1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 保護者が知りたいのはサッカーの技術習得より「身長を伸ばす方法」 サカイク本音調査

サッカー豆知識

保護者が知りたいのはサッカーの技術習得より「身長を伸ばす方法」 サカイク本音調査

公開:2021年1月 5日 更新:2021年7月13日

キーワード:判断力子どもの疲れ疲労回復背が伸びる身長を伸ばす

サッカーをする子どもたちの保護者に向けて様々な情報を発信しているサカイクですが、本当に読者のリアルなニーズに対応しているのか。

ということで、サカイクの運営会社である株式会社イースリーが展開する、シンキングサッカースクール吉祥寺校にて、保護者の皆さんに突撃インタビューを行いました。

後編では、現代の子どもは疲れていること、子どもたちに身につけてほしいと思っているスキルについてお伺いした内容をお送りします。

所属するクラブや周囲の保護者、ご自身がお子さんのサッカーにかける熱量によって様々な見方があるかと思いますが、他の親御さんがどのような情報を求めているかなど、共感できるところもあると思いますのでぜひご覧ください。

 

interview2.jpg

  

■サッカースキルより身長を伸ばす方法を知りたい

お子さんの身長を伸ばす方法については、U-6から選抜クラスまで各年代で要望として挙げられました。

小さくても活躍している選手はたくさんおり、身体の大きさをハンデにしない戦い方があることは保護者のみなさんもよく理解されていました。それでもやはり伸ばせるものなら伸ばしたい、そのための食事やトレーニングが知りたいという声が聞かれました。

「牛乳ってどのぐらい飲めばいいですか?」
「身長を伸ばすにはやはりカルシウムが良いの?」
「毎日牛乳を1リットル飲んでいるけど、身長の伸びに効きますか?」
「本人が小さいのを気にしているので伸ばしたいけど、いい方法ありますか?」
「サプリメントって効果あるんですか?」

など、どの年代でもお子さんの身長を伸ばすための方法が知りたい、そういった記事が読みたいというお声をいただきました。

中には、実際にカルシウム飲料やグミなどを試したことがあるという親御さんも。ですが、お子さんが商品の味に飽きてしまったりして毎日続けられないといったエピソードを伺うこともできました。

ほかにも、「うちは少食で。食べる量を増やすにはどうしたらいいか悩みます」「少食なうえに偏食。なんとかしたい」と言うご家庭もあれば「うちは食べすぎな気がします。太らないよう適量が知りたい」など、お子さんの食事量など食の悩みは尽きないようでした。

 

■現代の子どもは疲れている

お子さんのコンディションについてお伺いしたところ、平日は勉強とサッカー、ほかのスポーツ、スポーツや塾がない日はお友達と遊ぶ、休日はサッカーの試合。と忙しい現代の子どもたち。

しっかり疲れが取れているのか、なんとなく気になっていた。疲労回復の方法について知りたい。という声も何人かの保護者よりいただきました。

「子ども=元気いっぱい、一晩寝たら朝シャキッと目が覚める、そういうものだと思っていたけれど、時々なんだかシャキッとしてない日がある。現代の子どもが疲れているという(編集部の)意見に納得しました」

と仰る方もいました。

筋肉の疲労を取るためマッサージをしようとしても、インターネットで検索すると筋肉の名前など専門用語が並ぶ難しいページばかりで、諦めてしまった。子どものサポートを、と思っているけど、親はフィジカルトレーナーでもないので、もっとわかりやすい情報が欲しい。という声もありました。

忙しい親御さんたちが、パッとみてすぐに実践できるコンテンツが求められているということが分かりました。

 

■フルタイムで見ないので練習の中で行う「試合の中で起こる状況」がイメージできない

お子さんのサッカーのスキルで何か悩みや、こんなスキルを習得してほしいという願いがあるか伺ったところ、U-6から選抜クラスまで全年代から聞かれたのが「試合の中で使うスキルを身につけてほしい」というものでした。

「サッカーはチームスポーツ」という事を理解されている方も多いからか、一人で完結する技ではなく、試合の中で考えて動けるスキルを身につけてほしいという声の方が多かったです。

ただし、お子さんが起きている間にサッカーの試合が放送されることが少なく、多くの子がサッカーをフルタイムで見ること自体があまりないようです。そのうえサッカーを解説するテレビ番組自体が少ないため、チームの練習の中で指導者が口にする「試合の中で起こる状況」そのものがイメージできないことも多いのだと教えてくださった親御さんもいました。

BSやCSなど有料チャンネルを契約してサッカーを見ている方もいるかもしれませんが、小学生年代だと1試合フルで視聴すると、途中で飽きてしまったりすることもあります。

あるお母さんが、最近ではタブレット端末などで動画を見る子も多く、そういったネットで見るダイジェストに慣れてしまっているので試合を見る集中力が身に付かない気がする、と漏らしていましたが、そういった背景もあるのかもしれません。

 

■ずっとサッカーを好きでいて欲しい

最後に、お子さんのサッカーに望むことを聞いたときの回答をご紹介します。この日話を聞いた保護者の多くが「ずっとサッカーを好きでいて欲しい」という事でした。

ある親御さんは、「高校や大学で一度サッカーから離れるときがあるかもしれません。でも、社会人になった後、地元のサッカーチームで再開したり、ずっと楽しんでほしいです」とサッカーを生涯スポーツとして楽しんでほしいと語っていました。

子どもの「サッカーが好き」な気持ちをもち続けさせてくれるシンキングサッカースクールへの満足度が高い保護者の方々のご意見ではありますが、全国のサッカー少年少女の親御さんもわが子にずっとサッカーを好きでいて欲しいという気持ちは同じではないでしょうか。

急にスクールにお邪魔してお話を伺ったにもかかわらず、みなさん快くお話を聞かせていただきました。保護者のみなさまにお礼申し上げます。

今回はシンキングサッカースクールの保護者の方にお話を聞きましたが、今後他の少年団やクラブなど様々な立場の親御さんにも意見を聞きたいと思っています。

また、保護者だけでな宇k頑張っている指導者の方々にもお悩みを聞く機会などを設け、お互いの悩みを解決する橋渡しができればと思っていますので、「うちのチームに来て欲しい」「私たちの話を聞いてほしい」という方は下記よりご連絡ください。

連絡先:info@sakaiku.jp

1

サカイク公式LINE
\\友だち募集中//

人気サカイク主催イベントや
お得なサンプリング情報を配信中!
大事な情報を見逃さずにチェック!

友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(377件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 保護者が知りたいのはサッカーの技術習得より「身長を伸ばす方法」 サカイク本音調査