがジュニア年代から5号球を使う理由【PR】
2017年9月13日
サッカーを始めるときに最初に揃えるのがスパイクとボール。スパイクについては、サイズや機能などを細かくチェックするという方も多いですが、ボールについては、当然のようにジュニア年代は4...続きを読む
その褒め方、選手にちゃんと響いてる? 子どもたちが伸び伸びプレーする「声かけ」とは
その褒め方、選手にちゃんと響いてる? 子どもたちが伸び伸びプレーする「声かけ...
2017年9月12日
選手と監督とでは一つ一つのプレーに対して、異なった評価や解釈をすることが普通だと考えられます。ピッチ内での様々なプレッシャーがある中で見えている景色と、ピッチ外から俯瞰的に見える景...続きを読む
パスタは和食のデメリットを解消!? 体を大きくするためにパスタがおすすめな理由
パスタは和食のデメリットを解消!? 体を大きくするためにパスタがおすすめな理...
2017年9月11日
前回は、子どもがパスタを食べるメリットから、血糖値を上げない食生活の大切さをお伝えしました。 後編では、血糖値以外のパスタの栄養的メリットや調理のポイントなどを、引き続き元日本オリ...続きを読む
アーセナルFCが日本に残した「知られざる足跡」から見えた、世界との差を埋めるヒント
アーセナルFCが日本に残した「知られざる足跡」から見えた、世界との差を埋める...
2017年9月11日
今年も日本の選手たちに“世界”を体感させてくれたU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ。大会はバルセロナFCの連覇で幕を閉じましたが、勝敗やピッチの中だ...続きを読む
身体の使い方と判断で速くなる! 運動能力を高めるトレーニング
身体の使い方と判断で速くなる! 運動能力を高めるトレーニング
2017年9月 8日
身体の使い方と状況判断のスピードアップで今より速くなる速く走りたい、イメージ通りに身体を動かせたらもっと上手くなるのに、と内心思っている子どももいますよね。応援している親御さんにも...続きを読む
回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
2017年9月 8日
個人技術を身につける練習といえば、皆さんはどんな練習を思い浮かべますか? 短い時間でも、わずかなスペースでもできることから、リフティングを浮かべる人はたくさんいると思います。手軽に...続きを読む
「どう思う?」の問いかけがカギ! Jクラブの監督であり5児の父である安永総太郎の子育て論
「どう思う?」の問いかけがカギ! Jクラブの監督であり5児の父である安永総太...
2017年9月 7日
現役時代は横浜F・マリノスや清水エスパルスで活躍した安永聡太郎さん。リーガ・エスパニョーラ二部、ラシン・デ・フェロールでのプレー経験を持ち、日本サッカー協会の公認指導者ライセンスS...続きを読む
真の育成・強化のために、いま「大人がすべきこと」とは
真の育成・強化のために、いま「大人がすべきこと」とは
2017年9月 6日
アーセナルSS市川の代表であり、U-11プレミアリーグの責任者を務める、サッカーコンサルタントの幸野健一さんとともに考える、育成年代のリーグ戦の重要性。前編ではジュニア年代でのリー...続きを読む
小学生年代で身につけたい「球際の強さ」、サッカー観戦力... 日本人がイングランドに学ぶべきポイント
小学生年代で身につけたい「球際の強さ」、サッカー観戦力... 日本人がイング...
2017年9月 5日
日本人がイングランドサッカーから学ぶべきポイント とはサッカーには、その国ごとの哲学やプレースタイルがありますよね。日本でもたくさんのファンに視聴されているプレミアリーグは、イング...続きを読む

全 3001 記事

  1. サカイク
  2. 最新記事

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ