1. サカイク
  2. 最新記事

最新記事

「日本初のサッカーを通した教育がテーマの少年サッカー(ジュニアサッカー)保護者向け情報サイト」サカイクの最新記事はこちら。

全 3666 記事

乾貴士のこだわり。サッカーがうまくなるために重要な「シューズの選び方」とは
乾貴士のこだわり。サッカーがうまくなるために重要な「シューズの選び方」とは
2019年7月19日
乾貴士選手のスピードに乗った鮮やかなドリブル、ボールコントロールは、子どもたちの憧れの的です。そんな乾選手もグラウンドを離れれば、一児のパパでもあります。成長期のお子さんの「シュー...続きを読む
池上正さん新著発売 「蹴る・運ぶ・繋がる」を体系的に学ぶ ジュニアサッカートレーニング
池上正さん新著発売 「蹴る・運ぶ・繋がる」を体系的に学ぶ ジュニアサッカート...
2019年7月19日
ゲームを楽しみながら、サッカーの本質を自然に理解する! 日本的発想を捨て、教え方を変えようサカイクの連載でもおなじみ、池上正さんの新著が発売となりました。ジュニア指導歴39年の池上...続きを読む
全員を出場させて負けると「上手い子を出すべきだった」と保護者に言われる。自分のやりかたを貫いていいのか教えて
全員を出場させて負けると「上手い子を出すべきだった」と保護者に言われる。自分...
2019年7月19日
チームのコンセプトが「上達と楽しむ」なので、あれこれ言わないようにしており、試合も全員出している。だけど保護者から「もっと厳しく教えてもいい」と言われたり、試合に負けると「上手い子...続きを読む
小中高と選抜歴ゼロ、全国とも無縁だった伊東純也(ゲンク/ベルギー)がスカウトの目に留まったワケ
小中高と選抜歴ゼロ、全国とも無縁だった伊東純也(ゲンク/ベルギー)がスカウト...
2019年7月18日
日本代表としてアジアカップに出場し、ベルギーリーグ優勝も経験した伊東純也選手。海外でも活躍中の伊東選手が元400メートルハードル選手の永野佑一さんと考えた、運動が苦手でも大丈夫、難...続きを読む
シャイで内気だった12歳のイニエスタがピッチ内でのびのびプレーできた理由
シャイで内気だった12歳のイニエスタがピッチ内でのびのびプレーできた理由
2019年7月17日
ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス イニエスタ選手の経験やビジョンを次世代の子どもたちに伝えるアカデミー「iniesta's Methodology(イニエスタ ...続きを読む
走り切れなかった息子に「手の施しようがない」 選手を見限るコーチどうなの問題
走り切れなかった息子に「手の施しようがない」 選手を見限るコーチどうなの問題
2019年7月17日
練習最後のインターバル走で走り切れなかった息子。練習後に子どもと自分(親)に直接「ここで頑張れないなら、もう手の施しようがない」とコーチが言い放った。自分もD級ライセンスを持ってい...続きを読む
高校サッカー界の名将・青森山田の黒田剛監督が明かす、指導者の言葉より効果的な「責任の持たせ方」
高校サッカー界の名将・青森山田の黒田剛監督が明かす、指導者の言葉より効果的な...
2019年7月16日
高体連屈指の名門として、40人を超えるJリーガーを輩出する青森山田高校。近年は過去3年で選手権2度、高円宮杯U-18リーグチャンピオンシップでも優勝を誇る、青森山田高校の黒田剛監督...続きを読む
【夏休み開催】日本初!海外で活躍する選手を指導してきたGKコーチによる特別クリニック
【夏休み開催】日本初!海外で活躍する選手を指導してきたGKコーチによる特別ク...
2019年7月14日
【7月12日更新】予定しておりました7月24日のクリニックはニハド・ペイコヴィッチ氏の来日スケジュールの都合により中止となりました。エントリーされている皆さまにはご案内のメールをお...続きを読む
【2019年改訂版】試合をもっと面白くするポジティブ・レフェリング
【2019年改訂版】試合をもっと面白くするポジティブ・レフェリング
2019年7月12日
審判のおもしろさとは、「レフェリング次第で、サッカーのすばらしさを引き出せる」こと2014年に刊行されて大好評を博した『ポジティブ・レフェリング』に2016~18年の競技規則大改正...続きを読む
子どもの学習効果が上がる教育とは何か。 サッカーでも重要な子どもたちの「夢中」を育てるこれからの学校教育
子どもの学習効果が上がる教育とは何か。 サッカーでも重要な子どもたちの「夢中...
2019年7月12日
誰にとっても1日は24時間。時間は有限で、使い方は無限だから、24時間をデザインして勉強も日常生活もサッカーのために還元する。練習時間は1日100分。当たり前のことを人並み以上に徹...続きを読む
汗をかいていなくても、体温が高くなくてもなる! 「熱中症」の定義と4つの症状
汗をかいていなくても、体温が高くなくてもなる! 「熱中症」の定義と4つの症状
2019年7月11日
夏場のサッカーで注意しなければならないことと言えば熱中症です。近年は、気温の高さだけでなく湿度などにも注意が必要な事が分かってきましたが、それ以外にも気を付けるべきことがあるのだそ...続きを読む
日本代表のスピードスター、伊東純也が速くなれたのは「負けず嫌い」と「地元の地形」のおかげ!?
日本代表のスピードスター、伊東純也が速くなれたのは「負けず嫌い」と「地元の地...
2019年7月10日
日本屈指のドリブラーであり、ベルギーの強豪ゲンクの一員として来季、チャンピオンズリーグに参戦する伊東純也選手。海外でも活躍中の伊東選手が元400メートルハードル選手の永野佑一さんと...続きを読む
日本代表・柴崎岳、室屋成ら40人ものJリーガーを輩出した名門・青森山田の黒田監督に聞く、プロで活躍する選手の親には意外な共通点があった
日本代表・柴崎岳、室屋成ら40人ものJリーガーを輩出した名門・青森山田の黒田...
2019年7月 9日
高体連屈指の名門として、40人を超えるJリーガーを輩出する青森山田高校。近年は高校サッカー選手権大会、高円宮杯U-18チャンピオンシップで優勝するなど、タイトルを多数獲得しています...続きを読む
自分で考える習慣がつくともっと能力を引き出せる! 2児の父、川崎フロンターレ家長昭博の子育て論
自分で考える習慣がつくともっと能力を引き出せる! 2児の父、川崎フロンターレ...
2019年7月 8日
昨シーズンのJリーグMVPの家長昭博選手。2人の男の子のパパとして、子育てにも奮闘中です。お子さんが、スポーツ系幼児園『キッズ大陸よこはま中川園』に通っていた縁があり、同園の園長を...続きを読む
チームの子どもが5人しかいない。楽しめて、かつ実践で使えるトレーニング方法を教えて
チームの子どもが5人しかいない。楽しめて、かつ実践で使えるトレーニング方法を...
2019年7月 5日
チームの子どもが5人しかいない。練習していてもすぐ順番が回ってくるので飽きてしまうし、試合も経験させたいんだけど、人数的にムリ......。少人数でも楽しめて、かつ長く続けられ、試...続きを読む
選手に何を学んでほしいのか?指導者が陥りがちなコーンドリブルの落とし穴
選手に何を学んでほしいのか?指導者が陥りがちなコーンドリブルの落とし穴
2019年7月 4日
個人技指導のスペシャリストとして知られるフリーのプロサッカーコーチ・三木利章さん。今回は、ドリブル練習を行う際に指導者が気をつけなければいけないポイントについてお聞きしましした。1...続きを読む
どんなに正論を語っても、相手に聞く耳が無ければ何も伝えてないのと同じ。近年で選手権2度制覇の青森山田高校・黒田監督が実践する選手に届く指示の出し方
どんなに正論を語っても、相手に聞く耳が無ければ何も伝えてないのと同じ。近年で...
2019年7月 4日
高体連屈指の強豪であり、過去3大会で2度の高校サッカー選手権大会優勝を果たした青森山田高校。柴崎岳選手、室屋成選手などの日本代表選手を始め、数多くのJリーガーを輩出する名門でもあり...続きを読む
男女で身体は違う。親や指導者が気を付けないといけない女子のケガリスクを高める「座り方」
男女で身体は違う。親や指導者が気を付けないといけない女子のケガリスクを高める...
2019年7月 3日
男の子と女の子は生まれながらにして体つきが違います。しかしながら現状のジュニアサッカー界では、男女が同じチームに入り、同じように扱われることが多いのが実態です。もちろん混合チームで...続きを読む
JリーグMVP家長昭博が即決した理由 「上達したい気持ちを育てる環境」とは
JリーグMVP家長昭博が即決した理由 「上達したい気持ちを育てる環境」とは
2019年7月 2日
昨シーズンのJリーグMVPの川崎フロンターレ、家長昭博選手。ピッチの中では圧倒的な存在感を放つ家長選手も、ひとたびユニフォームを脱げば2人の男の子のパパでもあります。そこで今回は、...続きを読む
インサイドでのボールタッチ練習|親子で遊びながらうまくなる!サッカー3分間トレーニング
インサイドでのボールタッチ練習|親子で遊びながらうまくなる!サッカー3分間ト...
2019年7月 1日
サカイクがお届けする『親子で遊びながらうまくなる!サッカー3分間トレーニング』。今回は初心者に多い、「インサイドのボールタッチが上手くできない」という悩みを改善するトレーニングをご...続きを読む
8月31日京都開催【ミゲル・ロドリゴ氏×池上正氏】育成年代のトレーニングについてスペシャルセッション
8月31日京都開催【ミゲル・ロドリゴ氏×池上正氏】育成年代のトレーニングにつ...
2019年7月 1日
3月に東京で開催し大好評だったスペシャルセッションを京都で開催が決定しました!日本人選手と多く接し魔法のように自信を育んできたミゲル・ロドリゴ氏と全国の子どもたち50万人以上を指導...続きを読む
※満員御礼※【夏休み開催】「なぜスピードが上がらないのか?」映像から理解するタニラダーキャンプ
※満員御礼※【夏休み開催】「なぜスピードが上がらないのか?」映像から理解する...
2019年6月28日
【7月16日更新】定員に達したため募集締切となりました。「スピードが上がらない」には、理由があります。「何故、スピードを落としてしまっているのか?」を映像から理解して改善する1泊2...続きを読む
守備時の「腰落とせ」は逆効果。無駄な動きで消耗しないための正しいラダートレーニング
守備時の「腰落とせ」は逆効果。無駄な動きで消耗しないための正しいラダートレー...
2019年6月28日
ヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチを務め、『タニラダー』でおなじみの谷真一郎さんに、「動きの質を高めて持久力を上げる」というテーマで動き方のコツを教えてもらう、この企画。前編では...続きを読む
量より質。質を高めるキーワードは「ていねいな振り返り」
量より質。質を高めるキーワードは「ていねいな振り返り」
2019年6月28日
サッカーは早朝と夕方の涼しい時間にプレーし、日中の暑い時間は夏休みの自由研究課題など、勉強にまつわることをします。講師にしつもんメンタルトレーニングの藤代圭一さんを招き、サッカーだ...続きを読む
コーチが怖いと練習も怖くなる。 間違った指導撲滅のために大人が知っておきたいこと
コーチが怖いと練習も怖くなる。 間違った指導撲滅のために大人が知っておきたい...
2019年6月27日
コーチが怖いと練習も怖くなる。この春、日本サッカー協会が暴力・暴言について、これまで以上に厳正な姿勢で臨み、一切の妥協も許さない"ゼロ・トレランス"を目指すと表明しました。先日もユ...続きを読む
「サッカーと勉強を両立するためのしつもん術」とは?
「サッカーと勉強を両立するためのしつもん術」とは?
2019年6月27日
しつもんを通じて、子どもたちや選手の成長をサポートする藤代さんに、「サッカーと勉強を両立するためのしつもん術」を教えてもらいました。藤代さんは前提として「しつもんをすることで、子ど...続きを読む
試合で使えるボールコントロールが身につく!様々な動作を組み合わせたリフティングのポイント
試合で使えるボールコントロールが身につく!様々な動作を組み合わせたリフティン...
2019年6月26日
一人で簡単にできる練習メニューの代表格、リフティング。前回は個人技指導のスペシャリストとして知られるフリーのプロサッカーコーチ、三木利章さんにリフティングで意識したい基礎のポイント...続きを読む
サッカーのスキルだけ上手くても伸びない。名門育成クラブも重視する、大成する選手の「規律」と「生活態度」
サッカーのスキルだけ上手くても伸びない。名門育成クラブも重視する、大成する選...
2019年6月26日
サッカーのスキルだけ上手くても伸びない。子どもがサッカーをしている保護者のみなさん、やはりわが子の事で気になるのは「サッカースキルの上達」だと思いますが、サッカーさえ上手ければいい...続きを読む
「なぜ、サッカー大好きな子どもが勉強も好きになるの?」サッカーも勉強も方法は同じ!
「なぜ、サッカー大好きな子どもが勉強も好きになるの?」サッカーも勉強も方法は...
2019年6月26日
サカイクに届いた保護者からの声「夏休みになると、うちの子はサッカーばかりで、ちっとも勉強しません。夏休みの宿題も自由研究も、8月の終わりになると慌ててやり始める。これを毎年繰り返し...続きを読む
足裏の刺激でプレーが上達し、怪我も減る? 「第二の心臓」足裏の重要性とは
足裏の刺激でプレーが上達し、怪我も減る? 「第二の心臓」足裏の重要性とは
2019年6月25日
足裏は「第二の心臓」と呼ばれているのはご存知ですか。足裏は身体を動かす上で重要な役割を果たし、機能していないと怪我にも繋がるというのです。イングランドやタイなどでアスレティックトレ...続きを読む

全 3666 記事

  1. サカイク
  2. 最新記事