1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. チームユニフォームの賢い選び方!価格もデザインも満足する購入法とは

サッカー豆知識

チームユニフォームの賢い選び方!価格もデザインも満足する購入法とは

2012年4月16日

キーワード:ユニフォーム

DSC08668.JPG
 
4月からの新学期も無事に迎えて、ユニフォームを新調するクラブも多いことでしょう。サカイクでは、こんなユニフォームの選び方を提案します!!
 
 

■ユニフォームを揃えるとき、気になるのは?

やはり、一番頭を悩ますのが値段ではないでしょうか。保護者の負担を少しでも軽くするために、安く仕上げるに越したことはありませんが、ユニフォームはチームの顔ともなるだけに、デザインや素材にもこだわりたいところです。
 
一般的な注文方法といえば、スポーツショップに出向き、有名ブランドの商品カタログからベースとなるシャツを選定し、背番号、子どもの名前、エンブレムやチーム名などをマーキングしていきますが、当然、価格帯はピンからきりまであります。
 
子どもたちの憧れる海外のビッグクラブが採用しているデザインであったりすれば高価となりますし、手ごろな価格帯のものは、すでに近所のチームが着ていたりすることもあり、避けたいところです。
 
 

■オーダーメイドというやり方もある

そこで、意外と知られていない『オーダーメイド方式』というものをご紹介しましょう。オーダーメイドというと、“高級紳士服”に代表されるように、高価なイメージが連想されると思います。しかし、その実は、先に挙げた既製品よりもコストパフォーマンスの高いユニフォームを仕上げることが可能なのです。
 
 

■デザイン・色を自由にできる

サッカーのユニフォームにもデザインに移り変わりはあります。クビ周りなどは目立つところです。衿の付いたものが流行っていた時期もありましたし、Vネックやマル首などチームとして主張できる部分でもあります。
 
色にしても、チームカラーにちなんだ1色だけのものもあれば、複数の色を組み合わせる場合もあります。まず、パターンを決めます。ACミランやバルセロナのような縦ジマや、横ジマのものもあります。中央で色違いなものも人気です。そうしたデザインと配色を考えなければいけません。
 
オーダーメイドであれば、わざわざショップに出向いて店員さんと相談しなくても、ネットで自由にシミュレーションすることができます。指導者や運営委員の集まる会議の場に、ネットに繋がるノートPCやタブレット端末を持ち込めば、デザインや見積もりの画面を見せながら話合いをもつこともできます。イメージの伝えやすさは抜群ですよね。こんなところにも、オーダーメイドのよさはあらわれているのです。
 
uniform.jpg
 
 

■ジュニアから大人サイズまで同じデザインで選べる

そして、幅広いサイズを取り揃えているのもオーダーメイドならではなのです。幼稚園児から大人までの多世代に渡るカテゴリーがあるような大所帯のチームでも、クラブに所属している全員が、同じデザインのユニフォームを揃えることができます。世代や性別を超えて、みんなで揃いのユニフォームを身にまとえば、仲間意識や連帯感もさらに高まることでしょう。また、小学生と言えども高学年となるとジュニアサイズが着られない子も出てきます。そういった場合でもオーダーメイドなら安心です。
 
 

■モデルチェンジがないから常に同じデザインを維持

オーダーメイドはデザインを保管してくれるので、既製品のように、廃番になることがありません。既製品の場合、数年サイクルでデザインや商品のラインナップが変わりますが、「今度の1年生からは別のタイプになってしまう」だとか、「今年の色は、今までのものより濃い気がする」という心配がありません。
 
また、パンツやソックスはショップに吊るされている既製品を流用しているクラブも多いことでしょうが、同じメーカーのソックスでも年度によっては細かいデザインが違っていたりするケースもあります。その点、オーダーメイドなら安心です。いつでも、同じデザイン、同じ色のものが供給されるのです。たとえば、新しく選手がひとりだけ入団したとしても、全身同じデザインで揃えることも可能です。
 
 

■ボランティア主体の少年団チームにはオーダーメイドがオススメ!

サッカーは野球などと比べて、それほど道具を揃えなくても楽しめるスポーツです。とはいえ、スパイクであったり、ウェアが必要であったり、これからいくらでもお金の掛かる育ち盛りの子を持つ親としては、できるだけ出費を控えたいのが心情です。サッカー好きとしては、伝統的なメーカーのロゴに惹かれるかもしれませんが、保護者の視点から、オーダーメイドという選択肢もひとつ頭に入れてみてはいかがでしょう?
 
 
【オーダーメイドのサッカーユニフォーム専門店】
●V-ELEVEN
世界に1つの理想的なオーダーユニフォームを1着3,500円から。V-ELEVENは、オーダーメイド方式でサッカーユニフォームを作成するユニフォームショップです。
東京都新宿区高田馬場3-2-5 フレンドビル5F
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】日・祝祭日
TEL:03-6908-5790 / FAX:03-6908-5791
 
3,500円からのチームオーダー1着から追加注文できて廃盤ナシ!
マウスで簡単にサッカーユニフォームをデザインできるデザインシミュレーターはこちら>>
紹介コードに「sakaiku」と入力すると3% OFF!
1
文/山本浩之、イラスト/MIHOKO

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. チームユニフォームの賢い選び方!価格もデザインも満足する購入法とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ