1. トップ
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 太ももガッチリ体型は要注意!? スペインと比べて日本の子どもにオスグッドが多い理由と予防策

健康と食育

2018年1月23日

太ももガッチリ体型は要注意!? スペインと比べて日本の子どもにオスグッドが多い理由と予防策

キーワード:いい姿勢けがエスパニョールスペインヒザ痛股関節骨盤

サッカーをする子どもたちにとって、怪我はその楽しみを奪う厄介な"敵"です。

なかでも、成長期においてはオスグッド(ヒザの痛み)や、シーバー病(かかとの痛み)、あるいはグロインペイン症候群(股関節の痛み)といった、スポーツ障害に悩まされる子どもが多くいます。

なぜ、そのような障害が引き起こるのか。ならないためにはどうすればいいのか。スペインの強豪RCDエスパニョールや、Jリーグのベガルタ仙台でトレーナーを務めていたアスレティック・トレーナーの松井真弥さんに、スポーツ障害の痛みの原因と、予防について話を伺いました。

(取材・文:原山裕平)

matsui_Osgood-Schlatter_02.JPG
(写真はU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017より)

<<スピードUPのカギは足ではなく股関節! 自宅でもできる、切り返しを速くするトレーニング

■オスグッドの原因は太ももの筋肉

まず、最も多くの子どもたちが悩まされているオスグッドについて。オスグットは、太もも前の筋肉とすねの(筋肉)をつなぐヒザのお皿の部分が引っ張られることによって痛みを引き起こす症状です

筋肉がお皿を介してすねの骨に付いているのですが、そのすねの付着部分が引っ張られる事により 痛みを引き起こす症状です。

では、なぜすねの付着部分が引っ張られてしまうのか。松井さんはそのメカニズムを次のように説明します。

「ももの筋肉を酷使し、疲れがピークを越えると、筋肉に柔軟性がなくなってきます。柔軟性がなくなり筋肉が硬くなると、付着部に負担がかかる。それが積み重なることで、痛みが出るんです。オスグッドは子どもがなりやすいのですが、それは大人と違って、筋よりも骨のほうが柔らいから。だから、筋肉ではなく付着部に炎症が起こるんです」

原因はやはり練習のやりすぎにあると松井さんは言います。筋肉を酷使することで、筋肉ではなく付着部が悲鳴を上げるのです。

■太ももが張り出している子は注意

こうしたスポーツ障害にならないためには、練習の時間や負荷を減らすことが何よりも重要です。そして、もうひとつ大事なのは、正しい姿勢です。

「重要なのは姿勢なんですよ。良い姿勢とは、骨盤が前に傾いている状態のことです。そうするとヒザが伸びて、足の負担が減る。でも、多くの子どもたちは骨盤が後傾した悪い姿勢、要するにお尻が落ちて、ヒザが曲がった状態で動いているんです。そうすると、太ももばかりに負担がかかります。オスグットになる子は、太ももがガッシリ張っている子が多いんです」

悪い姿勢でプレーすることで、太ももに余計な負担がかかってしまう。その負担を身体の様々な部分に分散することが必要で、そのためにはやはり良い姿勢を保つことが大事なのです。

「姿勢を良くすることによって、負担が減り、疲れにくくなる。そうすると、付着部の痛みも減っていくんですよ」

次ページ:スペインの子にオスグッドが少ない理由と予防法

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文:原山裕平、写真:新井賢一(U-12ジュニアワールドチャレンジ2017)

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(182件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 太ももガッチリ体型は要注意!? スペインと比べて日本の子どもにオスグッドが多い理由と予防策