1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 日本人ストライカーに足りない「予測するプレー」の精度

インタビュー

日本人ストライカーに足りない「予測するプレー」の精度

公開:2014年7月24日

キーワード:コミュニケーションスペイン知のサッカー

 
シュート
 

■日本人ストライカーに足りないもの

――サッカーサービスはポジションごとのプレー分析やプロ選手のコンサルティングもしていますが、福田さんは長くFWとして活躍する中で、どのような考えを持ってプレーしているのでしょうか?
 
福田:まずはボールがどこにあって、相手DFがどこにいて、自分の体の向きがどうなっているかを常に考えています。自分の中で『ボールを受けたら、この位置に置きたい』というイメージがあり、ゴールを見て、距離的にシュートが打てるのであれば狙います。ただし、やみくもにシュートを狙うのではなく、自分がシュートを打つことが一番のチャンスなのか、それとも他の選手にパスをしたほうが、ゴールの確率が高いのかを判断します。味方にパスをしたほうが良い場面では、一度ボールを預けて、シュートを打つことができる位置へと動きます。これは僕の考えですが、パスを受けた時に2つ、3つと選択肢を持っていることが大切だと思います。僕はFWなので、相手や味方の状況を見て、ゴールに繋がるための一番良い選択をします。
 
ポール:すばらしいと思います。
 
福田:相手DFの状況を見て、寄せてこないときやスペースがあるときは当然前を向きますし、それができなければ、味方を使ってもう一度パスを受けられるように、3人目の動きを意識しています。サイドにボールがあって、味方がゴール前にクロスを上げるときは、DFの背中をとる動きや、相手の視野から消えて、シュートの瞬間に現れることを意識しています。わざとゴール前にスペースを空けておいて、そこにボールを呼び込んでシュートを打つこともあります。
 
ポール:多くのDFはボールばかりを見ているので、その瞬間に相手の背中をとることができれば、シュートを打つことができます。ですが、世界トップレベルのDFは、常に相手FWに手で触ることのできるポジションをとっているので、FWはDFと駆け引きをして、相手の視野から消える動きが重要になります。それとともに、ボールの動きを予測するプレーも大切です。日本のFWの選手は『予測するプレー』の精度を高めたら、もっとたくさんゴールを決めることができると思います。具体的には、味方がシュートを打つ前に、どのコースにボールが来るかを予測して動き出すプレーです。かつてレアル・マドリーで活躍した、ラウールは予測の動きがすばらしく上手でした。ラウールは身体が大きいわけでも、スピードがあるわけでもありませんが、スペイン代表とレアル・マドリーのエースとして、多くのゴールを決めてきました。彼は常に、味方がシュートを打つ前に予測して動き出していたのです。予測が速い選手は、ゴールを決めることができます。
 
――そろそろ時間が迫ってきました。最後の質問になりますが、日本のサッカーがよりよくなるために、どうすればいいと感じていますか?
 
福田:これから大切になるのが、ぼくたち日本人には、どういうサッカーが合うのかを確立していくことだと思います。そうすることで、子どもたちから大人まで、同じ哲学のもとにサッカーができるようになります。それに加えて、選手だけでなく、サッカーに関わる多くの人がたくさんの経験をしていくこと。いま、ヨーロッパでプレーしている日本の選手はたくさんいます。その経験をみんなで共有して、「あの選手がこう言っていたよな」と受け継いでいくことが、歴史をつくることにもなりますし、そうしてきたのがヨーロッパや南米の国々だと思います。経験の共有を繰り返していくことで、日本のサッカー文化も厚みを帯びていくと思います。
 
ポール:日本サッカーはまだ歴史が浅いので、これから多くの経験を積み重ねて、日本のスタイルが出来上がっていくのだと思います。私自身、いまは日本に住んで、日々、子どもたちがサッカーを理解するための手助けをしています。これからも、日本サッカーの役に立つことができればと思っています。今日はありがとうございました。
 
福田:こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました。
 
IMG_6426.JPG
福田 健二(写真:左)
愛媛県新居浜市出身。ポジションはフォワード。年代別の日本代表で活躍し、アーセン・ベンゲル監督の下、名古屋グランパスエイトでプロデビュー。Jリーグ、パラグアイ、メキシコ、スペイン、ギリシャ、香港のリーグでプレー経験を持つ、国際派ストライカー。現在は、香港ファーストディビジョンリーグ・横浜FC香港に所属する。
 
ポール・デウロンデル(写真:右)
UEFA監督ライセンスA級を所持。サッカーサービス社において試合分析の責任者を務める。現在は、サッカーサービススクール常駐コーチとして来日中。サッカーサービス社は、スペイン、バルセロナに本拠を構えるプロの指導者集団。欧州名門クラブの育成監督などで構成され、リーガ・エスパニョーラトップチームの選手をはじめとした世界一流選手のパーソナルコンサルティングを行う。
 
【PR】
世界に通用するサッカーのプレーコンセプトをサッカーサービス社が指導
MVPはバルセロナに招待!小学生向け、中学生向け「サマーキャンプ」
サッカー観が確実に変わる「サッカーサービススクール」無料体験実施中
日本で学べなかった欧州トップレベルの指導を学ぶ「指導者クリニック」
サッカーの原理原則をしっかり理解したい「大人のためのサッカー教室」
サッカー選手が13歳までに覚えておくべき個人戦術を解説「知のサッカー」
前のページ 1  2
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
取材・文/鈴木智之 写真/サカイク編集部・田川秀之

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(229件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 日本人ストライカーに足りない「予測するプレー」の精度