1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】悪い立ち上がりを断ち切り決勝進出! 高い個を持つ柏レイソル

サッカー豆知識

【全少】悪い立ち上がりを断ち切り決勝進出! 高い個を持つ柏レイソル

2014年8月 9日

キーワード:Jリーグキックセレッソ大阪ドリブルパス全日本少年サッカー大会成長柏レイソル監督

 全日本少年サッカー大会は、6日目に突入。1次ラウンド、2次ラウンド、決勝トーナメント一回戦を終え、優勝の可能性を残したチームは、4チームにまで絞られました。ベスト4の第一試合では、大阪府代表セレッソ大阪と東京代表横川武蔵野FCが対戦し、4-0でセレッソが快勝。個の能力の高さを見せつけ、決勝進出を決めました。そして第二試合、埼玉県代表レジスタFCと最後の一枠を争うのが、千葉県代表の柏レイソルです。
 
0808u12_154_r2_c2.jpg
 
 レイソルはセレッソ同様にJリーグの下部組織だけあって、選手1人1人の能力が高いチームです。渡辺毅監督も、「僕らJクラブなんで、他のクラブから選手に来て頂いています。例えば、対戦相手のレジスタさんからレイソルにくることもあります。だから、もともと技術や才能がある子が集まっている。そういう才能ある選手たちを、グループとしてもっと成長させることを目指しています」と語ります。
 
 渡辺監督が明かした通り、レイソルはその高い個が力を合わせて組織的に戦ったため、1次ラウンドは危なげなく3連勝で突破しました。2次ラウンドでは、得失点差にまで勝負はもつれたものの、決勝トーナメントに進出を決めます。そして決勝トーナメント一回戦では、激戦区神奈川県の代表JFCフトゥーロと対戦しましたが、3-0で危なげなく勝利、ベスト4まで駒を進めました。
 
0808u12_176_r2_c2.jpg
 
 こうして、比較的順等に勝ち進んできたレイソルですが、レジスタ戦では、思うようなサッカーを展開できません。もともとレイソルは、渡辺監督曰く「短いパスでもドリブルでもロングキックでもいいんですけど、相手を動かして、チャンスを作る。どこがチャンスなのかということを、みんなで把握して意図的に相手を動かせば、もっといいスペースが生まれる。そういう、いいスペースを使う」サッカーを目指しています。しかし、「緊張もあったため、ボールを持っている選手に対して、持っていない選手がボールを要求しているのに止まっていた。そのせいで、相手のマンツーマンに捕まったまま、何もしないで、ロングボール蹴って、走るサッカーになってしまっていた」と監督は試合序盤を分析します。その立ち上がりに対して…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】悪い立ち上がりを断ち切り決勝進出! 高い個を持つ柏レイソル

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ