1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. U-16日本代表監督が強調する『自立』の本当の意味とは

考える力

U-16日本代表監督が強調する『自立』の本当の意味とは

2014年9月26日

キーワード:U-16ポゼッション指導日本代表育成自立W杯

先日開催されたAFCU-16選手権。ベスト4以上に入れば、来年チリで開催されるU-17W杯に出場できるこの大会において、U-16日本代表は準々決勝でU-16韓国代表に敗れ、3大会連続で掴んでいた世界の切符を逃した。
 
年代別カテゴリーのW杯では、このU-17が一番下のカテゴリーとなる。そのアジア予選である今大会に出場した選手たちは、16歳で初めて本物のアジアの戦いを経験することになる。この貴重な場で、若き日本代表はどのように立ち振る舞ったのか。チームを率いる吉武博文監督が強調したのは、『自立』というキーワードだった。
 
IMG_9140_s.jpg
取材・文・写真 安藤隆人
 

■ポゼッションサッカーには、自立した選手が不可欠

16歳といえば高1と早生まれの高2(※U-16のカテゴリーは、1月1日で区切るため、早生まれの選手は対象内となる)の選手が中心となる。このカテゴリーは、子どもとみなすか大人とみなすか、ちょうど境目となる年代である。サッカーでは個の技術の向上だけでなく、大人のサッカーへとステップアップしていくための戦術や戦略を身につけていかなければいけない。そういう面で、吉武監督はこの戦術と戦略を重視し、『明確な方向性の中で、個を生かす』ことを実践する指揮官であった。
 
吉武監督が標榜するサッカーはポゼッションサッカー。日本人のウイークポイントであるフィジカル勝負を避け、特徴である俊敏性と勤勉性を生かし、全員が的確なポジション取りをすることでパスを繋いでいくサッカーだ。
 
このサッカーをこの年代で体現するために、吉武監督が何度も口にしていたのが『自立』という言葉だ。
 
「ポゼッションサッカーという言葉の意味を、ぼくは前に出て行って崩すことだと捉えています。しかし、選手たちは『繋げばいいんでしょ』と思っています。それは違う」
 
『やらされているサッカー』ではなく、『相手を崩すために、自ら考え、動くサッカー』をしないと、同じポゼッションサッカーでも意味は全く違ってくる。あくまでポゼッションは『目的』ではなく『手段』である。では吉武監督は、選手の自立にどのようにアプローチしたのか。
 
まず吉武監督は今回の98ジャパンの前にも、94、96ジャパンを率いて、U-17W杯においてそれぞれベスト8、ベスト16という成績を残している。当時から吉武監督は選手たちに『自立』を求めていた。
 
「選手には自分で考え、自分たちで相談し、実行する。我々はこれを『共鳴』と呼んでいますが、一人ひとりが『自立』できるようにしたい」。
 
吉武監督は、自分たちの言いなりになって子どもたちがサッカーをすることを嫌い、あくまで選手主体のサッカーを強調する。
 
「サッカーをよりおもしろくさせるためには、中学年代のうちにある程度の技術を植え付けないといけない。15、16歳までの間に、もっともっと『宝物』を持たせて、次(の指導者)に渡していかないといけない。日本人は精神的な強さの中に集中力があるし、分析力もあると思う。分析力がないと、精神的な強さは成り立たない。だからこそ、選手個々の『自立』が必要なんです」
 
1  2
取材・文・写真 安藤隆人

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(264件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. U-16日本代表監督が強調する『自立』の本当の意味とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ