1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.1】

インタビュー

2011年7月18日

森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.1】

「少年団の練習がある日は練習に行き、(練習が)ない日も父と兄と僕の3人でずっとボールを蹴っていました。父は昔、社会人で野球をしていたこともあって、よく父の試合や社会人リーグの試合を見に行ったり、キャッチボールもしていたのですが、僕がハマったのはなぜか野球ではなくサッカーでした。父も、野球をやっていたのに、僕たちがサッカーを始めてからは、サッカーの本を何冊も買いこんで、ルールを覚えたり、どうしたら上達するかを勉強していましたね」

■「父との練習が、今に活きている。『本当にプロになりたいのなら、練習しなきゃだめだ』と、いつも真剣モードでしたから!」

――ではお父様が考えたメニューなどもあるのですか?

「そうですね。例えば『インステップに当ててシュートを打ちなさい』とアドバイスをくれたり、ちゃんと当たるまでボールを蹴る練習をしたりしていましたよ。父が高くボールを蹴って、それをキレイにトラップするという練習もしました。

僕がサッカーを始めた頃は、父もサッカーは全くの初心者だったんですが、(森脇選手と)練習をするうちに、父も徐々にサッカーが上達していきましたね。当時はいつも父とそうして一緒にサッカーの練習をしていたので、周りの友だちからは『何をやってんだろう?』と不思議に思われていたはずです(笑)。

今でも同級生に会うと、『あのとき、こいつは練習ばかりしていて、バカだなと思っていたけど、あれがあったから今があるんだなってつくづく思うよ』といわれることがあるのですが、本当にあのときの基礎練習がしっかりと財産となっているし、今に活きている。一生懸命やってよかったと思いますね」

――当時は森脇選手とお父様の関係は他人から見たら、星飛馬と一徹のように見えていたかもしれませんね(笑)。

「あったでしょうね。『この親子、すごいぞ』みたいな(笑)。父もアスリートだったから余計に熱心なところはあったと思います。常に『本当にプロになりたいのなら、練習しなきゃだめだ』と真剣モードでしたから!」

■「負けたくないという気持ちは、持ち続けたい」

――小中高と成長していく過程で、大きな壁を感じた瞬間はありましたか?

「(サンフレッチェ広島のジュニアユースに所属していた)中学3年までは、自分の中でもやれているという手応えを感じながらプレーをしていたのですが、高校1年になってユースに昇格したときに、初めて、広島県内だけに限らず、全国から集まってきたレベルの高い選手たちと出会って、かなりの衝撃とともに、大きな挫折を感じました。

前のページ 1  2  3

インタビューコンテンツ一覧へ(177件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.1】