1. トップ
  2. 最新記事

最新記事

「日本初のサッカーを通した教育がテーマの少年サッカー(ジュニアサッカー)保護者向け情報サイト」サカイクの最新記事はこちら。

全 3413 記事

目先の勝敗だけにこだわらないことが、子どもの成長の糧となる 【補欠ゼロ】に取り組む3チーム
目先の勝敗だけにこだわらないことが、子どもの成長の糧となる 【補欠ゼロ】に取...
2018年11月16日
サッカーで成長するために大事なのは目先の勝敗ではないみなさんのチームは、全員出場できていますか? せっかく所属したのに試合に出られない子はいませんか。試合の結果は、練習の成果を見る...続きを読む
「練習は好きだけど試合は楽しくない」という子をなくすために指導者が気を付けること
「練習は好きだけど試合は楽しくない」という子をなくすために指導者が気を付ける...
2018年11月15日
京都サンガでは「サンガに関係する全ての人々の心を明るくすると同時に、サッカーを通じて地域を振興し、連帯を深めること」を理念としています。この理念をもとに「子ども」に焦点を当て、「子...続きを読む
ネットの声が後押し!? 子どもの気持ちを人質に自分の欲を満たす体罰指導者が減らない理由
ネットの声が後押し!? 子どもの気持ちを人質に自分の欲を満たす体罰指導者が減...
2018年11月14日
サッカークラブや各種スポーツ団体を対象に「スポーツマンのこころ」と銘打つ講義で、一流アスリートになるための心得を伝え続ける岐阜経済大学経営学部教授の高橋正紀先生。ドイツ・ケルン体育...続きを読む
スペイン1部で10年トレーナーを務めた松井真弥監修「身体の負担を軽減する背中と骨盤を意識した動き作り」【11月13日先行予約開始!】
スペイン1部で10年トレーナーを務めた松井真弥監修「身体の負担を軽減する背中...
2018年11月13日
成長期を迎えるとオスグット(膝の痛み)やシーバー病(かかとの痛み)、グロインペイン症候群(股関節の痛み)といったスポーツ障害に悩む子どもが増えています。リーガ・エスパニョーラ(スペ...続きを読む
中村憲剛が語る、サッカーが上手くなるためにも「早いうちに挫折を経験したほうが良い」理由
中村憲剛が語る、サッカーが上手くなるためにも「早いうちに挫折を経験したほうが...
2018年11月13日
38歳にしてもなお、衰えを知らないプレーで川崎フロンターレを牽引する中村憲剛選手。2016年にはJリーグMVP、2017年にはJ1リーグ優勝を勝ち取り、2018年も優勝争いを繰り広...続きを読む
毎日のお風呂が身体を強くする!? パフォーマンスが上がる「正しい入浴と睡眠」の知識①
毎日のお風呂が身体を強くする!? パフォーマンスが上がる「正しい入浴と睡眠」...
2018年11月12日
みなさんのお子さんは毎日入浴していますか? 湯船に入らずにシャワーだけだったり、サッと洗うカラスの行水だったりしませんか。子どもたちがそんなお風呂の入り方をしていたら要注意。それで...続きを読む
【結果発表】みなさんの周りのパワハラ・暴言エピソード2018
【結果発表】みなさんの周りのパワハラ・暴言エピソード2018
2018年11月 9日
アメフト、レスリング、体操、ボクシング、バレーボール......今年は特にスポーツ界での「パワハラ」がたくさん報道され、旧態依然とした指導者の存在や今後の指導の在り方について考えさ...続きを読む
【11-12月開催】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会
【11-12月開催】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会
2018年11月 9日
【11月9日更新】12月末、1月5日のタニラダー講習会日程を追加しました。指導者・保護者向け講習会はこちら(12月~1月開催)>12月2日大阪・大人向けタニラダー講習会はこちら>「...続きを読む
大舞台でも緊張しない、遠藤保仁のメンタルが手に入る1冊が発売
大舞台でも緊張しない、遠藤保仁のメンタルが手に入る1冊が発売
2018年11月 9日
"とりあえず"は力なり。考えすぎずに、まず実行。継続すれば、きっと可能性は広がります。これまでいろんなメディアで遠藤保仁選手本人が「緊張しない」と発言しているのを目にしたことがある...続きを読む
【12月2日大阪開催】大人向けタニラダー講習会Presented by umbro
【12月2日大阪開催】大人向けタニラダー講習会Presented by um...
2018年11月 8日
12月2日(日)に新大阪にて、大人向けタニラダー講習会を開催が決定しました。普段、お子様向けに開催しているタニラダー講習会の内容を大人の方、指導者の方対象に開催いたします。※より詳...続きを読む
「え!? 今までのプレーが通じない!」小柄なドリブラー中村憲剛が考える力をつけるキッカケとなった部活での体験
「え!? 今までのプレーが通じない!」小柄なドリブラー中村憲剛が考える力をつ...
2018年11月 8日
38歳にしてもなお、衰えを知らないプレーで川崎フロンターレを牽引する中村憲剛選手。2016年にはJリーグMVP、2017年にはJ1リーグ優勝を勝ち取り、2018年も優勝争いを繰り広...続きを読む
【2019年1~3月開催】「パパママトレーナー」講座~がんばるわが子に10分ケア~
【2019年1~3月開催】「パパママトレーナー」講座~がんばるわが子に10分...
2018年11月 8日
子どもたちにとって最も身近な存在であるパパママがコンディショニングトレーナーになれる「パパママトレーナー」講座を開催します!お申込みはお早めに!11~12月開催はこちら>>一般社団...続きを読む
クラブか部活か中学のサッカー進路どうしよう問題
クラブか部活か中学のサッカー進路どうしよう問題
2018年11月 7日
来年中学生になる息子。クラブチームに誘われているけど、親から見るとサッカーの技術は高くないし、家計も苦しい。部活でよくない? どうしてみんなプロになれないのにクラブチームに行かせる...続きを読む
足が速い選手が少ない代わりに技術と思考力で勝負! モドリッチらを生み出したクロアチア、小国ならではの育成事情
足が速い選手が少ない代わりに技術と思考力で勝負! モドリッチらを生み出したク...
2018年11月 6日
今年6月から7月にかけて行われたロシアW杯において優勝を果たしたのはフランスでした。しかし欧州の上位リーグに移籍し活躍する有名選手がひしめくフランスではなく、決勝の舞台に駒を進めた...続きを読む
スピードアップに必要な「正しい姿勢」と「筋力トレーニングのバランス」
スピードアップに必要な「正しい姿勢」と「筋力トレーニングのバランス」
2018年11月 5日
「速く走れるようになって試合に役立てたい!」と思う選手。そして、その選手を支える親や指導者といった大人たちも「子どもの足が速くなってほしい!」と願うことは多くあるのではないでしょう...続きを読む
あなたの子どもはどうしてサッカーをしているの? いま一度考えたいお父さんお母さんの応援姿勢
あなたの子どもはどうしてサッカーをしているの? いま一度考えたいお父さんお母...
2018年11月 2日
あなたのお子さんはどうしてサッカーをしているの? 子どもが楽しんでプレーしてくれればいい、チームスポーツで他者との協力を学んでほしい、自信をつけてほしい、など色々な期待があると思い...続きを読む
「失敗したらどうしよう」試合で緊張する子必見、不安でドキドキしても"いつもの力"を出す方法
「失敗したらどうしよう」試合で緊張する子必見、不安でドキドキしても"いつもの...
2018年11月 1日
ちょっとしたことで緊張を小さくすることができる!試合になると緊張して動きが固くなる、いつもの力を出せたらもっと活躍できるのに......。ふだんは楽しくサッカーの練習をしている子ど...続きを読む
プロテインでホットココア。手軽に暖かさと栄養を取って子供たちをサポートしよう!
プロテインでホットココア。手軽に暖かさと栄養を取って子供たちをサポートしよう...
2018年11月 1日
料理研究家として活躍中で、Instagramのフォロアーが4万人を超えるゆーママこと松本有美さん。多忙な日々を送りながら、3人の息子の食事作りにも精を出している。「家族には、年齢や...続きを読む
中島翔哉が「楽しい」を繰り返すワケ/「非日常のスポーツ」を日常とつなぐ力を育てよう
中島翔哉が「楽しい」を繰り返すワケ/「非日常のスポーツ」を日常とつなぐ力を育...
2018年10月31日
サッカークラブや各種スポーツ団体を対象に「スポーツマンのこころ」と銘打つ講義で、一流アスリートになるための心得を伝え続ける岐阜経済大学経営学部教授の高橋正紀先生。ドイツ・ケルン体育...続きを読む
【GKレッスン動画】ステップで距離を合わせてサイドネットギリギリに転がってくるボールをセーブ
【GKレッスン動画】ステップで距離を合わせてサイドネットギリギリに転がってく...
2018年10月30日
日本のサッカー界は現在コールキーパー(GK)コーチが少なく、充実した練習による選手のレベルアップが図れないことが課題となっています。特に小中学生年代では、サッカーのGK経験のあるお...続きを読む
処理能力>判断能力 試合中に考えていたら遅い! 早く正確なプレーを身につけるスペインの育成指導とは
処理能力>判断能力 試合中に考えていたら遅い! 早く正確なプレーを身につける...
2018年10月29日
日本代表が2大会ぶりのベスト16進出を果たし、国中を沸かせたW杯。興奮冷めやらぬ中、その大会で活躍したスペイン代表のイニエスタ選手がヴィッセル神戸に加入し、Jリーグを盛り上げていま...続きを読む
【12月・1月】タニラダー指導者・保護者向け講習会開催
【12月・1月】タニラダー指導者・保護者向け講習会開催
2018年10月29日
タニラダーでおなじみのヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチ谷真一郎氏による指導者・保護者向け講習会を12月、1月に開催します。小学生向けの講習会はこちら(11月~12月開催)>『動...続きを読む
蹴りそこなってピンチにならないように! クロスボールをクリアするコツを伝授
蹴りそこなってピンチにならないように! クロスボールをクリアするコツを伝授
2018年10月26日
鹿島アントラーズで数々のタイトル獲得に貢献し、チームの黄金期を支えた選手の1人で元日本代表のセンターバック、岩政大樹がディフェンスが確実に上達するポイントをアドバイス。守備の常識を...続きを読む
どうして怖がっている相手に強いシュートを打つの? 仲間の「気持ち」が見えたら普段の行動にも変化が起こる
どうして怖がっている相手に強いシュートを打つの? 仲間の「気持ち」が見えたら...
2018年10月26日
京都サンガでは「サンガに関係する全ての人々の心を明るくすると同時に、サッカーを通じて地域を振興し、連帯を深めること」を理念としています。この理念をもとに「子ども」に焦点を当て、「子...続きを読む
「考える」はスタート。スピードに乗ったボールコントロールを重視するドイツの育成とは
「考える」はスタート。スピードに乗ったボールコントロールを重視するドイツの育...
2018年10月25日
今年6月から7月にかけて行われたFIFAワールドカップロシア大会はフランスの20年ぶり2度目の優勝に終わりました。大会を振り返ると前回優勝国のドイツがグループリーグで敗退したり、開...続きを読む
転ばぬ先の杖を用意したい過保護な親に困ってます問題
転ばぬ先の杖を用意したい過保護な親に困ってます問題
2018年10月24日
「過保護な保護者の対応、どうしたらいいですか!?」実はよく聞く指導者の悩みです。試合で使う道具を子どもたちに運ばせたら「重いし危険」と苦情が来たそう。サッカーの中で、自分で考える事...続きを読む
【GKレッスン動画】斜め上に飛んできたボールでも大丈夫! 勢いに負けずしっかりキャッチする方法
【GKレッスン動画】斜め上に飛んできたボールでも大丈夫! 勢いに負けずしっか...
2018年10月23日
日本のサッカー界は現在コールキーパー(GK)コーチが少なく、充実した練習による選手のレベルアップが図れないことが課題となっています。特に小中学生年代では、サッカーのGK経験のあるお...続きを読む
子どもたちの「過度なトレーニング」はケガへとつながる。選手を支える大人たちが知っておきたいトレーニングのバランスとコンディションニング
子どもたちの「過度なトレーニング」はケガへとつながる。選手を支える大人たちが...
2018年10月22日
「ジュニア年代」は、技術を身に付けるのに最適な年代"習得のゴールデンエイジ"と呼ばれています。しかし、成長期でもあるこの年代の子どもたちにとって、負荷の高すぎるトレーニングや過度な...続きを読む
Jリーガーも意識しているコンディション調整のための調味料の選び方
Jリーガーも意識しているコンディション調整のための調味料の選び方
2018年10月22日
元日本オリンピック委員会強化スタッフで、現在はスポーツ栄養WATSONIAの代表としてプロスポーツ選手から企業まで広く栄養サポートをしている管理栄養士、川端理香さんに食事の大切さを...続きを読む
個々の運動能力、理解力の差でうまくいかない。 小学1年生にパスサッカーはマイナスか?
個々の運動能力、理解力の差でうまくいかない。 小学1年生にパスサッカーはマイ...
2018年10月20日
スペイン人指導者の話を聞いて価値観の違いに驚いたコーチ。海外の指導法も取り入れようと思うんだけど「サッカーIQの高い子に育てる」をモットーに教えている自身のチームで、低学年からパス...続きを読む

全 3413 記事

  1. トップ
  2. 最新記事