1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「"ずるさもうまさのうち"は本当なの!?」マリーシアについて

サッカー豆知識

「"ずるさもうまさのうち"は本当なの!?」マリーシアについて

2011年11月14日

キーワード:ファウル

77AL0654.JPG
よく聞く言葉に「マリーシア」というものがあります。「ずるさもうまさのうち」というか、競り合いの時に手を使ったり、わざところんだり。はたして、そういうプレーはいいことなのでしょうか。それについて考えてみたいと思います。結論からいうと、ぼくはファウルすれすれのダーティなプレーをしなくても、相手からボールを奪ったり、競り合いで勝つ方法を教えたいし、そのためのトレーニングも与えてあげたい。だけど、ときとして、相手チームに汚いプレーをする選手がいることも、知っておいてほしいと思います。
 

■ 激しいプレーと悪質なプレーは違う。その見極めが大事

それに対して、いちいち「痛いなこのやろう」とか、「レフェリー! 服を引っ張りました」なんてアピールしてもしょうがなくて。ぼくが指導をしている中学校2年生にしても、いっしょに試合をすると、コーチであるぼくに対して、なんの遠慮もなく服を引っ張ってくる選手もいます。でもそれはマリーシア的な引っ張りではなくて、戦いなんですよね。ずるがしこいとか、そんなんじゃなくて、勝ちたい気持ちがあふれてきて、抜かれそうになると必死になって、思わず手が出てしまう。
 
プレーしている側からすると、集中しているから、少しぐらい引っ張られても気にしない。それが当たり前だというレベルになっている。だから、練習の時は多少のファウルがあっても流すし、試合以上のテンションでプレーする空間を作ることを心掛けています。
 
ぼくのチームの中2が練習試合をしたときのこと。ボールを持っている選手に対してガツンとぶつかって、マイボールにした。ぶつかられた相手は、ぶつかり合うということに慣れていないのか、「痛いなこのやろう!」と怒ってしまいました。だけど、ちょっと待ってほしい。サッカーはフィジカルコンタクトが認められているスポーツ。ぼくの目から見ても、たしかに激しいプレーだったけど、相手を傷つけようと思ってコンタクトしているわけではないように見えた。激しいプレーと悪質なプレーは違う。その見極めは指導者がしっかりしなくてはいけないし、選手も理解してほしいと思います。
 

■謝るよりも、次のプレーについて考えろ

マリーシアでおもしろい話があって、相手チームの選手がファウルをして、FKになりました。うちのチームの選手が痛がっていたので、相手チームの監督が、ファウルをしたそのチームの選手に対して「ちゃんと謝れ」って怒鳴っているのです。言われた選手は素直に、「ごめん。大丈夫?」と言いにいこうとしたんだけど、うちのチームは相手が謝っているときに素早くリスタートをして、そのプレーでゴールしてしまったんです。
 
ぼくは、うちのチームの選手たちの判断は「ナイスプレー」だと思っています。謝るのは、あとでいい。極端な話、試合が終わってからでもいい。別に、ファウルをした選手だって、ケガをさせようと思って蹴っ飛ばしたわけじゃないんだから。ボールを奪おうとして、足を蹴ってしまった。それはよくあることだから。
 
選手たちは、勝つために必死に考えています。ぼくは選手たちに、「たとえミスをしたとしても、いちいち味方に謝るな」と言っています。「謝るよりも、次のプレーについて考えろ」って。その習慣が、試合でも出てしまったんでしょう。ぼくらのチームの指導スタンスと、相手チームの指導方針の違いが浮き彫りになった出来事だったので、いまでもよく覚えています。
 
この記事の続きを読む>>
 
kojima2.jpg
小島 直人//
こじま・なおと
海外での選手経験の後、指導者として中学、高校、地域クラブや東京ヴェルディコーチとして様々なカテゴリーの指導にあたる。情熱的で卓越したコーチングスキルには定評があり、NIKEエリートトレーニングでは専属コーチとして毎年1万人以上の中高生をクリニックで指導した。現在は、大森FCの代表を務める。
 
大森FC
大森FCではプロサッカー選手を目指す選手を募集中。
セレクション・体験練習のご案内はコチラ
1
取材・文/鈴木智之  写真/小川博久(バルサキャンプ2011より)、youpapa

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「"ずるさもうまさのうち"は本当なの!?」マリーシアについて

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ