1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論

インタビュー

「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論

2017年1月11日

キーワード:FC東京お父さんやる気インタビュー子育て徳永悠平

IMG_2638_s.jpg

■自分でしっかりと考えて取り組んでいるほうが成功する確率は高い

自分で考えて課題を克服できる力。これこそ社会に通用する力であり、徳永選手が子どもたちに身につけてほしいものだと言います。
 
「小学校のころにサッカーがすごくうまくても、プロになれないケースがほとんどです。ぼくは、たまたま運がよくてプロになれただけ。だから、プロになれず他の職業についたとしても生活していけるように、子どもたちにはサッカーや自分がやりたいと思えることを通して、社会に通用する力を身につけてほしいです」
 
サッカー選手としてキャリアを積む中で、「自分でしっかりと取り組んでいるほうが成功する確率は高い」ことを実感してきた徳永選手。「それはサッカー選手としてだけではなく、一般社会に出たときにもそうなのではないかと思っています」と続け、最後は家族への感謝の言葉で、このインタビューを締めくくりました。
 
「正直、試合に負けたとき、練習がつらかったとき、家に帰っても身体や心が疲れていることもあります。けど、家に帰ると子どもたちは無邪気に駆け寄ってきてくれる。彼らがパワーをくれていいプレーに繋がることもありますし、ぼくにとって本当に大きな存在です。だからこそ、極力、家には仕事のことを持ち帰らないようにしています。長男はプレーの善し悪しがわかるようになってきていると思うので、いいプレーを見せたいな、長く続けたいなという思いは強くなっています」
 

 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
取材・文 出川啓太 写真 波多野友子

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(144件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ