1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 「あらゆる欠点にも、ひとつは長所がある」岡崎慎司も所属する奇跡のチームに学ぶ長所を伸ばす重要性

こころ

「あらゆる欠点にも、ひとつは長所がある」岡崎慎司も所属する奇跡のチームに学ぶ長所を伸ばす重要性

2016年5月13日

キーワード:プレミアリーグレスター・シティ子育て岡崎慎司

サカイク読者のみなさんは、サッカー日本代表でも活躍する岡崎慎司選手が所属するレスター・シティFCがイングランドプレミアリーグで優勝したことはご存知ですか? 
 
ああ、そういえばニュースになっていたね。
 
日本人の多くはそのような感想に留まっていますが、同チームは昨年リーグ1部に昇格したばかりで開幕前の優勝オッズはなんと5000倍。レスター・シティの快挙は、本国イギリスでは"奇跡"と称賛されています。
 
今回レスター・シティは、なぜ過酷なプレミアリーグを優勝することができたのでしょうか? サッカーライターの清水英斗さんは彼らの強さのヒミツが、"誰にも負けない長所に自信を持っていること"にあると言います。
 
あなたのお子さんは、自分の長所に自信を持ってプレーしていますか?(取材・文 清水英斗)
 
GettyImages-528946304.jpg
写真:Getty Images
 

■ビッグクラブを粉砕した"一芸集団"の強さのヒミツ

プレミアリーグで、岡崎慎司が所属するレスター・シティが優勝を果たしました。
 
格差社会をそのまま映したような欧州リーグで、2部や3部との昇降格を繰り返すエレベータークラブが優勝を果たすなど、奇跡としか言えません。私が生きている間に、二度と起こらないかもしれない、それほどの奇跡です。
 
しかも、これはリーグ戦でした。
 
一発勝負のトーナメントなら、まぐれや勢いで優勝することはありますが、リーグ戦は38試合の総勝ち点で争われるので、運だけでは勝てません。真の実力を身に付けたレスターは、王者にふさわしいチームでした。
 
私がレスターからもっとも強い印象を受けたのは、彼らが"一芸集団"であったことです。
 
レスターの年間強化予算は約50億円で、マンチェスター・シティやチェルシーといったビッグクラブとは約4倍の差があります。つまり、“高い選手”はビッグクラブに持って行かれるので、レスターには手が出ません。
 
では、“高い選手”とは何でしょうか?
 
それは、何でもできる選手。野球で言えば、打って走って守れる選手。アイドルで言えば、歌って踊ってトークもおもしろい人。
 
昨今のサッカーでは、センターバックにも技術が求められたり、FWにも守備が要求されたりと、求められる戦術が多岐にわたるようになっています。試合中に使い分ける戦術の要求に応えるためには、一芸だけでなく、二芸、三芸でトータルに優れた選手でなければいけません。そういう選手は、自然と評価が高まります。
 
しかし、そういう誰が見てもすごい選手は、レスターの予算では手が出ません。
 
そこでレスターが補強したのは、足りない能力も目立つものの"誰にも負けない長所"に自信を持っている人。そういう選手を集めて、堅守速攻型のチームを作り上げました。
 

■英雄たちの長所と、その活かし方とは

MVP級の働きをしたセンターハーフのエンゴロ・カンテは、身長が169センチしかありません。スカウトから強く勧められたカンテの補強ですが、クラウディオ・ラニエリ監督は当初、そんな小さな選手がプレミアリーグに適応できるのかどうか不安に思い、獲得には消極的でした。
 
ところが、カンテには誰にも負けない“ボール奪取力”があります。今季のタックル数とインターセプト数はリーグトップ。運動量が多く、ドリブルでボールを運ぶ推進力もあります。このボールを奪う力と、前に運ぶ力が、カウンター戦術のレスターにぴたりとはまりました。
 
“小さい”というカンテの欠点ばかりに目が行く人には、この補強は決断できなかったでしょう。裏を返せば、そうやってみんなが二の足を踏むからこそ、レスターが獲得できたとも言えます。
 
また、センターバックのロベルト・フートと、ウェズ・モーガンも、現代サッカー的なDFとは言えません。技術があまり高くなく、フートはスピードにも難があります。彼らがバルセロナのようなポゼッションチームで活躍できるかといえば、まず無理でしょう。
 
しかし、彼らは空中戦にかけては、誰にも負けません。球際の強さも、誰にも負けません。レスターは堅守速攻なので、引いて守り耐えるシーンも多かったですが、ことごとく、フートとモーガンが跳ね返しました。
 
点取り屋のジェイミー・ヴァーディも同じです。
 
裏へ抜ける動きとスピードが一級品のヴァーディですが、過去にはセカンドアタッカーやウインガーとしてプレーしました。しかし、ラニエリ監督は、その彼をセンターフォワードで起用。カウンターのキープレーヤーに指名しました。
 
カウンターといえば、素早く縦パスを入れて、落として、3人目が走り抜けるといった、いろいろなパターンがありますが、レスターはとにかくシンプル。自陣に引いて守備をするので、敵陣にスペースがあります。そこへロングボールを蹴り込み、ヴァーディや岡崎が、よーいドン!で、一発で裏を陥れます。
 
やることは単純ですが、レスターはそれを愚直にやり続けました。相手に読まれても、対応されても、お構いなし。
 
もともとが一芸プレーヤーの集まりです。多様な戦術を求められても、いろいろなことはできません。胸がすくほど、彼らは開き直って愚直に、“自分たちのサッカー”をやり続けました。
 
 
次ページ:真の強さとは"自分を信じること"
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 清水英斗 写真 Getty Images

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 「あらゆる欠点にも、ひとつは長所がある」岡崎慎司も所属する奇跡のチームに学ぶ長所を伸ばす重要性

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ