1. トップ
  2. コラム
  3. こころ
  4. 子どもが心から楽しんでサッカーをするために、肝に銘じてほしい親の心得とは

こころ

2017年5月31日

子どもが心から楽しんでサッカーをするために、肝に銘じてほしい親の心得とは

キーワード:グラスルーツサカイク10か条楽しむ親の心得

この春、サカイクでは子どものサッカーに関わる保護者のみなさんに、大切にしてほしい"親の心得"を10か条にまとめました。子どもたちが心からサッカーを楽しむために、親はどうあればいいのか、ぜひ意識してほしい10の項目です。
 
子育てに正解はないからこそ、どの親も子どもとの関わり合いに悩み、考え抜き、試行錯誤を続けながら毎日を過ごしています。わが子のサッカーにおいても「うまくなってほしい」「勝たせたい」と思うこともあるでしょう。ただ、忘れてはいけないのは、「子どもはなぜ、サッカーをしているのか」ということです。子ども自身の、「サッカーをやりたい」という声に耳を傾けることこそ、親が肝に命じておくべきことではないでしょうか。
 
子どもたちに大会やイベントを通じて身体を動かすことの爽快さやスポーツの素晴らしさを体感してもらうことで、サッカーの普及・浸透、人材の育成を図っている公益財団法人東京都サッカー協会キッズプロジェクトのリーダーを務める藤村孝幸さんに、子どもたちがサッカーを楽しむために親御さんが大事にしてほしいことを聞きました。(取材・文:本田好伸)
 
kidsproject01.jpg
(C)allsports.jp
 
後編:サッカーの楽しさを親も知ろう! まずは自分で蹴って、体感してみること>>
 

■子どもに選択肢を与え、環境を整えてあげること

あなたは、子どもにサッカーを“やらせて”いないでしょうか? あなたの子どもは、心からサッカーを楽しんでいますか? 子どもは、親に言われてイヤイヤ続けてはいないですか? そう感じた時、もしくは常日頃から「そもそもわが子はなぜサッカーを始めたのか、なぜ今もサッカーを続けているのか」と、自分に問い掛けることは、とても大切なことです。
 
子どもはある時、サッカーと出会います。父親と公園で蹴ったり、家族でスタジアム観戦したり、地元クラブのスクールに行ったり、体験イベントに参加してみたり……。その多くは、小学校高学年の「ゴールデンエイジ」、もしくはそれ以前の「プレゴールデンエイジ」と呼ばれる時期で出会うケースが多いでしょう。
 
プレゴールデンエイジ、つまり、“キッズ年代”こそが、子どもにとってサッカーの原点となります。その時期、子どもの将来を左右するのは、紛れもなく保護者の存在です。東京都サッカー協会(東京FA)キッズプロジェクトリーダーの藤村さんは、「そもそも保護者がいないと、クラブや大会など、その場所にもいけないですから、キッズ年代にとって保護者は、非常に重要な存在です」と語ります。
 
kidsproject02.jpg
(C)allsports.jp
 
東京FAでは現在、キッズ(U-6)サッカーフェスティバルや、グラスルーツフェスティバルといった、キッズ年代に向けたイベントや、保育園や幼稚園への巡回指導を年間を通して行なっています。これは、すでにサッカーを始めている子どもだけではなく、まだボールを蹴ったことのない子どもにもきっかけを提供する、「出会いの創出」です。そうやってボールを蹴ること、体を動かすことの楽しさを知った子どもが、親に「サッカーをやりたい」と伝えることで、子どもはサッカーにハマっていくのです。
 
その時に、子どもに選択肢を与え、環境を整えてあげることが、保護者ができる何よりも大事な役割ではないでしょうか。
 
次ページ:子どもの声に耳を傾け続けてあげること

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文:本田好伸、写真提供:公益財団法人 東京都サッカー協会

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(184件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. こころ
  4. 子どもが心から楽しんでサッカーをするために、肝に銘じてほしい親の心得とは