1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「なんでこうしないんだ!」は、グッと堪えてほしい!川崎フロンターレ・中村憲剛の父親論

インタビュー

「なんでこうしないんだ!」は、グッと堪えてほしい!川崎フロンターレ・中村憲剛の父親論

2016年11月14日

キーワード:中村憲剛川崎フロンターレ父親

サッカー少年少女の親御さんは、わが子にどう接するのがベストなのでしょうか。現役Jリーガーであり、三児の父親でもある川崎フロンターレの中村憲剛選手が考える“父親論”を、前回に引き続きお送りします。後編である今回は、子どもたちへの接し方に加え、サッカーが人間的な成長を促す理由についても、中村選手の視点で語ってもらいました。(取材・文 竹中玲央奈 写真 平間 喬)

937A1703_s.jpg


<<子どもは「やれ」と言われたらやらない!中村憲剛のサッカー少年の育て方

 

■「なんでこうしないんだ!」という一言はグッと堪えてほしい

――子どもの試合を観に行くのは楽しいですか?  
 
自分がやってないからやきもきもする(笑)。だけど、「こんなプレーができるんだ!」というのもあるので、楽しいですし、わくわくしながら見ています。何をしてくれるのだろう? 次はどうなるのだろう? と思いながら見られますし、あとで話を聞いたりもできる。「あのときどう思ったの?なんであそこでパスを出したの?」と「こういう選択肢もあったかもね」と。それも親子のコミュニケーションになりますしね。
 
――「あの場面はこうしなさい!」とは言わないんですね。
 
それはよほどのことじゃない限り言ったことはありません。好きにしたらいい、と思うので。こうしなさい!と言って、子どもの思考が「こうしなきゃいけない」となるのが嫌なんです。自分も今年の1月に『Kengo Academy』で、子どもたちにサッカーを教える機会があり、それをすごく感じたんです。子どもはすぐに染まるし、すぐに変わる。だから、いろいろ言う大人たちがいっぱいいると子どもも混乱するんですよ。
 
――実際に言わないと決めていても、つい口にしてしまう親御さんもいます。
 
それは我慢して堪えてほしいと思っています。コーチ、監督が言っていて、さらに親であるこちらからも怒鳴られたら、子どもは本当にしたい選択ができなくなる。「いけー!とか、頑張れー!」とかはいいんです。ただ、「なんでこうしないんだ!」というのは、ぐっと堪えてほしいです。ぼく自身も言いたいときはありますけど、本人には本人の考えがあるし、そのときのコンディションもある。親もそういう部分を見て成長しなきゃだめなのかなと。
 

■サッカー経験がないのなら、一緒に学んでいけばいい

――あまりサッカーを知らないお父さんはどう接するべきなんでしょうか。中村選手が言ったような「あのとき、こういうパスを出したの良かったよね」ということができない。
 
知らないからこそ、一緒に育っていけばいいと思います。父親をしていく中で頭のノートに色々書いていって、パパ友にもサッカー知ってる人いると思うから、もう少し細かいこと聞いてみる。そうやって一緒にやってけば良いと思います。ぼくもまだパパ8年目くらいだけど学んでいますからね。教わることもたくさんあるし。
 
――一緒に学ぶことで、子どもは“やらされている”感覚を持つことがなさそうです。
 
子どもが“やらされてる”“行かなきゃいけない”と思うのはよくないですよね。自分の意思で、「俺、今日はもうサッカーやりたくて仕方ない!」というモチベーションで行ったほうが絶対良いですから。親がちゃんと芯を持つというのは大事だと思います。その芯は何かと言うと、僕がさっき言ったみたいに子どもに対して、やらせる感が出ないように、親はガミガミ言わない。“一緒に育っていく”という感覚が大事なんじゃないのかなとは思います。
 

■サッカーが楽しい!プロも小学生もプレーする動機は一緒

――お子さんもサッカーを始めて変わった部分とかあるんじゃないですか?
 
行くのが楽しいみたいですね。それが1番かなと思います。点が入った時にみんなで喜ぶ、自分が入れてないけどみんなで和気藹々としている。だから、もうすでにチーム競技の中に入って、勝ち負けも知って、楽しんでいる。だから勝手に育ちますよね。僕らが何か言わなくても、本人たちも勉強してきているんじゃないかな。負けたら悔しいし、勝ちたいんだったらどうするかというのも、子どもたち同士で話すことも出てくると思いますし。それは、ある程度監督やコーチが伝えることも重要ですけど、子供達が自分たちで発見しながらやっていくことがベストだと思います。プロになって欲しいという自分の思いが強すぎて、子どもが嫌になっちゃうのが 1番嫌なので。
 
次ページ:プロ選手になることよりも、サッカーを通して人として成長してほしい
 

【この記事を読んだ方にオススメ!】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめたプレーヤー向けの教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1  2
取材・文 竹中玲央奈 写真 平間 喬取材・文 竹中玲央奈 写真 平間 喬

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(144件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「なんでこうしないんだ!」は、グッと堪えてほしい!川崎フロンターレ・中村憲剛の父親論

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ