1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 久保建英につづけ! 天才サッカー少年の登竜門『FCバルセロナキャンプ』でMVPを獲得するための5つの哲学

サッカー豆知識

久保建英につづけ! 天才サッカー少年の登竜門『FCバルセロナキャンプ』でMVPを獲得するための5つの哲学

2016年6月 6日

キーワード:FCバルセロナMVPサマーキャンプ久保建英人間性

FCバルセロナからコーチが来日し、現地の選手が行っているトレーニングが受けられる、FCバルセロナキャンプJAPAN2016(FCB ESCOLA SOCCER CAMP)。7月16日の長野を皮切りに、千葉、東京、静岡、広島、奈良、石川で行われるキャンプの特色はどこにあるのでしょうか? キャンプを運営するAmazing Sports Lab Japan代表の浜田満さんに話を聞きました。(取材・文 鈴木智之)
 
outline_03.jpg
 

■高学年ばかりが評価されるわけではない!バルサの選考基準とは

バルサキャンプの特徴のひとつに「MVPに選ばれた選手はバルセロナに渡って、現地の試合やトレーニングに参加できる」というものがあります。2009年にMVPに選ばれた久保建英選手は、MVP特典でバルセロナに招待されたことがきっかけで、FCバルセロナに入団することになりました。
 
ちなみに、久保建英選手がMVPに選ばれたのは、小学2年生のときでした。バルサキャンプには小学1年生から6年生まで、年齢も体格もさまざまな選手が参加します。その中で、2年生でMVPに選ばれるというのは、特別にすごいことだと感じるかもしれません。ですが、それこそがバルサキャンプの特徴なのです。浜田さんが説明します。
 
「バルサキャンプのMVPの基準は『バルサのサッカーに合っているかどうか』です。バルサにはバルサの確固たるスタイルがあり、それを高いレベルで理解し、プレーとして表現できる選手がMVPに選ばれます。具体的には技術の高さ、ピッチ内でのポジション取りのスピード、考えるスピード、予測のスピード、判断力など様々な項目があります」
 
キャンプでは6人のスペイン人コーチが選手を評価し、最終候補の数名を責任者がチェックします。バルセロナにはバルセロナの確固たるスタイルがあるため、評価基準にブレはなく、多くの場合、コーチの意見が一致するそうです。
 
選手を見るときに重要なのが「いまの時点の完成度ではなく、将来その選手がどのレベルに到達するか」だと言います。小学1年生と6年生を比較すると、当然6年生のほうが走るのも速く、ボールコントロールも上手でしょう。しかし、それは現時点での評価にすぎません。
 
「過去のバルサキャンプでMVPに選ばれた子は、小学2、3、5、6年生と年齢がバラバラです。それがバルサキャンプのポイントだと思います。バルサには『バルサの7歳の選手として、このレベルに達している必要がある』という基準があります。それと比較してこの子はどうなのだろう、という見方をするんですね。当然、小学5年生と2年生を比べると、5年生の方が上手です。でも、この2年生の選手が5年生になったときに、どれだけのレベルに達しているのかをイメージするんです。そして2年生の子が3年後、5年生の子よりも上のレベルに到達すると判断すれば、その子のほうが高い評価を受けることになります。そこが重要で、高学年ばかりがMVPに選ばれるわけではないんです」
 

■バルサの選手に求められる2つの性質と5つの哲学

バルサの選手として重視されるのが“タレント性”と“人間性”の2つです。その選手の持っている才能がどれほどなのかを、トレーニングを通じてチェックしていきます。
 
「世界トップレベルの選手になるためには、才能と人間性の両方が不可欠だとバルサは考えています。バルサにはバルサの価値観という5つの哲学(敬うこと、挑戦すること、チームプレーをすること、謙虚でいること、努力すること)があり、才能に加えて、これらの要素を持った選手が良い選手と評価されます。イニエスタならイニエスタの、メッシならメッシが持つスペシャルな、その選手にしかない才能が必要なのです」
 
現在、日本には海外クラブのスクールが多数存在しています。夏休みなどで、キャンプに通わせたいと思う親御さんのなかには、「どのクラブのキャンプに入れればいいんだろう」と悩んでいる人もいるでしょう。数あるサッカーキャンプの中で、バルサキャンプはなにが違うのでしょうか?
 
「それは、選手のお父さんお母さんからもよく聞かれますね。さまざまな視点から答えられることがあるのですが、バルサというチームのプレースタイルって、ボールポゼッションで・・・みたいに、ずっと同じやり方をしてきていると思われますよね。確かに、プレーモデルは変わらないんですが、じつは毎年少しずつアップデートされています。当たり前ですが、他のどのクラブもバルサに勝利するためにバルサの戦術を研究し、トレーニングを積んでくるわけです。しかしながら、バルサはそれをまた凌駕してチャンピオンになる。つまり、相手の研究をさらに超えるためにマイナーチェンジを繰り返しているんです。
 
もちろんマイナーチェンジをするということは、メソッドもアップデートされます。当たり前ですが、ライカールト監督時代と、グアルディオラ監督時代、ルイス・エンリケ時代でトップチームのメソッドもかなり変化していきています。そして、そのトップチームのメソッドが育成部門やスクール部門にも落ちてくるのです。つまり、バルサキャンプで行われるメソッドは毎年少しずつアップデートされ、世界最先端のトレンドをつかんだトレーニングメニューになるわけです。
 
次ページ:世界最先端のサッカートレーニングを体験できる
 

<告知>
FCバルセロナサマーキャンプ2016 今夏は全国7都市で開催!MVPを一名選出し、バルセロナへご招待!>>
2955358494137225302.jpg
 
1  2
取材・文 鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 久保建英につづけ! 天才サッカー少年の登竜門『FCバルセロナキャンプ』でMVPを獲得するための5つの哲学

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ