1. トップ
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 子どもがサッカーを始めたばかりの新米サカイクパパ・ママが、「これだけ押さえておけば安心」な10のこと
サカイクまとめ
サカイクまとめ

子どもがサッカーを始めたばかりの新米サカイクパパ・ママが、「これだけ押さえておけば安心」な10のこと

サカイクまとめキーワード:AEDけが予防サカイク10か条熱中症対策脳震とう

押さえておけば安心なポイント

新学期が始まって1か月。この春からサッカーチームに所属したお子さんもチームに慣れてきたころではないでしょうか。一方、お子さんがチームに所属することが初めてだったりすると、親御さんの方があれこれ心配を抱えているかもしれませんね。

そこで「自分で考えるサッカーを子どもたちに。」をスローガンに掲げ、サッカー×教育のコンテンツをお送りしているサカイクから、 "新米サカイクパパ・ママ" に子どもが心からサッカーを楽しむための「親の心得」と、まずはこれを押さえておけば安心なポイントをご紹介します。

すでにお子さんがチームに所属している方も、この春からチームの一員になったパパ、ママたちにこのページをシェアしてくださいね。

子どものサッカーに関わる保護者のみなさんに、大切にしてほしい"親の心得"

10か条.jpg

子どもにとって一番楽しいのは誰かにやらされることではなく、自分で考え、判断し、プレーすることです。

主体的にサッカーに取り組み、チャレンジするためには"親の関わり方"がとても重要なのです。

わが子を見守り、自立を育む親でいるためにこれだけは大切にしてほしい10のこと。

まず最初にこれを押さえましょう。


子どもが心からサッカーを楽しむための「サカイク10か条

「サカイク10か条」をダウンロード >>

どんな声援を送ればいいの!?

matome_0510.jpg

試合を見に行くとき、どんな声援をおくればいいのか不安なパパ・ママも基本的な声かけを押さえておけば大丈夫です。

緊張から試合で実力が出せないお子さんには、緊張感をコンパクトにする声かけを試してみてください。

1.子どもを伸ばす応援の基本はコレだけ

2.その応援は逆効果!子どもを育てるのは、保護者のこんな言葉

3.緊張は小さくできる!「あがらない体」のつくり方

夏だけじゃない! 1年中気を付けたい「熱中症」対策

matome_0510_02.jpg

年々暑くなる日本の夏。サッカーのように屋外のスポーツをするお子さんを持つ親御さんはぜひ知っておいてほしい熱中症対策

夏場の炎天下の練習、試合では特に気を付けないといけませんが、気温の高くなる夏だけでなく体育館など室内で熱中症になるリスクもあるので、予防対策をしっかりとりましょう。

1.これぞ最新決定版!「何をいつどうやって飲むのか」水分補給のポイント

2.熱中症予防のために こまめに冷やしたい3つの部位

3.気温が高くなくても熱中症になる⁉ 注意すべきは気温ではなく"暑さ指数"

ケガ予防、応急処置はこれを押さえよう

matome_0510_03.jpg

けがの応急処置もパパ・ママが小学生だったころとはずいぶん変わっています。グラウンドで転んで頭を打ったり、急な心停止など思わぬ事故で命の危険にさらされることも。

「RICE処置」とAED、脳震とうの対応はぜひ押さえておきましょう。

1.傷口は消毒液ではなく水で流すが正解!? けがしたときに使える「RICE処置」

2.子どもが急に倒れて心停止!こんな時どうする!? AEDで救える命がある

3.「まさか!」グラウンドでの命を落とす危険性 脳震とうを起こした時の対応


サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

コメント

  1. トップ
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 子どもがサッカーを始めたばかりの新米サカイクパパ・ママが、「これだけ押さえておけば安心」な10のこと