1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. スカウトしたくなる子どもの親が実践する、父と母の役割分担とは

考える力

スカウトしたくなる子どもの親が実践する、父と母の役割分担とは

公開:2015年11月30日

 

■母親にできる最高のサポートは、ご飯をつくること

「私はアーセナルサッカースクールのゼネラル・マネジャーをしているので、多くのお母さんが子どものサッカーに対して悩み、相談にきます。ですが、多くの場合がお母さんの取り越し苦労なんですよね。わが子が心配になる気持ちはよくわかりますが、お母さんがすべきサポートは、じつはたったひとつだけでいいんです」
 
そのあることとは、一体何でしょうか?
 
「それは、ご飯をつくること。これが何よりも大切です。試合のときにコンビニのおにぎりや菓子パンを持たせるのではなく、家で作ったおにぎりであったり、お弁当を持たせてあげる。練習後の食事もスーパーで買ったものではなく、家の食卓で温かいものを食べさせてあげる。これは母親にしかできない役割だと思います」
 
いまは共働きの家庭も増えているので、ご飯の支度をする時間がとれないこともあると思いますが、なるべく手作りのご飯を用意してあげる。それが、母親にできる最高のサポートなのではないでしょうか。
 
「母親と父親は役割が異なります。母親が子どものサッカーに熱心すぎると、父親の居場所がなくなってしまい、自分の趣味へと走り、子どものサッカーに見向きしなくなることもあります。そうなると、父親と母親のバランスが崩れてしまうので、気をつけたほうがいいかもしれません。大切なのは、父親と母親がそれぞれに合った役割を担うこと。私が清水エスパルスのスカウト時代に接してきた家庭のほとんどが、父親は父親の、母親は母親の役割をしっかりと実行していました」
 
親が子どもに対して、それぞれの立場、役割に合ったサポートをすること。それが結果として、子どもの成長につながっていくのではないでしょうか。
 
 
IMG_1743_ss.jpg
興津大三(おきつ・だいぞう)
兵庫県淡路島出身。清水商業→筑波大学→清水エスパルス→セレッソ大阪。現役引退後、滝川第二高校のコーチ、清水エスパルス・スクールコーチを経て、選手スカウトの道へ。岡崎慎司、岩下敬輔、兵働昭弘、藤本淳吾、平岡康裕、青山直晃、大前元紀、本田拓也など、数多くのタレントの獲得に携わる。昨年よりアーセナルサッカースクール市川のゼネラル・マネージャーに就任。
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
興津大三さんのオンラインセミナーも視聴できるCOACH UNITED ACADEMYへのご入会はこちらから>>
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(308件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. スカウトしたくなる子どもの親が実践する、父と母の役割分担とは