1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 冷感グッズから日焼け対策まで網羅した、サカイクおすすめ「真夏の観戦アイテム」

サッカー豆知識

冷感グッズから日焼け対策まで網羅した、サカイクおすすめ「真夏の観戦アイテム」

2013年7月13日

キーワード:予防熱中症観戦術

HT020929.JPG

 いよいよ今日から3連休ということで、公式戦や遠征に出かける方も多いのではないでしょうか? 子どもたちは暑さにも負けず、毎日練習や試合に励んでいます。子どもたちへの熱中症対策も大切ですが、観戦する保護者も熱中症や日焼け対策をしなければなりません。夏の観戦の必需品からあったら便利なグッズまでご紹介します。
 

■熱中症対策にピッタリ! ひんやり冷感グッズがオススメ

保護者のみなさんはもちろん、子どもたちにも持たせたいグッズを紹介します。
 
【クールタオル】
水に浸して絞るだけで冷たいタオルの出来上がり。繰り返し使えるのもいい。首筋を冷やすと効果的です。
【保冷ボトル】
暑いグランドでは冷たい飲み物が欲しくなります。冷たいドリンクを保冷ボトルに入れて持って行きましょう。ただし、プレイする子どもたちには5℃~15℃の水温がいいので、氷の入れ過ぎには注意してください。
【簡易クーラーボックス】
補充用のドリンクも冷たいまま持っていきたいもの。喉が渇いたと思う前に水分をとることが熱中症予防の第一歩です。
【熱冷却シート】
 発熱したさいにおでこに貼るシート。いざという時のために、持っていると便利です。
【クールフォーム】
 スプレーすると冷たい泡状のフォームが出てきて、固まります。手首や足首に巻いたり、首筋に乗せてクールダウン。
【頭皮用ローションスプレー】
 頭皮にノズルを当てて押さえると、冷たいローションがパチパチとはじけるスプレー。清涼感が気持ちいい。
【クールジェルマット】
 座布団タイプのジェルマット。椅子の上に置いて座れば、お尻からひんやり。
【うちわ/扇子】
 グラウンドで風があまり吹かない時もあるので、夏の観戦には必需品。風を起こすのはもちろん、日よけにもなります。
【ミスト扇風機】
 電池式の小さな扇風機。水を入れてミストが出るタイプがオススメ。
【塩あめ】
 水分と一緒に塩分も補給しましょう。あめで手軽に塩分チャージ。
【衣類用冷却スプレー】
 シャツや下着にスプレーすると、衣類が冷えて気持ちがいい。1度スプレーすると半日くらい冷たいままのものや、マイナス45℃まで冷却できるものなどがあります。
 
HT011520.JPG
 
 

■強い日差しからお肌を守る、日焼け対策グッズ

応援する保護者には、日焼け対策も大切。お母さんだけでなく、お父さんも気をつけてくださいね。
 
【帽子/サンバイザー】
 日焼け対策でまず必要なのが帽子やサンバイザー。顔を日焼けから守りましょう。日傘をさす方もたくさんいらっしゃいますが、グラウンドサイドなど、ボールが飛んできそうなところや、後ろにも人がいる場合は危険です。TPOに応じて使いように心がけてください。
【サングラス】
 目も日に焼けます。UV効果のあるサングラスで、目を守りましょう。
【長袖の上着】
 UV効果のあるストールや上着を着用して、日焼け防止。
【日焼け止め】
 メイク時に日焼け止めを塗るのはもちろん、メイクの上からもこまめに塗り直しができるように、日焼け止めは持参しましょう。スプレータイプなら髪にも使えます。
【UV効果のある汗ふきシート】
 汗をふくと同時に日焼け止め効果が期待できます。
【リップクリーム】
 唇も日に焼けます。こまめに塗り直すのがポイント。
 

■他にもあると便利なグッズ

熱中症や日焼け対策ではありませんが、観戦時に「あったらいいな」のグッズです。
 
【虫よけスプレー】
 学校のグラウンドなどでは、蚊に刺されることもしばしば。夕方まで試合がある時には持参したいですね。
【雨具】
 ゲリラ豪雨が各地で頻発しています。昼間は天候が良くても急変することがあるので、雨具は常に持っていたいもの。
 

■その他熱中症に関するまとめ

熱中症対策まとめ。熱中症対策は9月下旬まで! (2013年8月29日更新)

1
文/Kilohana前田陽子 写真/田川秀之(JA全農杯チビリンピック2013全国決勝大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 冷感グッズから日焼け対策まで網羅した、サカイクおすすめ「真夏の観戦アイテム」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ