1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 慶應義塾大学ソッカー部最大の武器"集中力"は、文武両道によって育まれる

考える力

2016年3月18日

慶應義塾大学ソッカー部最大の武器"集中力"は、文武両道によって育まれる

キーワード:勉強大学サッカー子育て慶應義塾大学ソッカー部文武両道暁星高校林義規習慣考える力

 

■"考える力"は勉強とサッカー双方に取り組むことで伸びる

“ピッチ内で考える力”はサッカー選手として成長するために必要です。ただ、これはプレー中だけではなく、普段の生活から頭をつかって考えることを習慣づけなければ養われることはありません。“考える力“を育むためにも勉強は第一。
 
「ぼくは暁星高校出身だから、暁星の感覚に近いと思います。林義規さん(暁星高校サッカー部の指導者)に影響されているなと思いますし、彼に言われたことを慶應ソッカー部でも話しています。暁星と慶応は文武両道とい面で似ています。1番は勉強でサッカーは2番手なんです。他のチームのように“サッカーが一番”と考えている子たちよりも、サッカーを2番手に考えられるほうが真剣にやれるとぼくは思います。仮に勉強ができなかったり、(規定の)点数を取れなかったりしたらサッカーをやらせないというのが、(選手にとって)1番こたえるんですよね。暁星の選抜クラスはそうでした。サッカーがどんなにうまくても、(勉強ができなければメンバーに)入れてもらえない。そういう環境でぼくは育ちました」
 
勉強ができなければサッカーをやらせない。そういう方針には賛否両論あると思います。ただ、暁星高校から慶応義塾大学へと進んだ須田監督にとっては、それが当たり前でした。勉強とサッカーを追い求める環境で育ったからこそ、短時間でも成果を最大限に引き出すための集中力、考える力が養われ、教え子たちにその重要性を伝えているのでしょう。
 
「勉強への姿勢がプレーにも出てきます。文武両道といいますが“文武一道”とも言える。勉強もサッカーもつながっているんです」
 
須田監督はこう強調します。学業とサッカーの両立は、簡単なことではありません。ですが、あなたのお子さんのような小学生のころから考えることを習慣化させ、集中力を身につけることができれば、サッカーだけに限らずいかなる場面でも生きていく力となるでしょう。
 

参加者の85%が、考える力が身についたと回答!サカイク春キャンプ参加者募集中>>
サカイク2016春300×250.jpg
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
取材・文 竹中玲央奈

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(295件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 慶應義塾大学ソッカー部最大の武器"集中力"は、文武両道によって育まれる