1. トップ
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【すぐに使える】手持ちのデジタル一眼レフで"プロっぽく"撮る実践テクニック

サッカー豆知識

2018年3月 1日

【すぐに使える】手持ちのデジタル一眼レフで"プロっぽく"撮る実践テクニック

キーワード:サッカープロミラーレス一眼レフ手ブレ撮影

前編では、国内外を問わず、プロサッカーの試合やインタビューなどの撮影を手掛けるプロカメラマン・兼子愼一郎さんにご協力いただき、デジタル一眼レフカメラで"プロ並み"に撮影するコツをお伝えしました。

後編では、兼子さんとともにシンキングサッカースクール吉祥寺校にお邪魔して撮影した実際の写真を例に挙げながら、今すぐ使える実践的なテクニックを紹介します。

(取材・文:本田好伸、撮影:本田好伸、兼子愼一郎)

camera_02_00.jpg
(撮影:兼子愼一郎)
※カメラはE-3が用意したキヤノンEOS Kiss E4を使用

<<前編:撮影力10倍アップ! "プロ並み"に撮るための、知って得するデジタル一眼レフ入門

■右目でファインダーを覗き、左目は開けておく

まずは、基本的な撮影姿勢、技術からみてみましょう。

camera_02_01.jpg
(左手でしっかり支える 写真:本田好伸)

camera_02_02.jpg
(右手は添えるだけ 写真:本田好伸)

「基本的な持ち方としては、カメラとレンズを左手で支え、右手は力まずに添えることが理想です。あとは、手ブレを防ぐために左の脇は締めて構えます」

また撮影時には「右目」でファインダーをのぞくといいそうです。

「人には、左右のうちでより見えやすい『効き目』がありますが、できるだけ右目を使います。シャッターは右側にあるので、左目で見てしまうと視界がなくなってしまうためです。また、その際の左目は閉じないで開いておく方がいいと思います。これはサッカー選手と同じで、『視野を広く保てる』からです。右目に集中しているので、最初は左側が見えていないような状態ですが、慣れてくると、周辺視野で状況を把握できるようになります。そうやって次の状況を予測できれば、その分、いいシーンが取れると思います」

さらに、手ブレを防ぐという意味でも、「液晶モニター」ではなくファインダーをのぞいて撮影するといいようです。「スポーツでは特に、その方が被写体に集中できるので安定して撮ることができます」

こうした基本事項と同時に、兼子さんは「ダメなカメラの置き方」にも気を付けるべきだと言います。「例えばレンズを立てて置くと倒れてしまうかもしれないですし、ストラップを垂らした状態で置いておくと、そこに引っ掛かって落下してしまうかもしれません。僕自身、そうした失敗を何度も見てきました」

camera_02_03.jpg
(レンズを下に向けて置くとカメラが倒れて故障する危険性がある 写真:本田好伸)

camera_02_04.jpg
(テーブルの端にストラップをたらした状態で置くのも危険 写真:本田好伸)

次ページ:【実践編】構図比較:プロっぽく撮るためのコツをチェック


サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文:本田好伸 撮影:兼子愼一郎、本田好伸

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(252件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【すぐに使える】手持ちのデジタル一眼レフで"プロっぽく"撮る実践テクニック