1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 堀池巧の父親論「子どもと一緒に考えてあげることが大切」

インタビュー

堀池巧の父親論「子どもと一緒に考えてあげることが大切」

2015年7月 2日

キーワード:堀池巧子育て父親

前回では「子どもたちが選んだものを全面的にサポートする」という子育てのスタンスを取ってきたと語っていただいた元日本代表の堀池巧さん。インタビュー後編となる今回のテーマはずばり「考える子どもを育てる秘訣」について。堀池さんのアプローチ方法は、「一緒に考えてあげること」だと明かしてくれました。(取材・構成・写真 小須田泰二)

IMG_0067_s.jpg

 
<<前回記事:「多くの選択肢を与えて、応援すること」堀池巧の教育方針とは?
 

■なぜやりたいのか? なぜ必要なのか? を考えさせる必要性

-『サカイク』のテーマがまさに「自分で考えるサッカーを子どもたちに」なのですが、ずばりその秘訣とはなんでしょう?
 
「現在、順天堂大学の学生たちと接していても感じることなのですが、いまの学生たちは与えたことや言われたことを忠実に100パーセントこなす能力はバツグンにあるんです。でも、サッカーというのはただ与えられたものをこなせばいいというスポーツではありませんから、試合の展開や状況によってやるべきことが変わってきます。置かれた状況に応じて自己判断しないといけないのに、なかなかうまくできないことが多いんです。順天堂大にかぎらず同じような課題を抱えているチームが多いみたいですが、それがいまの社会なんでしょうね」
 
-その解決法はどう考えていますか?
 
「的確な自己判断をするには判断材料がないと分かりませんから、いろんな経験をして判断材料をたくさんつくることが必要なんです。これまでの成功体験だったり失敗体験だったり、そうした小さいころからの経験則が子どもたちの”引き出し”の多さへとつながるので、つまるところ、小さいころから積極的にチャレンジすることが大事です。『失敗することを恐れるな!チャレンジしなさい!』というのは、ぼくの指導方針の基本でもあるんです」
 
-チャレンジなくして失敗なし。チャレンジなくして成功なし、ということですね。
 
「チャンレジがあって初めて失敗できるし、成功できる。なぜ失敗したのか、なぜ成功したのか。”なぜ”という原因を追求していく作業ができるのもチャレンジがあってこそ。チャレンジしないことにはなにも始まりません。
 
子育ても同じだと思うんです。ちまたには『子育てバイブル』というものはたくさんありますが、なにが成功なのかなんて誰にも分かりませんし、正解なんてひとつではありませんから」
 
-実際、お子さんにはなんでも自由にチャレンジさせてあげたのでしょうか?
 
「どうなんでしょう。ただ、結果的になんでも前向きに取り組む、オープンな性格になってくれたのは良かったのかもしれません。息子は小さい頃から清水エスパルスの外国人選手が家に遊びにきて子ども同士でよく遊んでいたので、外国人コンプレックスがまったくないんです。小学生のときオーストラリアにホームステイしたのもあって、いまだにチャンスがあったら海外に留学したいと言っています。やっぱり小さい頃の経験がいろいろ影響しているのかなと思います」
 
-子どもがやりたいものに対してなんでもいいよ、というスタンスなんでしょうか?
 
「それは違いますね。それではただの放任主義ですし、せっかくやるんだったら子どもにとって身になることをしてほしいですから。ただ放任主義で接しているわけではありません。やりたいことをする前に、まずはやるべきことをやれるようにならないとダメだよっていうことは、小さい頃から言い続けています。なぜやりたいのか? なぜ必要なのか? それを小さい頃から子どもたちに考えさせてきたつもりですね」
 
次ページ:つねに"なぜ"と向き合い"なぜ"を解くことが自信につながる
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・構成・写真 小須田泰二

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(144件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 堀池巧の父親論「子どもと一緒に考えてあげることが大切」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ