1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 世界最高峰の舞台で実際に起きた"リスペクト物語" W杯で日本人の心を癒したトップ選手の振る舞いとは?

こころ

世界最高峰の舞台で実際に起きた"リスペクト物語" W杯で日本人の心を癒したトップ選手の振る舞いとは?

公開:2018年7月 2日

キーワード:リスペクトワールドカップ日本代表長友佑都駒野友一

■立ち上がれない長友選手を労った"チームメート"

14年のブラジル大会でもそんなシーンがありました。アルベルト・ザッケローニ監督が率いる日本は、グループリーグでギリシャ、コートジボワールと戦い、1分1敗でコロンビアとの最終戦に臨みました。

結果的に、大会ベスト8に入って注目を集め、レアル・マドリードへと移籍したハメス・ロドリゲス選手などにゴールを許した日本は、1-4という大差で敗れて大会を後にすることになりました。

当時、セリエAのインテルでプレーして飛躍的な成長を遂げていた長友佑都選手は、立ち上がることができず、ピッチに座ったまま呆然としていました。そこへやって来たのがフレディ・グアリン選手。インテルの同僚でもあるグアリン選手は、長友選手と抱き合って、彼の健闘を称えました。するとそこへ、エデル・アルバレス・バランタ選手やフアン・クアドラード選手も加わって、みんなで長友選手を囲みました。

ラグビーには「ノーサイド」という言葉がありますが、戦いを終えたピッチに敵も味方もありません。同じように勝利を目指して全力で戦い合った仲間として、コロンビアの選手が取った人間味にあふれる行動は、まさにスポーツマンシップに則ったものだったと言えるかもしれません。

「リスペクト」という言葉の捉え方は人それぞれですが、「相手の気持ちを思いやる」ということは、サッカーに限らず、普段の生活から大事にしたいことでもあります。そうした"当たり前のこと"を改めて考えさせてくれる場所こそが、世界最高峰のフットボールの祭典でもあるようです。

次回は、同じ人間味にあふれるシーンの中でも、「キャプテンシー」に焦点を当てていきます。

前のページ 1  2

【参加者募集】
サカイクキャンプ2018夏
今回の夏キャンプは『サッカーについてより深く考えよう』がテーマ。
自分で考えることや挑戦することが楽しくなる、そしてもっとサッカーを好きなる! 
そのきっかけに必ずなる「サカイクキャンプ」
皆様のお申し込みお待ちしております!!
キャンプの詳細、参加申し込みはこちら>>

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:本田好伸、写真:兼子愼一郎

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(202件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 世界最高峰の舞台で実際に起きた"リスペクト物語" W杯で日本人の心を癒したトップ選手の振る舞いとは?