1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.1】

インタビュー

2011年7月18日

森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.1】

日本代表でも、サンフレッチェ広島でも、明るく元気にチームを盛り上げている森脇良太選手。プロ選手、日本代表選手になった今でも、ジュニア時代のお父さんとの練習の日々が基礎になっていると語ります。

11-07-18-01.jpg

■「野球をやっていた父は、僕がサッカーを始めたらルールや上達法を勉強していました」

――小学生の頃の思い出を教えて下さい。

「山に行って基地をつくったり、かくれんぼや警ドロをしたり、落とし穴を作ったり(笑)、外でできるあらゆる遊びをしましたね。ガキ大将という感じではなかったけれど、とてもやんちゃな子ども。両親に怒られたという記憶はそんなにありませんが、学校の先生にはかなり怒られましたね(笑)。

特に小学4年生の担任の先生には、『授業中、しゃべりすぎていてうるさい』と頻繁に廊下に立たされ、怒られた記憶があります。騒いでいるのは僕一人だけじゃなかったんですけどね(苦笑)。僕の声が高くて大きいから目立ったようですが、廊下に一人ポツンと立たされていました。しかも、立たされていると、隣のクラスのさらに怖い担任の先生に、『あなた、また廊下に出されてるの!』と怒られることもあったんです」

――そんなやんちゃな森脇選手がサッカーに出会ったのはいつごろでしょうか?

「自宅の前で、兄と一緒にボールを蹴って遊んでいたんのですが、当時、仲が良かった友だちが、僕たち兄弟を見て『家でボールを蹴るんだったら、一緒にサッカー少年団に入ってボールを蹴ろうよ』と誘ってくれたんです。

とりあえず1日だけ体験入団という形で練習に参加したのですが、そこで『サッカーって、なんて楽しいスポーツなんだろう』と衝撃を受け、帰宅後に親と相談し、少年団に入ることになりました。それが小学2年生のときでしたね」

――小学時代に印象に残っていることや、こんな練習をしたなということはありますか?

1  2  3

インタビューコンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.1】