1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 8人制サッカーを学ぼう【第1回】-11人制から8人制へ

サッカー豆知識

8人制サッカーを学ぼう【第1回】-11人制から8人制へ

公開:2011年5月18日 更新:2012年5月17日

キーワード:8人制8人制サッカーを学ぼうルール大会

8人制を導入するための理由のひとつに「選手のプレー機会を増やす」というものがあります。11人制と比べて、1試合あたりの人数が減ることから、選手がボールに触る機会も増えます。

■8人制サッカーの導入は、日本サッカーが世界のトップへ近づくための一歩

サッカーはプレーすることで上達するものです。また、公式戦や真剣勝負など、厳しいゲームを繰り返し経験することで、選手は成長していきます。11人から8人へ、人数が減ることによりプレーの機会が増え、実戦を経験する数も多くなります。選手は実戦を通じて「試合で通用する技術」を身につけていくようになります。

その意味でも、公式戦はもちろんのこと、練習試合などでも8人制を積極的に導入することが、選手を育てるために適した方法といえるでしょう。

U-12年代でもっとも大きな大会である「全日本少年サッカー大会」においても、選手のプレー機会を増やすための改革がおこなわれています。

これまでは1クラブから1チームしかエントリーできなかったのが、複数チームのエントリーが可能になりました。それによって、多くの選手が大会に参加することができます。(ただし、都道府県予選を勝ち抜き、決勝大会にエントリーできるのはこれまでと同じように1クラブ1チームです)。

これまでであれば、ベンチに座ったままで出場機会の少なかった選手も、公式戦を経験することができるようになります。これは選手育成において、大きなメリットです。

ヨーロッパの強豪国の多くが、U-12年代で少人数制を取り入れています。日本は2011年にして、ようやく導入されることになりました。この変革が、日本サッカーが世界のトップへ近づくための一歩になることを、期待しています。

※大会規定などによりレギュレーションが異なる場合があります。ここで取り上げたものはあくまで基本的な考え方であり、大会や試合によって変更になる場合がありますので、ご了承ください

| 記事一覧 | NEXT >>

取材・文/鈴木智之
写真/木鋪虎雄『チビリンピック2011決勝』より

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(284件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 8人制サッカーを学ぼう【第1回】-11人制から8人制へ