1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. Jリーガーからインドリーグへ。第2のプロ生活

インタビュー

2011年8月13日

Jリーガーからインドリーグへ。第2のプロ生活

――お兄さんがジェフのジュニアユースに入って、市原選手ご自身の将来の夢も見えてきたのでは?

「ジュニアユースでプレーする兄の姿は憧れでしたし、サッカー選手になりたいと考えていました。あと、絵を描くことが好きで、マンガ家になれるんじゃないかなと思ったこともありましたね。確か、小学校の卒業文集にも、将来の夢は『サッカー選手』と『マンガ家』と書いていたと思います。当時はそこまで『サッカー選手になる』という固い決意があったわけではありません」

――その決心が固まったのは?

「中学1年から千葉市の選抜でプレーする機会があり、3年生のときにそこで優秀選手になったとき、初めて自分の中で手ごたえを感じました。それまでは気持ちもブレていたけれど、そこからは『どうしてもサッカー選手になりたい』と思うようになりましたね」

――決心が固まった後、何か変化したことはありましたか?

「正直なところ、意識は低かったと思います。それは今、後悔していることです。(自分の意識が)変わってきたのは、本当にここ最近ぐらいですから」

■東日本大震災の募金について

「東日本大震災が起きたとき、僕はインドにいたのですが、日本の映像を見た時は『これは映画なんじゃないのか』と錯覚するほど、大きなショックを受けました。両親や仙台、茨城にいる友人が心配で、すぐにでも日本に帰ろうという勢いでしたが、飛行機が止まっているということで、とりあえず様子を見守ることにしました。

地震後「自分にできることは何か」、本当にいろいろ考えました。その結果、思い浮かんだのが募金活動でした。はじめは、『インドの方から募金を募るって、どうなんだろう......!?』と、いろいろ悩んだりもしたのですが、周囲の理解も得て、まずはオーナー兼選手であるバイチューンに相談しました。そんな時に、僕が所属していていたユナイテッド・シッキムの本拠地「シッキム」に、新しく練習場がオープンすることになり、そこで募金活動を行いたいと提案しました。結局、練習試合は行われなかったのですが、チームから『これをお前に渡すから』と義捐金を頂いて、先日、被災地の一つでもあり、僕の地元・千葉県の県庁に寄付をさせていただきました。インドのみなさんの厚意には、感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りて、お礼を伝えたいと思います。ありがとうございました」

前のページ 1  2  3  4
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

インタビューコンテンツ一覧へ(183件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. Jリーガーからインドリーグへ。第2のプロ生活